痛かったのに「一周まわってアリ」になった懐かしトレンド5選

ファッションのトレンドは時代を超えて巡るものと言われていますが、私たちアラフォー世代が若かりし頃、着ていると容赦なく「ウワッ、ダサ……」と言われていた着こなしが、今や若者の間でトレンドとなっているのも事実。自分の着こなしに取り入れるのは抵抗があるけど、今や当たり前になったファッションをご紹介いたします!

 

アイテム① ハイウエストデニム

その昔ギャルの間ではTバックやパンツのウエストゴムのロゴをレイヤードする「見せパン」なるものまで流行り、しゃがんだ時にお尻の割れ目まで見えそうなほどローウエストだったデニムパンツ類。太めのゴツいベルトや、インパクトのあるバックルで周りで人と違うおしゃれをアピールし、ウエストのくびれを惜しげもなく披露してきた私たち世代にとって、今のジャストウエストのパンツの履き心地に違和感を覚えることも。(年齢によってお腹周りについたお肉のせいで、単純に苦しいという悲しい現実も突きつけられます)ウエストマークするのがトレンドのこの春、若作りなフィット感のあるスキニーは選ばず、体型カバーできるウエストリボンつきのワイドパンツを選ぶのが正解。大人でも上品な印象で着こなせるので、苦手意識を持たずチャレンジしてみるのがおすすめです。

 

アイテム②デニムオンデニム

デニムオンデニムと言えば、オタクっぽい人が着ているダサいもの、というのが常識だった私たち。特に上下の色が合わないものを着ていると、そのちぐはぐな印象からよりカッコ悪いと言われてきました。しかし、今やデニム業界はフリーダム! 上下の色のトーンのみならず、組み合わせも着こなし方も自由度を増しています。大人ブランドからも、デニムのセットアップまで発売されているので、取り入れるのは比較的簡単。アラフォーには、Gジャン×デニムパンツは少しカジュアルなので、デニムのシャツ×スカートなど、上品に着られて女性らしさを感じられるものがおすすめです。

 

アイテム③ハイウエストビキニ

おしゃれなブランドからもたくさん登場している、今流行りのハイウエストビキニ。体操服でブルマを着用していた率の高い、私たちの世代はハイウエストの水着に抵抗があるので、たとえビキニを切られる体型をキープしていたとしても「これだけは恥ずかしくて着にくい……」というのが本音です。取り入れるなら、サイドがヒモ状になった抜け感のあるタイプや、サイドとフロントで柄が違うデザイン、上下黒でシックに着られるものなどを選ぶと、スタイルアップして見えるのでおすすめです。とは言え、日本で着るのはなかなかハードルが高いですが、海外のビーチに行く予定がある人は、このGW〜夏休みにかけていつもと違うデザインを選んでみてもいいのではないでしょうか。

 

アイテム④丸メガネ

今、ジョン・レノンやのび太くんを彷彿とさせる丸メガネは、若い世代からおしゃれアイテムとして認定されています。その人気は、プチプラブランドの雑貨コーナーでも見かけるほど。おしゃれなダテメガネといえば、黒縁かべっ甲のアラレちゃんメガネだった私たちからすると、なかなかチャレンジするのは難易度が高いのは事実。アラフォーが取り入れるなら、すべてメタルパーツのものではなく、ラウンド型の中でもフレームは色付きで、ブリッジ(両側のリムを橋渡ししている部分)がメタルパーツのものを選ぶとつけやすいのでおすすめ。いつもと違うメガネで、イメージチェンジを狙ってみてください。

 

アイテム⑤靴下合わせ

パンプスに白ソックスなど、アラフォー雑誌でも取り入れられている足もと合わせですが、やっぱり白ソックス=中学時代を彷彿させるからか、実際にやっている人となると、おしゃれに自信のある一握りの人だけという印象です。若かったらチャレンジしてみたい、という気持ちはあるものの、特に抵抗があるのが、シースルーのソックスや、カジュアルなスポーツ系のサンダルに靴下を合わせるスタイル。まずアラフォーが取り入れるなら、黒か白、グレーの靴下にシンプルなパンプスを合わせるコーデ。ボトムはデニムなどカジュアルなものより、ミモレ丈のスカートやタイトスカートなどで大人っぽく着こなすのが◎です。

 

以上、いかがだったでしょうか。最初から「若者のファッションだから」と食わず嫌いせず、どんなものなら自分の世代が着ても痛くないのかを基準に、トレンドを柔軟に取り入れてみてください。そうすることで、ファッションの幅も広がり、年齢に縛られることなくもっとおしゃれを楽しむことができます。この中でも「⑤の靴下合わせだけチャレンジしてみようかな……?」など、自分が取り入れやすいものだけをセレクトしてもOK! あなたなら、何番を選びますか?

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代は揺らぎの時期?「似合う服が見つからない」と思ったことがある人は読むべし!

クローゼットの中に服はたくさんあるのに、今日着たい服が見つからない、出かける前に鏡の前に立ったとき、昔ほど自信が持てない、そう感じたことはありませんか?20〜30代…

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

えっ…嘘でしょ!? 一気に5歳老けて見える恐怖のトップス

例えば、久しぶりに会った女友達と顔を合わせた瞬間に「……あれっ、なんだか老けたなぁ」と思うことはありませんか? それは、もしかしたらその時着ている服が原因かもしれ…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

オバサン見えは痛い「下着」のせい? 40代からのブラ・ショーツの選び方

小中学生の頃、40代女性=オバサンだと思っていました。しかし自分が40代になって、正直、心のどこかで「オバサンと言われたくない」「オバサン見えしたくない」と思ってい…

あなたはどれを捨てますか?40代のファッション断捨離候補、1位はアノ服

最近「やったこと」「やってみたいこと」でよく挙がるのが「断捨離」です。30代に積もり積もらせた服を捨てに捨て、身軽になる人が大変多いとのこと(編集部調べ)。単価高…

真冬のZARA! 「#ザラジョ」に学ぶデニム着回し7コーデ

アラフォーのデニムスタイルって実は難しいコーデのひとつ。脚が細いからといってスリムを履くとイタくなりますし、ダメージデニムも組み合わせによっては汚く見えます。そ…

植松晃士 身近なあの服がオバサンを加速!? 40代オシャレの注意点

みなさん、こんにちは。植松晃士です。雑誌や店頭ではすでに秋冬のファッションがもりだくさんですが、まだあんまり買ってなくな~い???ということで、今回のテーマは『…

世界が注目する日本の観光ルート「昇龍道」知ってる?中でもおすすめ観光スポットは…

オトナサローネ編集長・アサミがいま注目している地域といえば、「昇龍道」。中部から北陸にかけての、あたかも龍のような超開運観光ルートです。歴史的建造物や伝統文化、絶景に絶品グルメと、オトナ女子の知的欲求…

運命のルージュに出会う!「なんとなく似合うと思い込んでる」口紅はもうヤメて

「クレ・ド・ポー ボーテ」から1月21日に発売される新しいプレイフルルージュ「ルージュルミヌ」。どこから見てもふっくらと官能的で輝く唇を演出するスリムルージュです。この発売を記念して、1月18日(金)から3日…

40代をカバーするベースは?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ベースメイク編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ベースメイク編】で…

40代の美白・シワケアはどうしてる?【オトナサローネ2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・スペシャルスキンケ…

実は40代に似合うメイクって?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ポイントメイク編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ポイントメイク編】…

答えの見えない恋。納得できる次のステップへ進むために

「か・が・み」の三文字のうち、真ん中の「が」を抜くと「かみ」になることはよく言われます。「が」はすなわち「我=自分」。鏡はありのままの自分と正面から向き合い続けることの象徴です。……いったいどういうこと…

40代の美髪と美ボディ、どう作りましたか?【オトナサローネ2018ベストコスメ・ヘア&ボディ編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ 編集部賞・ヘア&ボディ編】は…

たるみが気になる40代、毎日のスキンケアは何を使う?【オトナサローネ2018ベストコスメ・スキンケア編】

年を経るごとに「肌悩み」は変わるもの。執筆陣も働く40代女性が中心、リアルな40代の声が人気のオトナサローネが2018年ベストコスメを選びました。【オトナサローネ2018ベストコスメ編集部賞・デイリースキンケア編…

知ってる? 湯の町・別府発の「温泉水」フェイスマスクがすごいんです!

世界でも有数の温泉地である大分・別府から生まれたフェイスマスク、サラヴィオ化粧品の「RG92 エスペシャリー」。温泉水に含まれる成分が大人女子の肌をよみがえらせてくれます。週末のケアにぜひ取り入れてみて!…

コレすごい! 毛穴やシミをカバーする美人必携「タイムシークレット」4つのテク

今、口コミを中心に話題になっているプチプラコスメ・タイムシークレット。シミや毛穴をカバーしてくれる! トレンドのツヤ顔になる! と大人女子の間でも大人気。ここでは、タイムシークレットで美肌になる方法を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事