着ない洋服は捨てる…が正解とは限らない?【スタイリスト石田純子の視点】

手持ちの洋服の数が少ないほど、知的でおしゃれじょうずのイメージがある昨今ですが、スタイリスト石田純子は「捨てなくていい」と思ったりするのです。そんなアイテムにこそ、新鮮に着こなせるヒントがあるかもしれません。

 

【石田純子・大人スタイルの新常識 法則52】

 

 

「洋服は10着あればいい」とか「断捨離」とか、捨てる&買わないことが流行のようですが、私は素直に「そうですね」とは言えません。「10着でコーディネートなんてできるのかな」「着なくなった洋服も復活できるチャンスがあるんじゃないかな」と考えてしまうのです。

 

先日も、数年前の丈短セーターを引っ張り出して「何かに使えないかな」と考えました。そして、ひらめきました。セーターの脇の縫い目をきれいにほどいて、そでから下が前身ごろと後ろ身ごろに分かれるようにしたのです。インナーに白のロングシャツを着てみると……ニットのサイドやすそから白シャツが出て、異素材ミックスのセーターができあがりました。夫に見せたら「あ、懐かしいセーターが突然今年らしくなった」と驚いてくれました。大満足です。

 

何十年も前のタンクトップやスカーフが、突然復活することもあります。「このセーターの下には、このカーブの白い丸首が必要」とか、「ほんのちょっとしか見えないんだけど、胸元にロイヤルブルーが欲しい」ということがあると、私は引き出しをゴソゴソするのです。すると「おっと、こんなところにこんな色のストールが!」「おっと、こんなシャツが!」と見つかるのです。忘れていた洋服がお宝となって再登場するのですから、得した気分になります。長くおしゃれをがんばってきたご褒美かもしれませんね。もちろん「さすがにこれは工夫のしようがない」と思うものは処分しますので、ご心配なく。

 

洋服の賞味期限は短いといわれています。「ベーシックなものは長く着られる」といっても、形は周期的に変わっていきます。それでも、「古くなったから着ない」「着ないから捨てる」というのはやはり残念。あまりに流行遅れは困りますが、ボトムをいま風に変えたり、小物をプラスしてみたり、部分使いしたり、ちょっとリメイクしてみたりすると、けっこう着られることもあるものです。

 

洋服を買うのは楽しいものです。新しい服を買えば収納場所は狭くなりますから、取っておけばいいというものではありません。残すもの、買うもののバランスを考えることも、ファッションにはたいせつなことなのです。

 

 

シンプルだけどエターナル。石田流「おしゃれの法則」をもっと知りたい人は

大人スタイルの新常識』 石田純子・著 主婦の友社・刊 1,300円+税

何を着ればいいのかわからない、着たい服がみつからない。でも、おしゃれをあきらめたわけではない!!そんな悩みを持つ女性に向けて、2000人以上のファッションアドバイスをしてきた人気スタイリスト石田純子さんの「おしゃれの法則」を明かします。

シンプルな服、普通の服を着こなす人こそ、おしゃれ達人の思い込みありませんか?

崩れた体形でセンスよく服を着こなすなんてどうせムリ、とあきらめていませんか?

ベージュ色こそ、女性を上品に輝かせると信じていませんか?

そんな数々のファッションに対する思い込みが、あなたをおしゃれ難民にしているかもしれません。

シンプルな白シャツより、デザイン性のある白シャツの方が着まわせる。便利そうなベージュのボトムは老けさせる。処分したくない服は捨てない。好きな色は似あう色・・・など、これまでの思い込みを一新するメソッドが、あなたのこれまでの「わからない」「似合わない」を相殺します。

アマゾン(書籍版)はこちら

アマゾン(kindle版)はこちら

hontoはこちら

 

石田 純子(いしだじゅんこ):
スタイリスト。雑誌『装苑』編集部をへて独立。雑誌、TV、CM等のスタイリングを手がける。
ファッションアドバイザーとして、百貨店の研修やトークショーなど活躍の場も多数。
若作りでない、若々しいスタイリングに定評がある。

■石田さんのシリーズはこちら

vol.1

ベージュのパンツは老けて見える?【石田純子・大人スタイルの新常識】

vol.2

大人世代を救うファッション「白」の着こなし【石田純子・大人スタイルの新常識】 

vol.3

「シンプル&ベーシック」は45歳まで?大人世代コーデ【石田純子】

vol.4

1秒で見違えるほど着やせするたった1つのルール【石田純子】

vol.5

バッグはブランド品にこだわらない。ファッション小物のちから【石田純子】

vol.6

大人の服は  「Mサイズ」や「9号」にこだわらない【石田純子】

vol.7

着ない洋服は捨てる…が正解とは限らない?【スタイリスト石田純子の視点】

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

植松晃士 コレってどうなの? 実は痛い「おブス」な40代の夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏の小旅行の計画は立ててみたかしら? どこかに旅に出るとなると心も浮き立ちますよね~♪羽織ものの肩がけって、実は…!でも、今回…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

「シンプル&ベーシック」は45歳まで?大人世代コーデ【石田純子】

第3 章 私のコーディネートルール【石田純子・大人スタイルの新常識 法則17】「シンプルなコーディネートが一番」「ベーシックアイテムさえあれば大丈夫」そんな言葉をフ…

ベージュのパンツは老けて見える?【石田純子・大人スタイルの新常識】

最近何を着ても老けて見える気がする。いつも似たような無難アイテムを買い足してしまう。手持ちの服をどう組み合わせれば年齢相応の品が出るのかがわからない……そんなおし…

バッグはブランド品にこだわらない。ファッション小物のちから【石田純子】

第5章 ファッション小物のちからバッグはブランド品にこだわらない 【石田純子・大人スタイルの新常識 法則43】ブランドバッグのもつ高級感や品質のよさは貴重ですが、…

大人世代を救うファッション「白」の着こなし【石田純子・大人スタイルの新常識】

”「年をとると白が似合わなくなるのよね」とはよく聞く言葉ですが、白ほど大人世代を救ってくれる色もありません。顔回りにくる白は、肌年齢を10歳若返らせてくれますよ”。…

大人の服は 「Mサイズ」や「9号」にこだわらない【石田純子】

第6章買い物「Mサイズ」や「9号」にこだわらない 【石田純子・大人スタイルの新常識 法則50】サイズは、成績表ではありません。Mサイズだから優秀だとか、Lサイズは…

40代が「漢方」で無理せずキレイなカラダを目指すならお茶からスタート!【プレゼント】

露出が増えるこの季節、毎年ダイエットを思い立つけれど、なかなか結果が出にくいのが40代のカラダ。ダイエットが長続きしない、いまいち効果が出にくい、という人は「漢方」に注目してみるのはどうでしょう? 自然…

精神科医 奥平智之先生も提言!肉食はココロにも効く

肉食は糖質オフで美容と健康にいい。そして、ココロの不調にもすごくいいことが最近注目されています。キーワードは、“テケジョ”=鉄欠乏女子。なんと40代女性の約9割がテケジョ!  鉄欠乏がココロや体の不調に影響…

なんだか不調…に効くのは肉!タイプ別「おすすめ肉」部位

肉食は糖質オフで美容と健康にいい。そして、ココロの不調にもすごくいいことが最近注目されています。キーワードは、“テケジョ”=鉄欠乏女子。なんと40代女性の約9割がテケジョ!  鉄欠乏がココロや体の不調に影響…

ワキの「汗ジミ」スカートの「シワ」大丈夫? 気になる悩みを解消、3つの美人服

これからの季節、ワキの汗ジミ・汗が気になるからグレーの洋服が着られないなど汗の悩みは付き物…。そんな夏のファッションのお悩みを解決してくれるラインナップが、働く女性の味方であるブランド「FABIA」から登場…

とっておき野菜の作りおきレシピ「野菜の焼きびたし バルサミコソース」

冷蔵庫に野菜のお料理が何品かあると、安心。肉料理につけ合わせれば、見た目にも満足でカラダも喜びます。野菜の焼きびたし バルサミコソース(冷蔵で5日)熱々の野菜をバルサミコソースにとじ込めて材料(4〜6人分…

とっておき野菜の作りおきレシピ「フライドオニオン」

冷蔵庫に野菜のお料理が何品かあると、安心。肉料理につけ合わせれば、見た目にも満足でカラダも喜びます。フライドオニオン(冷蔵で3日)ステーキやハンバーグにつけ合わせたい、シンプルレシピ材料(作りやすい分…

田原俊彦さんに聞く【男の本音】グッとくる大人の女とは?

女性も可愛さとは「若さ」だけじゃない。大人の魅力=「完成度」というわけでもない。失うものと加わるもの、そして年齢に関係なく、その人自身に備わっている輝きとは⁉ 「僕は女性が大好きだから」と笑顔でストレー…

[PR]

とっておき野菜の作りおきレシピ「キャベツのコールスロー」

冷蔵庫に野菜のお料理が何品かあると、安心。肉料理につけ合わせれば、見た目にも満足でカラダも喜びます。コールスロー(冷蔵で5日)和にも洋にも対応する、覚えておきたい、定番の常備サラダ材料(作りやすい分量…

とっておき野菜の作りおきレシピ「雑穀と豆のマリネ」

冷蔵庫に野菜のお料理が何品かあると、安心。肉料理につけ合わせれば、見た目にも満足でカラダも喜びます。雑穀と豆のマリネ(冷蔵で5日)肉料理と相性◎。美容にも効果的材料(4〜6人分)雑穀ミックス …100gミックス…

とっておき野菜の作りおきレシピ「ひよこ豆のフムス」

冷蔵庫に野菜のお料理が何品かあると、安心。肉料理につけ合わせれば、見た目にも満足でカラダも喜びます。ひよこ豆のフムス(冷蔵で5日)ミキサーさえあれば本格的な仕上がりに材料(作りやすい分量)ひよこ豆缶 …1…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事