植松晃士 世にも恐ろしい! 夏の「おブス」あるあるにご用心!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。

前回は「愛嬌」のためのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューティ編です。「あれ? どんなお話だったっけ?」という方は、ぜひコチラ(『大人の夏ファッション、40代女性こそ〇〇が大事!』)をご覧あそばせ。

 

夏の女あるある① 999の車掌さん女

今や日差し(紫外線、UV)が、光老化といって、シワやシミ、たるみといった原因のひとつだということは周知の事実。とはいっても、40歳以上の方々って昔は絶対日焼けしてたよねぇ。そうでしょ?

 

というか、日焼け礼賛。学校の先生も「太陽の下で思いきり遊べ」と言ってたし、どれだけ日焼けしたかを競ったりしていたでしょ? 化粧品会社でさえ「日焼け=美しい」みたいなノリの時代がありました。しかも、日焼けして黒いほうがほっそり見えるなんてぐいぐい焼いて、今となってはひざ上のたるみとなって哀しい思いをしたりしてますけど(苦笑)。

 

そんな話はさておき、紫外線カットといえばお帽子、サングラス、手袋、サンバイザーでがっちり防止してます!という40代以上の女性の方々をたまにお見かけします。でも、あれってどうなの? まるで『銀河鉄道999』に出てきた車掌さん(分かる人は分かるかしら~)みたい! そこまでブロックしなくてもいいのでは?と思ってしまうんですが。だって、せっかくの夏をエンジョイできないでしょ。あるいは「ちょっと変わった方ね」という話のネタにされてしまいそう。

 

夏の女あるある② 湯上りヤンキーさん女

そんな怪しいナゾの女性になる人もいれば、夏になると現れるのがロングのマキシ丈ワンピースにおだんごヘア。湯上りなの? ヤンキーさんなの? もしかして湯上りのヤンキーさん? と、空想がめくるめくものになります(笑)。かなり目立ってるよね。もちろん、目立ちたい!というのがヤンキーさん気質なんですけど……。そういうファッションはリゾート地でしましょうね。とはいえ、せっかくの海外リゾートでもそういうファッションだと地元感が出てしまうけど……。

 

話がついファッションのほうにズレてしまいましたが、夏の紫外線防止はどうしたらいいかといえば、日傘も有効ですがお肌にはやっぱり日焼け止め! 「結局それ?」と言われそうですが(苦笑)、やっぱり365日、日焼け止めは塗りましょう!

 

「夏美人」は日焼け止め使いで決まる

しかも、顔だけ塗って終わりじゃないの。ボディはもちろん、うなじ、耳、車の運転をなさる方は腕や手の甲にも忘れずにのばしましょう。手袋やサンバイザーはトマトの収穫の時だけでいいのよ~。

 

UVカット力が強いものは白浮きするのが多いから嫌いという女性もいますが、今の時代、かなり技術が進んで白浮きしないものが増えています。もちろんナチュラル系なものになるとちょっと伸びが悪かったり、白っぽくなったりもしますが、肌にマイルドなものが多いので、どちらを取るかはご自分で選んでね。

 

おすすめのひとつ、オルビスの「サンスクリーン(R)スーパー

SPF50+でもスルスルと軽~く塗れて白浮きしません。

 

ボディのUVカットはスプレータイプが便利。シューッと全身に。

資生堂の「アネッサ パーフェクトUVスプレー アクアブースター

 

 

というか、白浮きするくらいが肌トーンが上がっていい!なんておっしゃるご婦人もいらっしゃいますけど、まわりから見ると首との色が違って「お面?」といった仕上がりになっているのでご用心!

 

夏メイクというか、40代以上の方のメイクとしては、お粉をはたきすぎないことも大切だと思います。サッとかけるくらいで。マットすぎると老けて見えちゃう。メイクをアップデイトできていない、と思われるから気をつけて。ツヤとテカリは曖昧よ! というか、むしろテカリがツヤっぽく見えていいかも(笑)。

 

植松流・夏美人メイクのコツ!

