親と友達のようになんて、とんでもない。住職が明かす親と子の関係

自分にとって一番近い関係である「両親」。でも、小さい頃から、ぶつかってばかりいて、ちっとも理解し合えない存在になってしまっている人はいませんか?

 

たとえば、「小さい頃から、父親とは話もできず、何かあれば叱られたり、用事をいいつけられ続けてきた」。

 

もう就職し、実家からも離れているのに、まだ自分は苦しく、幸せを感じられない。これは親のせいだと感じ、離れてもなお苦しんでいる人がよくいます。

 

中には、親の存在自体が許せないと、恨みをさらに悪い方向に持ってくる人もいるようです。

 

どうすればいいのでしょうか。

 

乗り越えるべきもの

 

結論から言うと、親は「乗り越えるべき目標」ではありますが、友達ではありません。

 

なぜかと言うと。

 

私たちのご先祖は、数千年前から農耕を生業としてきました。同じ農業を通しての経験値では、子は親にかなわないわけです。

 

農業や漁業は、ある意味、職人的で経験がものを言うので、親の方がある程度有利です。しかし、体力が衰え、子供が経験を積んでいくと、あるところで逆転が起こります。

 

母親と娘はというと、江戸時代は結婚も30分歩けば着くところに嫁ぐような感覚だったので、地域の関わり合いを母親から学びました。

 

やはり、同じ目標を持つ、越えるべき存在なのです。

 

 

が、現代は、親と仕事も違えば、受けた教育も異なります。はっきり言って、越えるべき存在ではなくなってしまった。

 

もしかしたら、大学を卒業した時点で越えたと思っている勘違いしている新入社員もいるのではないでしょうか。

 

何か言われても素直に聞けないのは、そのためです。ましてや、真剣にぶつかる必要も実はないのですから。

 

いずれは乗り越えずに現実を突きつけられる

 

ライフスタイルが違う親と、ぎくしゃくしながら何年も過ごしていることでしょう。しかし、その状態には突然終止符が打たれます。

 

75歳にもなると、両親は、病気をしたり、認知症になったりして以前の両親ではなくなってしまいます。どれだけ、小言を言ったり憎まれ口を言っていても、それもできない日がやってきます。

 

そうなって、親の部屋を片付けることがあったら、収納の奥の方を探してみてください。

 

私は先日、認知症の母の部屋を片付けしていいて、小学校の時の絵や母子手帳、成績表などが、1つにまとめられている袋を発見しました。大切にとっておいてくれたんですね。

 

あー、親とはそういうものかと、降参するしかありません。

 

違う職業、違う生活をしていて、両親は、子供の生活が想像できないでいて漠然と不安なのかもしれません。だからつい小言も多くなるのかもしれません。

 

ボールは悪くない

 

ここにボールがあるとします。なぜか、できた時にサイコロ型ではなくボールなのです。

 

このボールが、たまたま坂を転がって、たまたま池に落ちたとしましょう。

 

池に落ちたのは、丸いボールに生まれてきたからでしょうか?

 

これがゴルフなら、「丸い」「ボール」以外にもたくさんの条件があって、結果的に池に落ちたことになるでしょう。

 

少なくとも、ボールであることは、池に落ちる決定的な原因ではないのです。

 

決定的な原因は、池のある坂にボールが落ちたことです。

 

それが納得できたら、同じような次のたとえです。

 

大学に入れなかったこと、就職でうまくいかなかったこと、友達とうまく付き合えないことなどは、全て親の責任でしょうか。極端な例では、生まれてこなきゃよかったという考え。

 

これは、先ほどの例で、ボールじゃなきゃよかったという答えとイコールです。でも、大切なのは、「ボールでなければゴルフはできない」ことです。

 

人に生まれてきたことは、悲しみの決定的な原因ではありません。

 

それより最近の出来事で決定的な原因があるはずです。それは何かは、人それぞれです。思考の癖を見直してみましょう。

スポンサーリンク

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

40代に聞いた「ヒミツのストレス解消」20の方法

40代はそう簡単に怒らない……と言いたいものですが、やはり怒りますし、ストレスもたまります。でも怒るに怒れないというシチュエーションが増えます。そこで40代女性に「怒…

大切なものを失くしたとき。喪失感から立ち直る3ステップ

人は生きていく過程で、時として、大切な何かを失うことがあります。それも、予期していなかったかたちで、突然に、です。すると、絶望のあまり茫然自失の状態になったり、…

頭皮が固いと「老け顔」に!? 今すぐ1日5分の簡単セルフケア

「前より太ったわけじゃないはずなのに、何だかボワンとして、さえない顔……」と、鏡や写真にうつった自分を見て首をひねること、ありませんか?もしかしたらそれは、頭皮や…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

心がつらくなったら。ストレスが軽くなる10分の「リフレーミング」を

あー!悲しい、という気持ちで心がいっぱいになってしまったこと、誰でもありますよね。もう涙が枯れるまで泣いたりしたこと、ありますよね?たとえば、大好きな恋人との破…

魔法の1フレーズで激怒もスッと収まる「アンガーマネジメント」

突然ですが、みなさんのメンタルは「健やか」ですか?私たちは生活を続けている限り、さまざまなストレスから逃れることはできません。でもストレスを感じた時に早めになん…

あなたが辛いのは「考え込む」クセのせいかも?「よい答え」の見つけ方とは

・条件を変えようと考え込む。・まわりの人を変えようと考え込む。・タイミングの良し悪しを考え込む。考え込む時は、人それぞれです。が、共通するのは、良い答えが思い浮かばない時にこそ考え込むという点です。自…

「仕事で自腹を切る」ことが悪であるこれだけの理由

若き日に会社に尽くして、地位を上り詰めた人は、危ない、という話があります。会社に入社し、自分の時間も会社に捧げて、時には自腹を切ってでも成績を上げようと必死に働く人。そのような人は、会社にとっては、大…

言わなきゃよかった。父に限って言ってしまう嫌な言葉

父の日を前に、父親とうまくいっていない人も多いと思います。そんな時に、切り替えて見ましょう。「ほっといてよ」。「いちいち話に入ってこないで」。そんな心無い言葉を浴びせて、まだ自然に話すことができない人…

酒の席で潰れないのもキャリアのうち?禅住職の知恵

新入社員も入ってきて、歓迎会などもあったことでしょう。そんな席でのふるまいが、人となりを判断するチャンスとして見られるのは常識のようです。お酒の席での失敗は、人間関係に大きな影響を与えがちですよね。で…

挨拶は出会った瞬間に決まる。禅住職が教える極意は「○○いれず」

会社で、コンビニで、廊下で、エレベーターで、路上で、駅で。知り合いを見かけたとき、この人に挨拶をしようか、それとも気づかないふりをしておこうか、迷うことってありませんか? それが、気まずい相手だったり…

話題のAI(人工知能)で失業する?そんな噂に住職が喝。

今やっている仕事がAIに取られて、海外に出稼ぎに行く日がくるのか?こんな不安を煽る投稿を  SNSなどで目にした人は多いと思います。AIなどの人工知能が、今後ますます性能がよくなったら、それを搭載した機械が増…

母の日が過ぎた。とても親孝行する気になれない極寒親子関係に住職が喝

世間には、会うたび楽しい話題で盛り上がる、友達のような親子が多いと言われます。が、その反対に、何も相談できないし、会えば喧嘩ばかりという親子も多いのではないでしょうか。人間だって生物である以上、親離れ…

お金が欲しくてたまらないなら○○する。住職が伝える禅の教え

お金が欲しくてたまらない人は、どのくらいいるでしょうか?お金が自分のものになると、好きなものを買えます。特に場所も取らないので、いくらでも欲しいと思うのが人情でしょう。結婚相手にしたって、お金を稼いで…

こういう人が狙われる。「利用されやすい人」を住職が伝授

愛着は、やましさを産み、人を滅ぼす。会社を舞台にしても、私生活を舞台にしても、利用されやすい人ってやはりいるようです。またまた、とても参考になる佐藤優氏の「交渉術」(文春文庫)を読んでいて、やはりそう…

こんな人とは付き合うな。住職が教える人付き合いのコツ

会社の同僚や上司はもとより、家族、友人、地域……ストレスを抱える原因は、こうした社会にあるのではなく、人間関係にあるだけかもしれません。昔から言われている「付き合うべきでない人」とは。それは、ズバリ「邪…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事