40代「生活感がにじみ出ちゃう」ベースメイクの手抜きってどこから?

「時短でベースメイクを仕上げよう」と思いすぎてしまったのか、「とりあえず塗ってみました」的な仕上がりになっている女性のお肌もチラホラ見かけます。

40代の肌は“くすみ”や“たるみ”など多くのお悩みを抱えやすいからこそ、若い頃と同じベースメイクのままだと“老け見え”を招くメイクになっていることも。

これでは、せっかくメイクしたのに「スッピンよりも老けて見える!」という残念すぎるイメージを醸し出してしまいます。

今回は、生活感すら丸出しになりかねない、40代がやりがちな“老け見え3大NGベースメイク”をお話します。

 

1:粉っぽい

 

これからの時期は乾燥も気になるだけに、仕上げた直後には潤いが感じられても、時間の経過とともに粉っぽさが出やすくなります。

パッと見た瞬間に粉浮きしている40代肌の印象と言ったら、ネガティブなものがズラリなのは、悲しいけれど「言わずもがな」。

「あの人、生活に疲れているように見える」という男性陣の声も多々耳にしてきた私だけに、“粉浮き肌”は「老け見えの最たる特徴のひとつ」に認定します。

カサついた肌は、どこか貧相な印象も醸し出しますから、ベースのせいでスッピン以上に老け見え!なんて感想を招きやすいのです。

「若い頃から愛用しているファンデーションをアップデートしていない」など、エイジングに合わないファンデーションを使い続けていると、塗ってから時間が経つにつれお肌とベースが分離しやすい傾向も。

粉浮きさせないためには、年齢に適したアイテム選びもカギになります。

 

2:首元よりも顔が明るい

 

首元よりも“白い”ベースメイクは厚化粧な印象を与え「オバサンっぽい!」を招くデンジャラスなメイクですが、首の色より明るすぎるトーンのベースも危険。

顔だけがパッと浮き上がってしまい、“がんばってメイクしてます感”が醸し出されやすいのです。

全体の印象としては年齢なりにエイジングが出ているのに「顔だけがピカピカ!」だと、すごくムリしている雰囲気に見えやすいんですよね。

ベースの色は、首よりも1トーン明るいくらいが、40代肌を老け見えさせない限界です。

「若々しい仕上げに」と明るすぎる色みを塗ってしまっている女性もお見かけするのですが、“若見え”を狙うつもりが“老け見え”になってしまう残念なメイクになりやすいのです。

 

3:色が沈んでいてツヤがない

 

年齢を重ねるごとに、肌色が沈んできている女性も決して珍しくありません。

“くすみ”とはまた違う感覚で、これまでの歴史で浴びた紫外線が少しずつ吸着されているかのような“独特の暗さ”に、今まさに心当たりがある女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

黒っぽく変化した肌を自覚していると「肌色に合わせてファンデーションを選ぼう」と心がけ、やや沈んだカラーを手に取りたくなります。

しかし、これも老け見えしやすいベースの典型なのです。

とくに、沈んだ色みをマットに仕上げてしまうと、疲れ顔に見えたり病的な印象になったりとエイジングだけが際立つ肌に。

せっかくメイクをしてもみずみずしさが生まれず、老けた印象を周囲に与えやすくなります。

沈んだ色でベースを整えるときには、少しだけツヤ感を出したほうが40代の肌は美しく整います。

 

時短でベースメイクを整えようとすると、つい単色塗りでサッと仕上げたくなるもの。

しかし、40代の肌はどんなに時短したくとも“コントラスト”を入れたほうが若見えを狙えます。

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク