知っておきたい「子どもなしコース」の歩み方 <注意点編>|おこなしさまという生き方(31)

結婚、出産をしていないと、女として幸せではないという人がいるけど、はたして本当にそうなのでしょうか。

「少なくても今の時点では、子どもがいない“おこなしさま”人生も、そんなに悪いものではないと感じている」

という、くどうみやこさん。自分の幸せは、自分で決める「おこなしさまという生き方」リバイバル配信です。

(2017年に書かれた記事の再配信となります)

 

大人のライフスタイルを持続できる「子どもなしコース」は、前半は身軽に進めるけど、後半になるにつれて傾斜がきつくなるルートのようです。最初に飛ばしすぎると後半で息切れを起こしてしまうため、体力を温存しながら進む必要がありそうです。無事に完走できるよう、どんな注意点があるかチェックしてみましょう。

 

1.自分にお金のかけ過ぎは要注意

子ども一人にかかる学費は、幼稚園から大学まで全て公立で約1,000万円、私立だと約2,500万円かかると言われています。子どもがいない“おこなしさま”は、その分自分に投資できるので、つい浪費してしまいがち。何かを購入する時、いつもより美味しいものを食べる時、ワンランク上の宿に泊まる時、合言葉は「自分へのご褒美」。いつも頑張っている自分を労わってあげる。働く女性にとって「セルフご褒美」は生活に潤いと活力を与えてくれるもの。でも収入を好きなように使い果たしていると、後々困ることになります。

 

2.老後の備えは自分で早めが鉄則

“おこなしさま”にとって、一番の問題点ともいえるのが老後のこと。子どもがいれば良くも悪くも「あとは任せた」と言えますが、別の手段を検討・準備しておくことが不可欠。パートナーがいても病気や不慮の事故などで先立たれることはあり、女性の方が平均寿命は長いので将来“おひとりさま”になる覚悟はもっておくべき。

病気や介護の問題から、相続、お墓、葬儀のことなど、“おこなしさま”は老後の懸念事項について早めに考えておく必要がある。今の時代は、自分で老後の備えをするのが大人の心得。長期間、誰にも気づかれない孤独死はできれば避けたいですよね。

>>次ページ:孫がいない老後時間の楽しみ方

<<前の話

 

誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』 著者:くどうみやこ

(主婦の友社 編/1,300円+税)

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク