今すぐ切りたくなる! 40代モテ秋ヘアにオススメの前髪デザイン5選

2017.04.12 BEAUTY

ヘアスタイルで一番悩むのが前髪。失敗したら取り返しがつかなくなりそうだから、長年同じ前髪で妥協している……。そんな人、多いんじゃない? とはいえ、若い頃と同じ前髪は、さすがにキツくなっているのも事実。

そこで今回は、アラファー女性にオススメの前髪デザインをご紹介。これをみれば、きっと前髪をカットしたくなること間違いなし!

 

エントリーNO.1

長短のあるカットでこなれ感アップ!

ランダムカジュアルバング

まず最初はショートにオススメの前髪からご紹介。長さを眉上に設定し、毛先に長短をつけたカジュアルなデザインが特徴です。

「この歳になったら落ち着いたデザインが一番」と思いがちですが、これが大きな間違い。大人っぽいデザインってのは、若い子がするからイイんですよ。十分歳を重ねた我々に、大人っぽい要素はもはや不必要。

それよりも、ややカジュアルダウンさせたデザインの方が、表情を明るく見せるので、若返り効果もバッチリ。

STYLIST: 岡本聡美(Ramie) えり足スッキリ&トップふんわりのほっこりショートに、ラフな前髪がベストマッチ!(クリックで拡大)

 

エントリーNO.2

厚めにカットして小顔効果をゲット!

9:1分けフルバング

 

次に紹介するのは小顔になれちゃう前髪。眉ラインに設定した厚めの前髪は、9:1分けにして眉を見せるのが絶対条件。

というのも、厚めにカットした前髪を下ろした状態にすると、幼い印象を強調させてしまい、アラフォー顔との相性が良くないから。なじませるためには、この分け目が重要なのです。

そして束感が出るようにハサミを縦に入れるのも忘れずに。こうするとおでこに丸みが出るので、ペタンコ髪を解消することもできちゃいます。

STYLIST: 加藤貴大(Ramie) 丸みを帯びた愛らしいボブに、スッキリとした前髪で清楚感のある仕上がりに。(クリックで拡大)

 

エントリーNO.3

流行のシースルーは眉ラインが正解!

ウェットシースルーバング

せっかくカットするならトレンドを取り入れたい! そんな女性には今季はシースルーバングがオススメ。若い子は目にかぶさる長さに設定していますが、アラフォーな私たちは遠慮しておきましょう。絶対、老け顔になっちゃいますから。

長さは眉と目の間が理想的。肌がしっかり透けるように薄めにカットしましょう。

そしてこの前髪を成功させる最大のポイントはスタイリング。毛先をアイロンやロールブラシでカーブをつけたら、ジェルでウェットに仕上げます。濡れ髪風の前髪は、顔をツヤっぽく見せる効果もありますよ。

STYLIST: NAOMI(Ramie) とろけるようなウェーブが印象的なミディヘア。シースルーバングのおかげで軽やかさが倍増。(クリックで拡大)

 

エントリーNO.4

目にかぶるL字カーブが色っぽい!

ウェービィ斜めバング

 

コンサバ女性の間で根強い人気の斜めバング。そしてこの前髪、分け目にクセがついてると、毛先がこのようなカーブに仕上がらないんですよね。

そんな人は、これまでの分け目と真逆にしてからカットしてもらえば大丈夫。軽くブローするだけで、毛先がなめらかなL字にカーブします。

しっかりキープさせるために、ワックスよりもスプレーを使ってスタイリングするのがベター。

STYLIST:青木佳子(Ramie) 毛先にパーマを与えたミディヘア。斜めバングを合わせると、女性らしさの詰まったフェミニンヘアに。(クリックで拡大)

 

エントリーNO.5

ジャマな前髪は大胆に短くカット!

ブツ切り眉上バング

最後はオン・ザ・眉毛な前髪デザインを。眉メイクをきちんとするのが絶対条件になりますが、この前髪はどんな顔の人も絶対に若見えさせるのでオススメ!

そして最大のカギは、毛束に長短をつけ、さらに束感を与えてパッツン感をなくすこと。このひと手間で前髪だけが悪目立ちすることなく、全体のスタイルになじみます。

長持ちして顔も若見えさせて、しかもスタイリングも楽チン。一度体験したら病みつきになっちゃう前髪ですよ。

STYLIST: NAOMI(Ramie) ボディパーマをかけたゆるふわボブに、眉上バングでメリハリを。朝のスタイリングも一気に短縮。(クリックで拡大)

 

シルエットはそのままでも、前髪を変えるとガラリとイメチェンできます。長さを変えずに髪型チェンジしたい人はぜひ参考に。ちなみに私が気になっているのはNO.1デス♪

 

作品提供:Ramie

大人が通いやすいサロンをコンセプトに、ナチュラルテイストのデザインを提案。香りをテーマにした店内環境は、お客様にも大好評。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
美容ライター 三輪順子

スポンサーリンク

スポンサーリンク