着ない洋服は捨てる…が正解とは限らない?【スタイリスト石田純子の視点】

手持ちの洋服の数が少ないほど、知的でおしゃれじょうずのイメージがある昨今ですが、スタイリスト石田純子は「捨てなくていい」と思ったりするのです。そんなアイテムにこそ、新鮮に着こなせるヒントがあるかもしれません。

 

【石田純子・大人スタイルの新常識 法則52】

 

 

「洋服は10着あればいい」とか「断捨離」とか、捨てる&買わないことが流行のようですが、私は素直に「そうですね」とは言えません。「10着でコーディネートなんてできるのかな」「着なくなった洋服も復活できるチャンスがあるんじゃないかな」と考えてしまうのです。

 

先日も、数年前の丈短セーターを引っ張り出して「何かに使えないかな」と考えました。そして、ひらめきました。セーターの脇の縫い目をきれいにほどいて、そでから下が前身ごろと後ろ身ごろに分かれるようにしたのです。インナーに白のロングシャツを着てみると……ニットのサイドやすそから白シャツが出て、異素材ミックスのセーターができあがりました。夫に見せたら「あ、懐かしいセーターが突然今年らしくなった」と驚いてくれました。大満足です。

 

何十年も前のタンクトップやスカーフが、突然復活することもあります。「このセーターの下には、このカーブの白い丸首が必要」とか、「ほんのちょっとしか見えないんだけど、胸元にロイヤルブルーが欲しい」ということがあると、私は引き出しをゴソゴソするのです。すると「おっと、こんなところにこんな色のストールが!」「おっと、こんなシャツが!」と見つかるのです。忘れていた洋服がお宝となって再登場するのですから、得した気分になります。長くおしゃれをがんばってきたご褒美かもしれませんね。もちろん「さすがにこれは工夫のしようがない」と思うものは処分しますので、ご心配なく。

 

洋服の賞味期限は短いといわれています。「ベーシックなものは長く着られる」といっても、形は周期的に変わっていきます。それでも、「古くなったから着ない」「着ないから捨てる」というのはやはり残念。あまりに流行遅れは困りますが、ボトムをいま風に変えたり、小物をプラスしてみたり、部分使いしたり、ちょっとリメイクしてみたりすると、けっこう着られることもあるものです。

 

洋服を買うのは楽しいものです。新しい服を買えば収納場所は狭くなりますから、取っておけばいいというものではありません。残すもの、買うもののバランスを考えることも、ファッションにはたいせつなことなのです。

 

 

シンプルだけどエターナル。石田流「おしゃれの法則」をもっと知りたい人は

大人スタイルの新常識』 石田純子・著 主婦の友社・刊 1,300円+税

何を着ればいいのかわからない、着たい服がみつからない。でも、おしゃれをあきらめたわけではない!!そんな悩みを持つ女性に向けて、2000人以上のファッションアドバイスをしてきた人気スタイリスト石田純子さんの「おしゃれの法則」を明かします。

シンプルな服、普通の服を着こなす人こそ、おしゃれ達人の思い込みありませんか?

崩れた体形でセンスよく服を着こなすなんてどうせムリ、とあきらめていませんか?

ベージュ色こそ、女性を上品に輝かせると信じていませんか?

そんな数々のファッションに対する思い込みが、あなたをおしゃれ難民にしているかもしれません。

シンプルな白シャツより、デザイン性のある白シャツの方が着まわせる。便利そうなベージュのボトムは老けさせる。処分したくない服は捨てない。好きな色は似あう色・・・など、これまでの思い込みを一新するメソッドが、あなたのこれまでの「わからない」「似合わない」を相殺します。

アマゾン(書籍版)はこちら

アマゾン(kindle版)はこちら

hontoはこちら

 

石田 純子(いしだじゅんこ):
スタイリスト。雑誌『装苑』編集部をへて独立。雑誌、TV、CM等のスタイリングを手がける。
ファッションアドバイザーとして、百貨店の研修やトークショーなど活躍の場も多数。
若作りでない、若々しいスタイリングに定評がある。

■石田さんのシリーズはこちら

vol.1

ベージュのパンツは老けて見える?【石田純子・大人スタイルの新常識】

vol.2

大人世代を救うファッション「白」の着こなし【石田純子・大人スタイルの新常識】 

vol.3

「シンプル&ベーシック」は45歳まで?大人世代コーデ【石田純子】

vol.4

1秒で見違えるほど着やせするたった1つのルール【石田純子】

vol.5

バッグはブランド品にこだわらない。ファッション小物のちから【石田純子】

vol.6

大人の服は  「Mサイズ」や「9号」にこだわらない【石田純子】

vol.7

着ない洋服は捨てる…が正解とは限らない?【スタイリスト石田純子の視点】

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「シンプル&ベーシック」は45歳まで?大人世代コーデ【石田純子】

第3 章 私のコーディネートルール【石田純子・大人スタイルの新常識 法則17】「シンプルなコーディネートが一番」「ベーシックアイテムさえあれば大丈夫」そんな言葉をフ…

ベージュのパンツは老けて見える?【石田純子・大人スタイルの新常識】

最近何を着ても老けて見える気がする。いつも似たような無難アイテムを買い足してしまう。手持ちの服をどう組み合わせれば年齢相応の品が出るのかがわからない……そんなおし…

バッグはブランド品にこだわらない。ファッション小物のちから【石田純子】

第5章 ファッション小物のちからバッグはブランド品にこだわらない 【石田純子・大人スタイルの新常識 法則43】ブランドバッグのもつ高級感や品質のよさは貴重ですが、…

大人世代を救うファッション「白」の着こなし【石田純子・大人スタイルの新常識】

”「年をとると白が似合わなくなるのよね」とはよく聞く言葉ですが、白ほど大人世代を救ってくれる色もありません。顔回りにくる白は、肌年齢を10歳若返らせてくれますよ”。…

大人の服は 「Mサイズ」や「9号」にこだわらない【石田純子】

第6章買い物「Mサイズ」や「9号」にこだわらない 【石田純子・大人スタイルの新常識 法則50】サイズは、成績表ではありません。Mサイズだから優秀だとか、Lサイズは…

40代にありがちな服迷い。「やってはいけないコーデ」4選

「このイラストを見かけるたび気が引きしまる」「OTONA SALONEを読むのが毎週の禊」と各界で大人気、それが「脱オバサン!」イラストコーデ企画。今回は「真夏に起こりうる40代のオバサン見えファッション」をピック…

おしりリセットダイエット4週間プログラムでダイエットを成功させる!

オトナの女性が気になるパーツの1つが「おしり」。横姿・後ろ姿のキーポイントだし、加齢も出やすい。しかも、実はダイエットに最も深く関係していたのもおしりだったのです。4週間の「おしりリセットダイエット」で…

FPに教わる!40代女性に人気の3つのカンタン貯蓄方法って?

OTONA SALONE編集部で人気のFPの貯蓄方法。今回はその中でも特に人気だった3記事をご紹介します。年収別でお金の貯め方は違った⁉年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ私のところには「無駄遣いを減…

40代が似合わないTシャツはコレ! 失敗しがちな真夏の痛カジュアル5選

歳を重ねるにつれ、一部の人しか似合わなくなってくるカジュアルアイテムのひとつが、Tシャツ。若い時はデニムに合わせるだけでこなれてみえたのに、今白シャツ×デニムなんて着たら生活感が出てしまう……。という人も…

だらしなさすぎ!40代女性がムダに疲れて見えるお痛めNGファッション

40度を超える地域も多く、今年は異常な暑さが続いています。さらに、恐ろしいことにこの暑さ、8月いっぱい続くそう……。そうなると、服もとにかく涼しさ重視だったり、楽さを求めたくなるもの。確かに熱中症にかから…

「人の話を聞かない星座」って?あなたのオレサマ度を一発判定!【オススメ12星座ランキング】

OTONA SALONEで人気の12星座ランキング。やっぱり気になりますよね!今回はいま読まれている12星座ランキングを4つピックアップしました。自分に当てはまったり、アノ人に当てはまったり……。是非チェックしてみてく…

40代の「オバ見えファッション」その痛さの原因はココだった!

毎日酷暑が続いているこの頃、ファッションもついついおしゃれより、涼しさや楽さを優先したくなります。私が住んでいる街も、日中歩くのが嫌になるほど暑いので、つい予定がない日は引きこもりがちに……。そうすると…

天然ボケから浮気しやすい星座まで!あなたは何位?【12星座ランキング】

OTONA SALONEで木曜17時に毎週配信されている「12星座ランキング」。今回は天然や浮気しやすいなどの性格系の12星座ランキングをまとめてみました!性格系12星座ランキング人気記事ベスト4画像をクリックするとペー…

【真夏のオバサンまとめ】もしかしてまだ着てる?40代が「最悪に痛いコーデ」6選

「まだ着ていたら痛い」「男が引くコーデ」。そんな煽りを目にするたびに、私は大丈夫かな……と気になります。そんな「40代オバサン警報」の第一人者、松本小夜香さんの人気記事を6位からご紹介します。「これはヤバ…

その1枚でオバチャン服に!やりすぎ注意の「美白ファッション」

いよいよ夏も本番! 一週間休みを取って海外リゾートへ行く予定の人も、近場の海やプール、山などで短い休暇を楽しむ人も、気になるのが紫外線問題。10代〜20代前半なら、日焼け後も思い出の一つと笑って済ませられ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事