授業参観なの…?その「パール」ちょっと気をつけて!NGな使い方は…

2021.10.13 FASHION

トレンドを気軽に取り入れたいときに役立つのがアクセサリー。アクセサリーなら装いに難しさを感じることなく簡単に旬顔になれますよね。しかし「パールアクセサリー」は注意が必要です。今回はそんなパールアクセサリーのオバ見えする取り入れ方と今っぽい取り入れ方をご紹介します。

 

先に結論から!老け見え原因は「無難すぎ」or「飾りすぎ」

パールアクセサリーは今季のトレンドのアクセとお伝えしましたが、本来いつの時代も存在するベーシックなアイテムです。そのため、フォーマルシーンで使うような一粒タイプのピアス・イヤリングに一連のショートネックレスを合わせて取り入れると、まるで冠婚葬祭かのようなかしこまり過ぎた印象に。ベーシックなのは良いのですが、“今っぽさ”に欠けるのでそれが老け見えの要因になるのです。

 

だからといってファッション性に富んだデザインのパールアクセリーを、盛りに盛ったようなつけ方をするのもクドさが出るのでNG。ファッションアクセサリーのパールはほとんどがイミテーションなので、飾りつけが大きいピアスやネックレスにも何個もつけると安っぽさも加わります。注意しましょう。また、ピアスとネックレスを同じデザインのアクセにするとやりすぎる場合もあるので、仕上がりを鏡でチェックしながらバランスを整えて。

 

一気に旬顔!「メタル素材」と組み合わせれば洗練見え

パールアクセはいつの時代にもありますが、アクセサリーのデザインは時代に応じて変化しています。10年ほど前は3連以上のロングのパールネックレスが流行っていたり、ビジュー素材と組み合わせた煌びやかなデザインが主流でした。現在はそうしたデコラティブさは一切なくなり、極力シンプルなデザインがトレンドです。

 

シンプルといってもパールのみで構成されたデザインではなく、メタリック素材と組み合わさったモダンアートのようなデザインが人気ですね。構築的な直線・曲線ピアスの一部にパールがついているデザインだと今っぽさが出ますよ。さらにつけこなしも引き算方式がベスト。

 

大ぶりのピアスをつけたなら、ネックレスはしない。代わりにリングにピアスと同様にパールがついたアクセサリーを取り入れるなど、一箇所に飾りが集中しないようにバランス感のある取り入れ方が洗練見えの秘訣です。

 

イミテーションは「安バレ」しないように!小さめの粒を選ぶのがコツ

イミテーションパールは大人世代にNGと言われがちですが、個人的に取り入れてOKだと思います。ただし、デザインにもよるものの、粒が大きいほどにイミテーションらしい安っぽさが露呈しやすくなります。コットンパールのような敢えての風合いのもの以外は、5mm以内の小粒がベスト。また、パールアクセサリーはヴィンテージライクなデザインと非常に相性が良いので、あえてヴィンテージショップで探してみるのもおすすめですよ。ぜひ、取り入れ方に注意しながら、お気に入りのアイテムを探してみてくださいね。

 

■この記事も読まれています!

こちらから>>>そ、その巻き髪はもうやめて?さすがに「アウトオブ流行」の巻き髪アレンジって…

続きを読む

     

【アンケート】お勧めのMUJIアイテムを教えて!

 コチラから!!

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
ファッションライター 角佑宇子

スポンサーリンク

スポンサーリンク