ダウンドッグは「人差し指センター」だと効果が上がる【効かせるヨガ4】

2021.08.27 BEAUTY

ヨガは何度かやったことあるけど、効果がよくわからない、ポーズが合ってるかわからない……そんなヨガ初心者の疑問に全部答える書籍『効かせるヨガの教科書』(中村尚人著) https://www.amazon.co.jp/dp/4074482843。運動学に基づいた、いつものポーズをガッツリ効かせるコツがわかると大好評。同書の中から、担当編集N(ヨガ万年初心者)が「ちょっと変えるだけで、めっちゃ効いた!」と驚いたポーズのコツをご紹介します!

合ってるのかよくわからない「ダウンドッグ」は指の位置で劇的に背中が伸びる

太陽礼拝に組み込まれているほか、クラスの休憩がわりによく使われる、全身を「く」の字に折り曲げる「下向きの犬のポーズ(ダウンドッグ)」。肩がギュッと詰まり、ひじが伸びすぎになりがちですが、これを解消するのが手を「人差し指センター」にすること! 通常は中指センターですが、手のひらをやや外向きに置くと、上腕が自然と外旋し、首と肩の間にスキマができ、背中も自然に伸ばすことができます。簡単なのでお試しを!

 

 

詳しい流れとコツは書籍をチェック!


『効かせるヨガの教科書』(中村尚人著) https://www.amazon.co.jp/dp/4074482843
ヨガの基本ポーズ37種・太陽礼拝のコマ送りプロセスと、効かせるコツ、骨格・筋肉図、動画のQRコードつき!

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 書籍編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク