これヤメて!「免疫を下げる」この冬のNG習慣【市中感染リスク#1】

2022.01.03 WELLNESS

明けましておめでとうございます!

2022年も皆様にとって健康で笑顔にあふれる1年になりますように。

本年もよろしくお願いいたします。

神戸市垂水区にある漢方薬店「CoCo美漢方」の田中友也です。鍼灸師、国際中医専門員の資格を取り、日々、薬店と鍼灸院で皆さんの健康相談に乗っています。

 

コロナウイルスもどんどん新しい株が出てきて、落ち着きそうになったかと思うと、また猛威を振るう…。

その繰り返しですね。

皆さんも特にここ2年くらいはいつも以上に感染症に対する対策や習慣も変わってきたともいます。

今回は『免疫が下がる人がやってる5つのNG習慣』についてお話をしていきたいと思います。

 

NG習慣1・カーテンを閉め、家から出ないテレワーク

ウイルスや感染症から体を守るバリア機能を中医学では「衛気(えき)」と呼びます。

この衛気は体の元気があってこそ発揮されるものです。

 

中国の言葉に「冬の日光浴は人参湯(元気を出す漢方薬)を飲むのと同じような効果がある」と言われます。

特に背中には督脈と呼ばれる体を温める経絡が通っており、そこを温めることで体も温め、元気も補うことができます。

 

しかし、テレワーク中やお休みの日に1日中、カーテンを閉めて、部屋に閉じこもったままで日光に当たらないとこの元気もなかなか補えなくなります。

また、日光に当たらないことで気分も落ち込みやすくなり、これも免疫を下げてしまうことに。

 

冬は晴れた日に15分程度、自然の中を散歩しながら日光浴しましょう。お昼休み、気分転換も兼ねて、ちょっと外へお買い物に行ければベストです。

紫外線が気になる方は日焼け対策をしたり、お家の中で手のひらで日光浴しましょう。

>>>次の記事  1月4日6:00配信 なんと!?睡眠のせいで風邪リスクが4倍上がるって本当?

 

■著者・監修者

CoCo美漢方 田中友也
国際中医師、鍼灸師。関西学院大学を卒業後、イスクラ中医薬研修塾で中医学の基礎を学び、その後北京中医薬大学、上海中医薬大学などで本場中国の医療を研修。日本有数の漢方薬局である小島薬局漢方堂にて4年間勤務後、現在の仕事に。2018年に鍼灸師の資格も取得、。漢方、東洋医学、中医学は難しい!と思っている方もぜひご相談ください。

続きを読む

       

今回の新型コロナ第6波で感染された方の体験談募集!
詳しくはコチラから

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク