「温温」は「おんおん」ではありません。みんなが読めそうで読めない副詞3つ(前編)

2022.06.21 QUIZ

同じ漢字を二つ重ねて表す畳語(じょうご)。同じ言葉を似回繰り返すことで、より強い意味を表現するのです。今日は、普段よく使っている畳語を漢字にしてみたものを3つ紹介します。あなたは3問中何問読めるでしょうか。挑戦してみてください!

 

1・「温温」の読みは?

ここまで読んだあなたなら、漢字のイメージから想像して読めるはず!ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「温温」の意味は次の通り。

  • 気持ちよくあたたかい様子

例文「部屋の中が温温としてくる」

分かりましたか?

正解は……

例文

  • 部屋の中がぬくぬくとしてくる。

「温」は、ご存知の通り、温かいという意味の感じですね。ぬくい・ぬるいという意味もあります。二つ重なることで、より温かい感じを表すのですね。

 

次の問題:「遅遅」の読みは?

「おそおそ」? そうではありません。ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

▶▶次ページ:「遅遅」どう読む? 正解はこちら!

続きを読む

       

【アンケートにご協力ください】「更年期対策」って何にいくらかかりますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク