白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点(後編)

オススメヘアファンデーションをご紹介します。後編です。

<<前ページ:商品紹介

パリッとかたまらず自然な仕上がり

 

2カ月ほど美容室から遠ざかっていた私も使ってみました。

白髪がちらほら目立つBefore。

THROWのヘアコンシーラーを塗ったAfter。

 

セルフで撮影しているので、多少髪色に違いはありますが、白髪が隠れたのがわかると思います。根元の黒い部分も自然にカバーできるので、プリン状態からも脱出できました。

どれも見た目はファンデーションのようですが、練りチークのようなテクスチャー。粘度はあるけれど、のばすとサラッとした質感に変わります。ただし、つけすぎるとベタッとするので、少しずつ重ねたほうがよさそうです。

以前、液体タイプ(マスカラ)を試したことがありますが、髪がパリッとかたまってしまうのがちょっと…という感じでした。ヘアファンデーションはパリパリ感がなく、髪がゴワつかないのがいい。乾くまで待つ時間もないので時短でカバーできます。

 

使ってみての注意点としては・・・

1・乾いた髪につけること。整髪料をつけてからでは色がのりにくく、落ちてしまうので気をつけて。

2・汗や水に強く色落ちしにくいといっても、さわると手に色が多少つきます。髪をさわるクセがある人は特に注意が必要。塗ったあと、軽くティッシュオフするとよさそう。ファンデーションやヘアワックスもそうですが、いきなり大量につけるのはダメってことですよね。少しずつ塗って調整していくときれいに仕上がります。

3・毛先まで塗るのではなく、根元や短い白髪隠しに。毛先のほうまで塗ると衣服に色がついてしまう恐れも。

4・毛束を片手で抑えるか、軽く毛先をひっぱると塗りやすい

5・使った日は必ずシャンプーをしてから寝ること。寝具が汚れてしまいます。

 

白髪隠しはもちろんですが、根元のプリン状態もぼかすことができるのでサロンへ行くまでのつなぎとして使うのには便利なアイテムだなと思いました。

 

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク