【40女の恋愛事情】 story1 私はいつか結婚できますか?-39歳・恭子の場合(1)-

恋愛したい?それともする気がない? 結婚したい?それとも結婚しない?

40代はそんな気持ちのはざまで揺れてる人も多いはず。

一人で大丈夫と思う日もあれば、ずっと一人でいることが不安になる日もあるものです。

30代のころは自然と誰かを好きになったり、好意を寄せられたりしたのに、何かが変わってきたアラフォー世代。

ある意味、恋愛下手になってきているのかもしれません。

あまり語られることのないアラフォー女性の恋愛事情をクローズアップした小説【40女の恋愛事情】が始まります。

第1回は、39歳・恭子のケースを3回連続でお送りします。

***

Holding a gift box

「嘘つき!」

私はそうなじっていた。

八つ当たりだってわかっている。

でもどうしても言ってやりたかった。

 

私には、もう何年も、恋人がいない。

あと10分で40歳になるというのに、何も、起きそうにない。

さみしすぎて、爆発しそうだった。

 

明日は誕生日だというのに、何の予定も入っていない。

できることなら、大切な誰かと一緒に乾杯していたかった。

プレゼントの箱を手渡され、幸せそうにそれを開けてみたかった。

世の中には、恋人に誕生日を祝ってもらっている女性が大勢いる。

大切にされている。

それなのに、どうして私には、誰もいないの!?

 

おかしい。

40歳の誕生日には、恋人とラブラブになっているはずだったのに。

だいじょうぶですよ、きっと幸せなバースデーを迎えられますよって、言ってもらえていたのに。

あの占い師を、信じていたのに……。

スポンサーリンク

社内恋愛の年下カレが「してみたかったこと」小説・あなわた♯20

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40代の社内恋愛。年下カレのお願いごととは…あなわた♯19

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

男性に愛されるなんて久しぶりすぎて【年下小説・あなわた#18】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

そっけない年下男子の態度に揺れる気持ち【年下小説・あなわた#17】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40歳になっても私は恋愛に不器用なままで【年下小説・あなわた#16】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

もう会えないの?年下小説あなたのはじめては、わたしのひさしぶり♯15

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

10歳年下の彼の既読スルー。どうすれば…【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり14】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

その男、誰?年下の彼に昔の男の名前を聞かれ【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり13】

(これまでの話はこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことか…

40代、恋愛なんて何年ぶり…?年下の彼は【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり12】

(この小説の一気読みはこちら)おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。ところが、ひょんなこ…

「あれ、2人で同棲してるの?」カレが否定しないとき【あなわた#11】

【小説・あなたのはじめては、わたしのひさしぶり  vol.11】これまでの話長い間ひとりで過ごしていた私の部署に、年下の男性が配属されてきた。歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事