以外と難しいワイドパンツ。老け見えせずキレイに着こなすポイントを伝授!

今回は、多くの女性が1着は手にしている『ワイドパンツ』に注目!

老け見えしまう原因と回避テクニックをご紹介いたします

 

ワイドパンツ 老け見えの原因は『素材とシルエット』

ワイドパンツは皆さんもご存知の通り、腰から足首まで全体を覆うようなゆったりシルエットですよね。それゆえ、気になる太ももや腰回りのハリ、お尻の大きさを全て隠すことができます。ただ、「隠すこと」と「スタイルがよく見えること」は決してイコールではありません。

ワイドパンツ は足のラインを気にしなくていいのが魅力ではありますが、全てを覆い隠すことで細く見えるボディパーツまで隠してしまい、余計にずんどうに見えたり、太って見えたりする場合もあります。とくにワイドパンツが太って見えてしまう大きな原因は素材とシルエットです。

 

柔らかい素材はシルエットがNG!

薄手素材の柔らかいワイドパンツ はラクで穿きやすいという利点があるいっぽうで、生地に立体感がないので美しいシルエットを実現させにくい難点があります。とくに後ろ姿はお尻のラインをキレイに見せるためにも、ある程度のハリと硬さのあるパンツでないと立体的な美しさを実現できません。

とくにウエストゴムタイプは要注意……!とても使い勝手が良いので、ついついウエストゴムのアイテムを手に入れてしまいそうになるのですが、骨盤やお尻まわりが大きい方にとってはよりボリューミィに見えてしまうアイテムです。利便性や楽チンに流されず、できる限りウエストゴムは避け、硬め素材のワイドパンツを取り入れて。

 

人気のプリーツパンツはお尻が大きく見える

大人の女性にも人気のプリーツパンツ。スカートのように見えるパンツで動きやすい上に見た目もオシャレ。しかし、プリーツパンツもまた柔らかい素材なのでお尻の大きさによってはボリュームが出過ぎてしまうことがあります。

とくにプリーツパンツの多くはウエストゴムタイプで作られているため、骨盤からお尻にかけてのラインを拾いやすいです。さらにプリーツが余計にお尻を大きく見せてしまうのですね。すでに手持ちにプリーツパンツがある方、プリーツパンツが欲しいという方はゆったりしたトップスでお尻のラインをカバーして着こなすと良いでしょう。

反対にキレイ見えするワイドパンツ腰からお尻にかけてのシルエットは直線的でスッキリした印象を与えるもの。また可能であればセンタープレスラインが入っているものをぜひ取り入れて。センタープレスラインは脚全体を立体的に見せてくれるので下半身の太さを目立たなくさせる効果があります。

出典>>「顔は若いのに、お尻に年齢が出てる!」40代が気をつけたいワイドパンツの特徴

 

ワイドパンツ キレイ見せは『ウエストマーク』

ワイドパンツ はボトムスにボリュームがいくようなシルエットなので、できればトップスはボディにフィットするようなアイテムを選ぶと良いです。ただバストが大きい方、二の腕が太い方などはボディにフィットするトップスを合わせると肉感を拾ってしまうので逆にゆったりしたシルエットのほうが望ましいでしょう。ご自身の体型に合わせてトップスをジャストサイズにするかオーバーサイズにするかを選んでください。

そしてワイドパンツをキレイに見せる最大のポイントは『ウエストマーク 』です。ウエストがキュッと絞られていて、余計な着膨れも服のシワもないスッキリ感が細見えのコツ。なのでウエストはギャザータイプやゴムタイプではなく、フックタイプのワイドパンツ を選ばれると良いでしょう。

 

ロングカーディガンで『Iライン』を作るもOK!

ウエストマークは正面から見たときにスッキリ見えます。しかし、気になる後ろ姿まではなかなかカバーアップできません。お尻が大きい、身長が足りなくて寸胴に見えるという場合は、ロングカーディガンでお尻まわりは完全に隠してしまいましょう。

真正面から見たときも太っていると判断されやすい、骨盤・太もも周りもロングカーデでカバーされるので全体的にスッキリして見えるはず。小物アイテムをプラスしてより完成度の高いおしゃれをさらに目指してくださいね。

出典>>「あの人老けてるよね~」とオバさん扱いされるワイドパンツコーデとは

続きを読む

スポンサーリンク

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     
この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク