スポーツフードって知っている? アスリートやスポーツする子供を科学的にサポートできるスポーツフード資格が注目されています

2021.09.30 WORK  [PR]

スポーツの世界で「やる気」「根性」といったがむしゃらな猛練習に評価が集まっていたのは昔の話。現在、スポーツ選手はもちろんスポーツをする人は、効果的なトレーニングと食事を重要視しています。

そんな中、スポーツ選手やスポーツをする人をサポートできる資格として、スポーツフード資格の取得を目指す人が増えています。資格取得の受験時に必要な資格などもないため、初心者から資格取得を目指すせることも人気のひとつ。スタート時のハードルが低いながらも、資格を取得すれば、仕事や日々の生活で活かせるスポーツフードの知識を証明できます。

今、注目を集めているスポーツフード資格について、ご紹介します。

Contents
スポーツフード資格とは?
スポーツフード資格が活かせる仕事は?
スポーツフードを学べば、スポーツする子どもや家族を支えられる
スポーツフードを学ぶなら「スポーツフードマイスター資格」・「アスリート栄養食インストラクター資格」の資格取得がおすすめ
スポーツフードの2つの資格を同時に取得できる通信講座
実際に受講した方の声

 

スポーツフード資格とは?

 スポーツフードとは、スポーツ選手やスポーツをしている人が、スポーツをする上で必要な栄養や質量などを考えた食事やメニューです。

競技の上達には、日々のトレーニングに加え、身体や体力の基盤となる食事が重要な役割を担っていますが、必要な栄養が無ければ筋肉を増量・強化もままなりません。また、必要な筋肉や使う筋肉は競技によっても異なり、個人の骨格や体格によっても異なります。そういった選手の体の状態を見極めて、その時に必要な栄養を分析し、個人にあった食事やメニューを献立するためには、スポーツフードの知識が必要です。そのスポーツフードの知識を証明するのが、スポーツフード資格です。

近年、スポーツの世界では、旧来の考え方である「やる気」「根性」だけではなく、科学的に裏付けのある効果的なトレーニングや食事メニューが重要とされています。そのため、スポーツ選手にとっては、食事や栄養の管理もトレーニングの一環として考えられていますし、普段から食事内容や栄養状態を管理する姿勢はアマチュアのスポーツ選手にも浸透しています。

スポーツフードへの理解が広がっている今、スポーツフード資格を活かせるフィールドが増えています。仕事で活かしたいと考えている人のほか、趣味でスポーツを楽しむ人や、スポーツに打ち込む子供をサポートしたいという親も多く、今、スポーツフード資格は注目を集めている資格です。

 

スポーツフード資格が活かせる仕事は?

アスリートのパフォーマンス向上につながるスポーツフードの知識は、スポーツの現場での仕事に役立てることができます。

すでにアスリートをサポートする仕事をしている人は、スポーツフード資格を取得することで、さらにその能力をあげられるでしょう。また、将来的にスポーツの現場に関わりたい人にとっても、スポーツフードの知識は、さまざまな面で活かすことができるでしょう。

スポーツフード資格取得で得た知識を活かせる代表的な仕事をご紹介します。

 ◆スポーツトレーナー

アスリートの体づくりとパフォーマンスの向上をサポートし、選手と二人三脚で目標を目指す仕事です。アスリートの健康管理から、トレーニングメニューの策定、ケガをした際の応急処置のほか、栄養に関する知識も求められます。

スポーツフードの知識を活かせば、食事面からアスリートのパフォーマンスを引き出すことができるでしょう。

スポーツトレーナーの仕事は、トップアスリートはもちろん、学生、シニア、アマチュアで活動するアスリートからのニーズも高まっており、主な仕事場は、プロのスポーツチームや実業団、高校・大学のクラブチームなどとなります。

また、最近では、スポーツトレーナーを擁するトレーニングジムやフィットネスクラブも増えています。

 ◆スポーツチームの監督やコーチ

チームを勝利に導くために指導を行うスポーツチームの監督やコーチは、技術や戦術はもちろんのこと、トレーニング方法やメンタルケアまで、選手をさまざまな面からサポートできる能力が求められます。

スポーツフード資格を活かせば、試合前にベストコンディションを維持できるような栄養指導により、トレーニングだけではカバーしづらい選手の体づくりを栄養面から補えるでしょう。

主な職場は、プロチームやアマチュアチーム、小学校から大学までの教育機関などです。競技によってはライセンスや特定の資格が必要となり、チームと個人的に契約する場合がほとんどです。

 ◆スポーツチームのマネージャー

選手が競技に集中できる環境を整え、サポートする仕事です。練習の準備や片付け、洗濯、異動や取材スケジュール調整など、仕事の内容は多岐に渡ります。

栄養士などの調理担当がいないチームの場合は、選手の栄養管理を任されることもあり、スポーツフードの知識が活かせるでしょう。

主な職場は、プロチームやアマチュアチームです。報酬を受けて働くので、さまざまな局面で対応できる力が求められます。

 ◆スポーツフードの料理教室の開講

運動部でがんばる子供を支えたい親、スポーツに関わる仕事をしている人などに「スポーツフードを学びたい」というニーズが高まっています。スポーツフード資格を取得すれば、カルチャーセンターや自宅などで、アスリートに適した料理を教える教室を開講することもできます。

 

スポーツフードを学べば、スポーツする子どもや家族を支えられる

 一緒に生活する子供や家族がスポーツに励んでいるなら、サポートしたい、応援してあげたいと考えますよね。

毎日の食事は体づくりに直結することです。

スポーツフードの資格取得での学びは、栄養バランスの取れた食事を用意するということから一歩踏み込んだ食と用意できる知識と技術が身につきます。

例えば、「もっと筋力をつけたい」「太りたくない」「計量をパスするために減量する必要がある」といった

目的や、競技特性、個人の特性によって異なるベストな食事は異なりますし、試合などに向けてベストパフォーマンスを引き出すために、コンディションを整えたいといった場合もあるでしょう。そういった個々の状況に応じて、必要な栄養素とその分量、食事を取る時間などのタイミングなどを計りながら食事を用意できるようになります。

 

スポーツフード資格を取得すれば、頑張っている家族や子供を大きくサポートできるでしょう。

また、チームスポーツであれば、周りの選手や保護者にもアドバイスができ、チーム全体を食事からサポートすることにつながるでしょう。

 

スポーツフードを学ぶなら「スポーツフードマイスター資格」・「アスリート栄養食インストラクター資格」の資格取得がおすすめ

スポーツフードについて学びたいなら、「スポーツフードマイスター資格」「アスリート栄養食インストラクター資格」の資格の取得がおすすめです。

資格が取得できれば、栄養士や調理師免許、スポーツフード関連の仕事の経験などがなくても、スポーツフードの知識を備えられます。スポーツ関連の仕事に役立ち、スポーツする人を支えられるようになるでしょう。

スポーツフードマイスター/日本安全食料料理協会(JSFCA)

スポーツフードマイスターとして、スポーツ栄養の基本から毎日の献立やレシピといった実践レベルまでの知識を身につけた人へ認定される資格です。

スポーツをする個人に合わせて、下記のような食事を管理・指導することができることが証明されます。

☑運動量・協議特性・性別・年齢などに応じた食事

☑目的に合わせて体を強くするための食事

☑試合などに向けてコンディションを整えるための食事

また、資格を取得することで、☑栄養素の働きや筋肉・脳を動かすエネルギー源、☑体の機能を正常に保つビタミン、☑スポーツ選手に不可欠な水、☑ジュニア・高校生・大学生・スポーツ選手のための栄養と食事、☑バランスの取れた献立、主食・副菜・汁物・スープ・乳製品・ドリンクのレシピなどに関する知識を有していることが証明されます。

 

アスリート栄養食インストラクター/日本インストラクター技術協会(JIA)

スポーツ選手の食事や栄養全般に関して、下記のような知識を十分に身につけた方に認定される資格です。

☑必要な栄養素

☑競技特性に合わせた食事の考え方

☑持久力アップ・球技系スポーツのための栄養と食事

☑疲労回復・風邪予防・夏ばて防止のための栄養と食事

☑トレーニング期・メンテナンス期・試合前日・試合当日・試合後のスケジュール別の食事法とその準備

☑減量・増量のコツ

☑弁当を用意する際のポイント

☑サプリメントの使い方

資格取得後は、アスリート栄養食インストラクターとして、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

 

<strongスポーツフードの2つの資格を同時に取得できる通信講座

「スポーツフードマイスター」「アスリート栄養食インストラクター」の資格取得を目指すなら、2種の資格を同時に取得できる通信講座スクールがあります。

諒設計アーキテクトラーニング

SARAスクール

両スクールともスポーツフードの資格認定を行っている「日本安全食料料理教会」と「日本インストラクター技術協会」が認定しているため、「スポーツフードマイスター資格」・「アスリート栄養食インストラクター資格」の2種の資格を、短期間で効率的に取得することができるメリットがあります。

「諒設計アーキテクトラーニング」「SARAスクール」の通信講座の特長

☑講座のテキスト、問題集や添削課題はすべて、プロの先生の監修を受けた教材となっている

☑1日30分程度の学習で、初心者でも約6ヶ月で無理なく学べる

☑学習スピードを上げると、最短2ヶ月で資格が取得できる

☑基礎から応用まで盛り込まれたカリキュラムで、初心者でも取り掛かりやすい

 

 【講座名】スポーツフードマイスターW資格取得講座(諒設計アーキテクトラーニング)

 ゼネラルリサーチ調査により、通信講座わかりやすさ・通信講座品質評価・資格取得者が選ぶ通信講座の1位を、2年連続で3冠達成している「諒設計アーキテクトラーニング」が主催。

スポーツフードマイスターW資格取得講座は、●スポーツ栄養の基本、●スポーツ選手にとって食事がなぜ重要かといった基本から、●競技特性・目的別・年代別の栄養と食事のとり方、●減量のコツ、●主食のレシピ例など、実践レベルの学習まで内容が幅広く充実しています。

通常講座とスペシャル講座があり、通常講座の場合、すべてのカリキュラムを終えた後、試験に合格することで「スポーツフードマイスター」と「アスリート栄養食インストラクター」の資格を取得できます。(※受験費用は各資格10,000円(税込)。スペシャル講座の場合、課題をすべてクリアしてコースを卒業することで試験免除となり、2つの資格が同時に取得できます。

◆受講料:

試験対策 59,800円(税込)(通常講座)

試験免除 79,800円(税込)(スペシャル講座)

◆受講期間:

6ヶ月(最短2ヶ月)

◆添削:

5回(通常講座)

5回+卒業課題1回(スペシャル講座)

 

【講座名】スポーツフード基本コース・スポーツフードプラチナコース(SARAスクール)

自分を変えたい、綺麗になりたい、キャリアアップしたい、自立したいなどといった希望にそった講座のほか、生活を充実させる趣味講座、なりたい自分になる講座、副業やお小遣い稼ぎに役立つ講座など290講座以上の人気講座がそろうSARAスクールが主催。

スポーツフードコースは、初級編:「スポーツフードの基礎知識」、中級編:「各競技の特性を考慮した食事の考え方」、上級編:「競技のスケジュールに合わせた食事や具体的な献立」という3段階のカリキュラムが組まれています。

基本コースとプラチナコースの2種類のコースがあり、基本コースの場合、すべての添削物を提出したあと、「スポーツフードマイスター」と「アスリート栄養食インストラクター」の各資格試験を在宅受験し、70%以上の評価で資格を取得できます。(受験料:各資格10,000円(税込))

プラチナコースなら、講座終了時の課題提出で試験が免除されて資格取得ができます。

◆受講料:

試験対策 59,800円(税込)(基本コース)

試験免除 79,800円(税込)(プラチナコース)

◆受講期間:

6ヶ月(最短2ヶ月)

◆添削:

5回(基本コース)

5回+卒業課題1回(プラチナコース)

 

実際に受講した方の声

スポーツフード資格取得講座資格取得しました!(諒設計アーキテクトラーニング受講者)

「身体を動かすことが好きだったので、いずれトレーナーとして働きたいと思っていたことからこちらに申し込みました。もともと栄養士の資格を持っていましたが、スポーツ栄養という観点では深く勉強したことがなかったため、初めて気づくこともあり勉強が楽しかったです。また内容もわかり易かったと思います。資格を取得したことで夢へ一歩近づけました。ありがとうございました」

 

スポーツジム経営では必須の資格だと思う(諒設計アーキテクトラーニング受講者)

「スポーツジム経営では必須の資格だと思う筋トレやストレッチ以外の食事やより効果的な食材など、色々とサブ知識が得られる充実した講座でした。スポーツジム経営者の必須の資格だと思いました」

 

こどものサポートをしたくて(SARAスクール受講者)

「こどものサポートをしたくてこどもがスポーツをしているので、食事の面からもしっかりとサポートをしてあげたくて資格を取りました。ただたくさん食べれば良いというわけではなく、試合中、練習後などその時その時に必要な栄養が補える食事作りができるようになりました」

 

正にプロフェッショナルを育てる講座です(SARAスクール受講者)

「正にプロフェッショナルを育てる講座です。スポーツ栄養学について独学で勉強しようとして、挫折した経験があるのですが、この講座の存在を知って再挑戦したいという気力が湧いてきました。テキストという明確な指針があると勉強の効率が違います。覚えることは多いのですが迷うことなく勉強に打ち込めました。基本コースを選び、その後「アスリート栄養食インストラクター」の試験にも無事合格しました。もう一つの方も取りたいと思います」

 

「スポーツフード資格」と「アスリート栄養力インストラクター資格」を取得すれば、アスリートとともにスポーツの魅力を体感できる仕事に就ける、スポーツに励む家族と一緒に目的に向かって励むことができる、といった可能性が広がります。

今、注目を集めるスポーツフード資格を通信講座で効果的に取得してみませんか?

 

 

 

お問合せ

日本資格振興協会

https://houjin.j-bdb.com/62900010247577860

 

スポンサーリンク