アラフォーでも「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!(前編)

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。

メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相応のバサバサまつ毛は、どこかで“ムリしている感じ”が出てしまう。

「マツエクは好きだけど、必死な仕上がりにはしたくない!」と感じている40代女性の皆さん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は40代女性の美しさを引き出すマツエクオーダーのコツをお届けします。

 

長さを出せばいい!のは30代まで

 

マツエクは、もはや説明するまでもなく、自まつ毛に人工のまつ毛を付けてボリュームを出す技法。

それだけに、くすみやたるみが気になる加齢肌には、オーダーによっては不自然な仕上がりになりやすい面もあります。

せっかく時短美容を意識しても、痛々しさが出てしまえば本末転倒。“キレイ”を目指しているはずが、真逆の方向に突き進むことに。

【40代の時短美容】を意識するならば、自然に仕上がるオーダーを心得ておきましょう。

「とにかく長さが出ればいい」「本数は多いほどヨシ!」というのは、30代半ばくらいまでのマツエクオーダーだと思ったほうが確実です。

 

20代と40代ではベストなオーダーが違う!?

つい先日、OTONASALONE編集部では、40代の主婦サイト編集者と20代ファッションサイト編集者で、こんな会話が繰り広げられています。

「短めにとお願いしただけなので、長さはたぶん8ミリ?」

「短いですね!私は11,12,13でした」

「目の形にもよりますよ!目尻長くとか」

「どんな雰囲気になるの?」

「色っぽくなったりします!」

「私(48)がやってもイタくならないかなあ」

こんな会話の内容「そうそう、そこが知りたい!」と、心当たりがある40代女性も少なくないのではないでしょうか?

もともとの目の形が異なるのはもちろんですが、20代と40代では、目のくぼみ具合からお肌の質感までも違うために、美しさを引き出すオーダーは異なってしかり。

さて、40代のマツエクでは、どんなところに気をつければ……?

次ページ▶▶40代の痛くないマツエクオーダー、5つの原則

続きを読む

       

【アンケートにご協力ください】「更年期対策」って何にいくらかかりますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク