恥ずかしい!確実に「オバサン認定」されるLINEの3大特徴(後編)

2022.04.29 LOVE

<<前ページ

オバサン認定LINEその2:動物の絵文字を乱発する


自分ではお気に入りの絵文字でも、他人からすると痛いと思われてしまうことがあるので注意が必要です。「どんな絵文字ならOKなの?」って迷った場合は、相手が使っている絵文字にテンションを合わせることで、彼から引かれるリスクを最小限に抑えることができそうです。

参照>>ちょ、おばさん…男がドン引きする「アラフォー女性の痛LINE」

 

オバサン認定LINEその3:冗談にならない年齢ネタ

年下の男性に何かを諭したい場面だったり、あるいは相手の年齢にかかわらず小馬鹿にされたような話題に反論したいと感じたりといったときに、「私だって、だてに年をとってるわけじゃないのよ!」的なフレーズで、相手を制したい女性もいらっしゃいますよね。しかしこのフレーズも、男性たちからは、女性が思う以上に不評な現実がありました。

まさに“冗談に聞こえない冗談”とでも言いましょうか、勝気なオバサンっぽさを不必要に醸し出すLINEの典型でもあるのかもしれません。

参照>>まだ40代なのに…「ものすごくオバサンくさい」と男に感じさせる自虐ネタLINE3選

 

LINEは送ったメッセージだけがひとり歩きするので、対面での会話では流れていくようなちょっとした言い回しが、妙に印象に残ってしまうこともあります。

わざわざ「私って、オバサンなの!」とアピールしてしまう効果が危惧されるようなこんなフレーズは、極力使わないのがコミュニケーション美人を目指すコツにもなりそうです。

スポンサーリンク

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     
この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク