定番の黒ニットを長く着る!上手な着回しテクニック

そういう年齢だからというわけではないけれど、やっぱり何においても“量より質”を重視したいお年頃。洋服も1~2年で廃れてしまう流行りの服をたくさん持つより、5年以上は使えるベーシック服を揃えたいものです。そこで今回はあえてプレーンなデザインの黒ニットを上手に着回すテクニックをご紹介します。

デザインスカートと合わせてフェミニンに

今の流行りはオーバーサイズシルエットですが、あえて流行にとらわれないジャストサイジングの黒ニットを着るのも素敵です。本来、体のサイズにぴったり合う服というのは着る人に洗練さを与えるので大人の女性にこそ積極的に取り入れていただきたいアイテム。

より周りから一目を置かれるようなおしゃれさを目指すなら、ふわっと広がるような生地をたっぷり使ったスカートと組み合わせるのがオススメです。ニットのシルエットがコンパクトであるほどにスカートのシルエットが美しく際立つので、黒ニットをお持ちの方はぜひデザインスカートと一緒に合わせて大人フェミニンに仕上げてみてくださいね。

スカートそのものにおしゃれさがあれば基本はトップスとスカートのワンツーコーデで完成させてOKです。ただ、スカートが無地でシンプルな色合いの場合はさらにストールを加える、アクセサリーを少しデコラティブなデザインにするなどしてバランスを整えると良いでしょう。

 

ジレ+パンツと合わせてマニッシュに

うって変わってパンツスタイルは、とことんクールかつマニッシュに仕上げるのが◎黒は「格式の高さ」や「強さ」をあらわす色です。その黒の持つイメージをそのままにスタイリングをすると先ほどのフェミニンコーデとは全く違った印象を持たせられるので良いですね。

例えば黒ニットに直線的なシルエットのジレを合わせたスタイル。ボトムスも同じく黒のパンツを重ねたオールブラックコーデは都会的でおしゃれです。ただ、全身が真っ黒となると重苦しいイメージにもつながるのでアクセサリーやバッグ、パンプスなどに光りモノを足して高級感を出しましょう。

合わせてリップも発色の良いカラーを選んで強くかっこいい女性を演出してみては?また、アイテム一つひとつは、どこでも手に入るようなシンプルなデザインでコーデが組めるのも魅力的。パンツコーデは全身ファストファッションアイテムでも高見えしやすいですよ。

テイストを180度変えるのがコツ

同じアイテムを上手に着回すコツは、テイストをガラッと変化させることにあります。ある時は甘く可愛いフェミニンテイストに。また、ある時はピリッと辛くマニッシュに。そのようにして着こなしの方のジャンルを大幅に変えると、同じ黒ニットを着ていても見る人に全く違った印象を与えることができます。

もし、テイストの違う服装を持っていない時は、スカーフ・ピアスやリング・バッグ・靴の小物で変化をつけると良いでしょう。極論ですが同じニット、同じパンツでも小物が変われば充分新鮮な印象を与えられるのでぜひ、試して見てくださいね。

続きを読む

スポンサーリンク

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     
この記事を書いたのは
ファッションライター 角佑宇子

スポンサーリンク

スポンサーリンク