これやったら確実に老け顔! やってはいけないショートヘアって?(前編)

40代を過ぎると髪質が一気に悪化、これまでのようなお手入れが困難ということで、ショートにイメチェンしたいと考える女性は多いのでは?

とはいえ、ショートは失敗したときのリスクが高く、いざ挑戦となるとちょっと抵抗があるもの。

そこで今回は、40代女性がやってはいけないショートをご紹介します。

NGその①

トップの分け目をくっきりつけたタイトショート

顔型や髪質問わず、多くの女性にハマりやすいマッシュショート。丸みを帯びたでザインは女性らしさもプラスさせ、大人女子にオススメのデザインです。

でもトップのスタイリングに落とし穴が! というのも、40代は髪の立ち上がりが一気にダウンする年齢と言われています。その影響を最も反映させてしまうのがトップ。これまでと同じ分け目で仕上げてしまうと、トップが潰れたように見えてしまうだけでなく、地肌が見えて薄毛っぽい印象を与えてしまうのです。

さらに見た目のシルエットが四角形になることで、全体のバランスも崩れがち。重心が下になったように見えるため、見た目年齢を老けさせてしまいます。

 

NGその②

サイドと前髪がつながっていないデザイン

面長さんの場合、前髪を作って小顔&老け顔対策をしたい人は多いはず。確かに前髪の効果は絶大で、これがあるだけで一気に若見えさせることができます。

でもサイドと前髪がわれてしまうようなスタイリングは絶対にダメ!特にこめかみ付近の毛束がわれていると、横から見たときにハゲているような印象も

女性も男性同様、年齢と共におでこが後退していきます。われやすい部分ではありますが、この部分のスタイリングは入念に行うべき!

最近では束感をつけたシースルーバングが流行ですが、その際にもサイドの髪と独立するようなデザインにならないよう注意しましょう。

>>次ページ:40代の正しいショートヘアのお手本はこちら!

 

 

 

続きを読む

スポンサーリンク

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     
この記事を書いたのは
美容ライター 三輪順子

スポンサーリンク

スポンサーリンク