僕は、お仕事の時は、UVカットを塗ったあとは、リキッドファンデと乳液を混ぜて使ってます。しかも、顔全体には塗りません。色ムラなどカバーしたい頬あたりの三角ゾーンだけ。ここだけキレイに仕上げておけば、全体の印象がキレイなんです。それ以外は塗らないので、自然な立体感も演出できるから一石二鳥。

 

できれば、ワントーン濃い目のファンデと混ぜて使うといいんだけど、女性の心理としては「白いお肌」がいいんでしょうねぇ。その気持ちはわかるから強要しないけど、チークは夏こそブロンズ系、テラコッタ系にして季節感を出してみては? ブロンザーは化粧品ブランドにひとつくらいあるから、それをチーク代わりに使うの。頬の上、ひたい、あご先にちょんとつけるだけで日焼け風の顔が仕上がります♪

 

そんなにメイクを変えたくない!と思っているかもしれないけど、もしもご主人やパートナーがいつも同じレストランにしか連れて行ってくれなかったら、どう? ルーティンにムカつかない? ルーティンの罠に陥っちゃダメよ~。ご自分のお顔も、若々しく愛嬌ある表情を探しましょ!

 

では、また次回お会いしましょう★

 

■OTONASALONEただいまの人気記事は
【男の本音】心の中で「うわっ…ダサ」と思う夏のトレンドアイテム6選
貯まらないのは、スタバ通いが原因?活用したいスタバの3大裏ワザ!
プリンマニアが選ぶ、今だから食べたいコンビニ3大絶品プリン

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

【植松晃士】それがオバ見えの元! 40代が「やってはいけない」流行、「いい」流行

みなさん、こんにちは。植松晃士です。近頃は朝晩が少し涼しくなって、やっと過ごしやすくなってきましたね。そろそろ秋のお買い物をどうしようかな、なんて思っている頃ではないでしょうか。Everyday ビッグシルエ…

【植松晃士】夏のおブスにご用心! オバ見え回避の5つの法則

みなさん、こんにちは。植松晃士です。もうすぐ9月ですよね。うかうかしているとあっという間に夏が終わって、秋になっちゃう。本当に1年が短い~!いま必要なスキンケアって?そしてこの時期、夏の紫外線のダメー…

植松晃士 おブスです!この夏40代が「着てはいけない」3大ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。梅雨が明けたらいきなり夏が始まりましたね。時折、驚くほど蒸し暑い天気になったりして、本当に今年は何を着たらいいの?と迷っている方がたくさんいるんじゃないかと思います…

植松晃士 それお面⁉ 40代が「やってはいけない」夏メイク

みなさん、こんにちは。植松晃士です。夏休みはどうお過ごしになるご予定かしら。リゾート、ビーチに行くなら、前回話題になったロングワンピースをぜひご堪能あれ~♪夏になると必ず起こる事件さて。今回は夏になる…

植松晃士  それパジャマ⁉ 40代が「着てはいけない」夏ファッション

みなさん、こんにちは。植松晃士です。毎日むしむしと暑い! こんなに暑いと、どういうファッションにしたらいいのか、悩むところですよね~。この夏、ワンピ×ワイドパンツが流行中街でよく見かけるのが、ずるずる…

植松晃士が選ぶ!「ベストコスメ2019上半期」を発表します☆

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回、初対面による「好印象ファッション」をお届けしておりますが、今回はその美容編ともいえる「ベストコスメ2019上半期」です。ファッションでいい感じに仕上げることができ…

植松晃士 脱・おブス服! 誰でも「好印象」になれる2大ファッションキーワード

みなさん、こんにちは。植松晃士です。世の中が令和になって1カ月が過ぎ、生活も落ち着いてきた頃ではないでしょうか。新元号を迎えて新たな気持ちでスタートを切った方も多いかと思いますが、今回は初対面から「好…

植松晃士 マンネリおブスにご用心! 40代が「見直すべき」美の習慣

みなさん、こんにちは。植松晃士です。令和時代になって1カ月近く過ぎましたが、もう慣れましたか?「美しさ」で一番大切なのは!今回は美容のお話です。10連休の間に、せっせと美容に時間もお金もかけたという方も…

植松晃士 オバ見え回避! 40代が「捨てるべき服、持つべき服」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前代未聞の10連休をみなさん、どうお過ごしになりましたか? 海外に行かれた方、国内旅行を楽しんだ方、おうちでまったりしていた方それぞれでしょうけれど、平成から令和への…

植松晃士 もう挫折しない!新元号から始めたい「ダイエットの新ルール」とは?

みなさん、こんにちは。植松晃士です。あと1週間ほどで令和元年がスタートしますね。ということは、ゴールデンウィークが始まるってこと!みなさんは、ご予定はもう決まっているのでしょうか。僕は、美容ウィークに…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事