恋の「トラウマ」からアラフォー男性を救い出したたったひとつの「武器」とは

「またお付き合いをしたいけど、以前女性にひどく傷つけられたトラウマが消えなくて踏み出せない」

こんなアラフォー男性の悩みは、「人を愛して傷つくことが怖い」というものでした。

トラウマは、時間が経てば経つほど心のなかに固定された痛みとして居座ってしまい、乗り越えることが難しくなります。

そんな男性が不安定な心と向き合い、一歩踏み出す勇気を得ることができたのは、常に「見返りを求めない愛情」で接し続けた同じアラフォー女性の存在がありました。

「ただ愛したい」気持ちが人の心を開いた例について、恋愛相談家の視点からお話します。

 

【恋愛ファイル002】「誰からも愛されたくない」

「数年前、当時言い寄ってくれた女性とお付き合いをしていましたが、相手の都合のいいように振り回され、最後は音信不通になって捨てられました。

それ以降、いいなと思う女性がいても恋愛に積極的になれず、アプローチされても上手く返せずに相手が離れていくことを繰り返しています。

『付き合ってもどうせまた嫌な終わりになるんだろうな』『自分は愛されないんだろうな』

と思うと、怖くて恋愛に飛び込む勇気が持てません。

そんな自分に長い間好意を向けてくれる女性がひとりいます。

以前のことを話すと『つらかったんだね』と言ってくれるものの、何も求めてこないので自分もどう接すれば良いかわかりません。

誰にも愛されない方が楽だと思うのですが、その一方でこの女性と向き合ってみたい気持ちもあります。

どうすれば良いのでしょうか?」(37歳/公務員)

 

「何も求めない」ことは本当に愛情がないとできない

一度大きな傷を受けてしまうと、その出来事が女性の「基準」となってしまい、信用できなくなる、ということは実際にあります。

良い関係になれそうな気がしても、何かの拍子にその出来事がフラッシュバックされてしまい、その時の痛みを思い出して先に進むことが怖くなる。

それならいっそ、ひとりでいい。

そうやって、相手の気持ちからも、自分の心からも目を背けてしまいます。

ですが、人を好きになることは理屈じゃありません。

「受け入れたい」と考えてしまう女性がいる時点で、本当はトラウマを半分は克服できています。

彼女の何が男性の心を開くきっかけになったのか。

彼女は、定期的に彼に連絡し、また彼からのメールにもいつも丁寧に返信していました。

他愛ない雑談でも、真面目な話でも、常に変わらない態度と言葉で接していたと言います。

ふたりきりで会うことはなくても、そんな約束ができなくても、ほかの人がいる場で一緒になれば笑顔で声をかけてくる。

距離が縮まるような会話になっても、彼が口を閉じれば無理には聞き出さない。でも自分の思いは伝える。

彼女のペースで事を運ぼうとせず、食事やドライブに誘っても彼に断られれば潔く引く。

控えめに好意は伝え続けても、彼からの返事には期待しない様子が見てとれました。

「求めない」ことは、それ自体が愛情です。

彼は、そんな彼女の「真意」がわかりませんでした。

好かれているのはわかるけど、付き合ってくれとも言わないし、自分に何かを要求してもこない。

今までなら、以前自分を捨てた女性ならそうしてきたであろうことを、彼女はしない。

トラウマのことを話したから、気を遣ってくれているのはわかるけど、どうしたいのかわからない。

「女性はこんなものだ」という思い込みと、それに反する彼女の姿に混乱していたのですね。

ですが、そんな彼女に少しずつ心を開いている自分も自覚していました。

一緒に食事に行ったらどんな感じなんだろう。面白い映画について話したいけど、急にそんな話題を振ったら迷惑だろうか。

自分から先に進む恋愛を遠ざけていたせいで、彼女に興味を持っている自分をわかっていても、踏み込む勇気が持てずにいました。

一年、そんな関係を続けてきた彼に向かって私が言ったのは、

「居心地の良い関係って、それだけで安心できるよね。

だったら、自分を信じてみればいいんじゃない?

ふたりで今の関係を築いてきたんでしょう?」

というもの。

短くない時間、少しずつ積み上げてきた「信頼」こそ、彼が信じられるもの。

それは理屈や理由じゃなく、「彼女と一緒にいたい」という恋心そのもの。

彼女の「何も求めてこない」姿勢が、彼から「信じる」勇気を引き出していました。

 

「信じる」のは、相手ではなく自分

 

彼は、私の言葉を聞いてもまだ動けずにいました。

彼女への気持ちをはっきりと恋愛感情なんだと認めることは、「次の関係に進める」希望と「後戻りできなくなる」怖さと表裏一体。

ですが、彼女の態度に寂しさを覚えることもまた、苦しかったと言います。

いつも笑顔で話すだけじゃなくて、「付き合って」と言ってくれれば、次は頷くのに。

・・・どうして告白してくれないんだろう。

その疑問が寂しさから来るものだと気づいたときに、彼は彼女のことを本当に好きになっている自分に気が付きました。

そして、自分から想いを打ち明け、晴れてふたりはお付き合いをするようになります。

「決定打」を打てたことで、彼の中に居座り続けたトラウマは、だいぶ影をひそめていました。

「信じる」のは、相手ではなく自分。

それが、後悔しない道を選択する最善の方法ではないでしょうか。

今まで見たこともないような照れた顔で報告してくれる彼の顔を見ながら、この信頼を彼に与え続けたアラフォーの彼女は、本当に勇気のある人だと思いました。

彼女は、彼ではなく彼のことを好きな自分を信じて、ひたすら愛情を伝え続けていたのだと感じます。

それが、「誰も愛したくない」という彼の心を開いていった唯一の「武器」となりました。

 

■OTONASALONE ただいまの人気記事は

「この道をまっすぐ」を英語でスラっと言うと? https://otonasalone.jp/27902/
寝る前にはかならず「スイッチオフ」を! https://otonasalone.jp/25777/
着ない洋服は捨てる…が正解とは限らない?【スタイリスト石田純子の視点】 https://otonasalone.jp/27845/

 

 

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

こじらせすぎ!40代独女が一回で嫌になった「バツイチ男性とのデート」

40代になると、バツイチ男性との出会いも増えるのではないでしょうか。離婚を経験している男性は、傷ついたぶん女性に優しい場合もありますが、逆に痛みを引きずったまま変に心をこじらせていることもあります。そん…

「そんな女性だったとは!」男性ががっかりした40代独女の「告白後の態度」

好きな人に思いを告げる瞬間は、いつだって一世一代の覚悟と思って真剣にのぞみますよね。その結果フラれてしまっても、精一杯頑張った恋なら後悔もありません。ですが、告白したあとで40代独女の態度が変わり、「こ…

どうしてそうなった!?40代独女が頭を抱えた「男性からの”ありえない”プレゼント」

男性からのプレゼントは、感謝もするし何を選んでくれたのかドキドキしますよね。が、中には「これ!?」とびっくりするものを贈られた40代独女もいます。男性の気持ちはうれしいけれど、正直にいうと持て余すし今後…

「えっ嘘でしょ!?」40代独女が呆然とした【恋愛経験値の低い男性】とのデート

男性の中には、「彼女のいない歴=年齢」であったり片想いがかなったことがなかったり、恋愛経験値の低い人もいます。本人もコンプレックスに感じていることが多いですが、それは決して悪いことではありません。好き…

居酒屋デートであぜん!40代独女がびっくりした「ケチな男の振る舞い」って?

夜のデートで足を向けることも多い居酒屋。お酒の入る席では、リラックスできる反面その人の意外な”本性”が垣間見えてがっかり、なんてこともあります。シラフのときには気づかなかった「ケチな男」の振る舞いには、…

「もう電話したくない!」男性がガッカリした40代独女からの【ありえない電話】

LINEにメール、ネットサーフィンやSNSなど、日常のいろんなところで使うスマートフォン。もちろん誰かとの電話でも必ず手にすると思いますが、気になる男性との通話、楽しんでいますか?顔が見えない電話は、自分で…

「絶対彼女にしたくない」と男性がカフェでドン引き!40代独女の特徴って?

酷暑が続き、普段よりカフェや喫茶店を利用するという40代独女も多いのではないでしょうか。誰でも気軽に立ち寄れるカフェは、涼しいしリラックスして過ごせるのが良いですよね。が、気が緩みすぎると思わぬ”醜態”を…

【ああ、勘違い】てっきり君もその気かと。男性が40代独女に振られた原因とは?

好きになった人とは結ばれたいと、恋をするなら誰だって思いますよね。でも、現実はそう甘くなくて、縮まらない距離に苛立ちと焦りが募るばかり。ある男性は、うまくいかない関係に躍起になり、相手の気持ちを無視し…

好きになったのは「同僚の彼」。40代独女が出した答えとは

好きになった人は、同僚の彼氏だった。かなう見込みの薄い恋でも、男性に向ける好意をなかなか捨てられない。こんなせつない恋は、どうしてもつらい思いばかりが募ってポジティブな感情が消えてしまいます。でも、諦…

男性が「二度とゴメン」と思ったマッチングアプリで出会った40代独女とのデートって?

出会いの場として選択肢の一つになっている、マッチングアプリ。好みの異性を見つけたい人には手軽に利用できるのがメリットですが、その反面、「実際に会ってみたらがっかり」なんてこともあるのが難しいですね。実…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事