「専業主婦、食堂のおばちゃんから10年で社長に」働く40代に贈る6つのカベの捨て方【薄井シンシア#1】

2022.01.14 WORK

*このシリーズの一覧

「食堂のおばちゃんから10年で社長」、このフレーズを最近目にする機会が多いのではないでしょうか。

そのストーリーの主人公は薄井シンシアさん。62歳、LOF Hotel Managementの日本法人社長が現在の肩書です。

 

まずはじめに、薄井シンシアさんのダイナミックすぎる略歴から

最初に薄井さんの略歴から。薄井さんはフィリピンの華僑の家に生まれ、20歳のときに国費留学生として東京外国語大学に留学します。

 

卒業後は日本で就職、日本人と結婚。30歳で娘さんを出産してから大学進学までの17年間は専業主婦業に専念し、夫の転勤に帯同して世界中を約3年おきに引っ越しながら暮らしました。

 

47歳のとき、夫の駐在先・バンコクで娘さんの母校の「食堂のおばちゃん」として社会復帰。しかし、52歳で日本に帰国した後は、仕事を探すものの門前払いを受け続けます。

 

やっと見つけた時給1300円の電話受付でキャリアを再スタート。その後バンコク時代の知り合いから声がかかり、ANAインターコンチネンタルホテル東京に転職。シャングリ・ラ東京を経て59歳で東京2020オリンピック・パラリンピックホスピタリティシニアマネージャーとして日本コカ・コーラに入社します。

 

しかしコロナ禍でオリンピックは延期、仕事がなくなり、うつ状態に。副業でスーパーのレジ係のバイトを始め、日本コカ・コーラを退職したのち、2021年に62歳でLOF Hotel Managementの日本法人社長に就任しました。

 

そんな薄井さんが、読者から寄せられた6つの相談にアドバイスを贈ります。1つめは家事と育児の相談です。

 

相談1・家事と育児と仕事、並立がしんどすぎる…

よく『家事と仕事の両立』と言いますが、私は『家事・育児・仕事』3つの並立に押しつぶされています。体力的にも精神的にも、こんなに大変すぎるとは。逃げ出したくなります。

(42歳・埼玉県)

 

【シンシア’s Answer】

たくさんの人から同じことを相談されます。もともと仕事をしているところに育児という仕事が増えるわけですから、それは当然しんどいんです。

 

私ね、みなさんには、自分にとって大事なことを見極めてほしいなって思っています。

 

子どもが生まれたからといって急に「いいお母さん」になる必要はないの。たとえば、キャリアに専念することを選んで、子どもは実家に預けるという選択をしてもいい。

 

もし仕事と家事育児、すべて続けたいなら、家事の中で子育て以外は全部「誰かに任せる」ことも考えていいと思います。中には全部こなしてしまうスーパーウーマンもいるかもしれませんが、そういう人と自分を比べて落ち込まず、まずは自分にとって大事なことに優先順位をつけて選んでください。

 

家事の中でいちばん大変なのは料理ですよね。でもね、毎日コンビニのお弁当でもいいんです。家事だってもっと合理化できます。

 

たとえば私はお風呂掃除をほぼしません。でも、お風呂が清潔でないことは大嫌いです。なので「どうすれば掃除をしなくていいか」を徹底的に調べ上げ、毎日の入浴後に使い終わったバスタオルでお風呂の水気をすべて拭き上げて磨くようになりました。

 

このように自分が求める仕上がりを具体的に設定して、それを最短で達成するため工夫をする、これが合理化です。

 

私が社長を務めているホテルでは、ルームメイクを担当するスタッフが最初にプロからお掃除の研修を受けます。でもね、1時間かけて丁寧に磨き上げたバスルームと、30分でクリーンしたバスルーム、お客様の満足度は同じなの。であれば30分で「目指す美しさ」を達成するのがプロというものです。

 

自分だけでこうしたノウハウを作るのが難しいなら、プロから学ぶのも手。どういうプロから学べそうかのネットワークも日頃から意識的に広げておくといいと思います。

 

 

トップ写真/11月にオープンしたばかりのLOF Hotel Akihabara。

撮影・佐山裕子(主婦の友社写真室)

次のQ(1月15日11時配信)>>>このまま仕事を続けるか、転職するか迷っています

*このシリーズの一覧

 

◆薄井シンシアさんの最新刊、大好評発売中です!◆

人生は、もっと、自分で決めていい』薄井シンシア・著 1,650円/日経BP

・再就職を考える専業主婦
・子育てと仕事の両立に悩む共働き世代
・余裕がない生活を送る30~40代
・後半人生のキャリアに悩む50代

人生の選択肢を前に迷い続ける読者のみなさんへ、
「どんな状況でも納得のいく人生をつかめる、決め抜く力」の秘訣を届けます。

アマゾンはこちらから

続きを読む

       

今回の新型コロナ第6波で感染された方の体験談募集!
詳しくはコチラから

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部 井一美穂

スポンサーリンク

スポンサーリンク