生活感が丸出しに…40代がやりがち「おばさん見え」3大NGベースメイク(後編)

<<前ページ

2:首元よりも明るい

 

首元よりも“白い”ベースメイクは厚化粧な印象を与え「オバサンっぽい!」を招くデンジャラスなメイクですが、首の色より明るすぎるトーンのベースも危険。

顔だけがパッと浮き上がってしまい、“がんばってメイクしてます感”が醸し出されやすいのです。

全体の印象としては年齢なりにエイジングが出ているのに「顔だけがピカピカ!」だと、すごくムリしている雰囲気に見えやすいんですよね。

ベースの色は、首よりも1トーン明るいくらいが、40代肌をオバ見えさせない限界です。

「若々しい仕上げに」と明るすぎる色みを塗ってしまっている女性もお見かけするのですが、“若見え”を狙うつもりが“オバ見え”になってしまう残念なメイクになりやすいのです。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク