【読むヨガ】目覚めにベッドの中で。1日が清々しく過ごせる簡単ポーズ

2017.07.03 WELLNESS

ジットリとした湿気を感じる時期になり日本の夏らしさ到来ですね。梅雨から夏のジメジメ時期は革製品のカバンなどもカビ対策が必要なように、私達の心や身体もカビないようヨガで対策。オススメポーズでカラッと爽やかな気分を過ごしてみませんか?

スマホでこの記事を表示し、書かれている通りにゆっくり呼吸をすればOKです。

カラッと爽やかな夏を過ごす

雨降りで肩や足元が濡れて身体が冷える日もあれば、ジットリとした暑さでベタベタ汗になってしまうという不快な身体と心のスパイラルに陥りそうな夏の到来ですが、同じ環境にいても何故か軽やかな姿勢と爽やかな心持ちの方っていますよね?

きっとヨガで心身をメンテナンスしているのではないでしょうか。

季節を楽しみながら健やかに過ごせるコツをお伝えします。

息をゆっくりと吸いながら胸を大きく広げる深呼吸をしましょう。コツは胸の中心から大きなヒマワリの花が咲くイメージです。胸の萎縮や内臓圧迫を取り除き呼吸が楽になる事は自ずと気力が沸き、気持ちも軽く太陽のような明るい性格になります。

さらにヨガのポーズで心身共に効果を高めていきましょう。

気分が晴れるヨガポーズをご紹介

モデル:安藤けいこ

うつ伏せの姿勢から行うので就寝前後に行いやすく、ウツ気分を解消してグッスリ眠れます。朝の起床時に行うと1日が清清しく過ごせます。朝晩2回行う事をオススメします。

「コブラのポーズ」(ブジャンガ・アーサナ)

①うつ伏せになり、全身の力を抜いてゆっくりと深い呼吸します。

②両手のひらを胸の横の床に降ろします。肘を立て脇を閉めます。

③両足を揃え膝裏を伸ばします、足の甲を床に付けます。

④額も床に付けます。

⑤一度、ゆっくりと深呼吸をします。(しっかり息を吐ききる)

⑥次に吸う息で顔をゆっくりと上げます。目線は斜め上、もしくは閉じる。

⑦ゆっくりと上体を反り上げます。

⑧胸を前に突き出し、肩は後ろへ引きます。

⑨おヘソを床に押す力を利用しながら両手で床を押し、できる限り上体を最頂点へ。

⑩ゆっくり3~5回ほど呼吸します。約1分間。(注意:首、腰など1点に強い刺激が入らないようにする。)

⑪息を吐きながら、うつ伏せに戻ります。

⑫最後にうつ伏せのしかばねのポーズ(シャヴァアサナ)でくつろぎ休みます。

2、3回行うと徐々に脊椎全体と腰が気持ちよく伸びるのを感じることができるでしょう。

効果:消化力UP、肝臓強化、泌尿器病、姿勢矯正、腰痛緩和、デコルデ美人、2重アゴ解消、バスト&ヒップUP。

 

いかがでしたか?

ぜひ、心身ともに爽快感のあるヨガライフをお送りください!

 

安藤けいこさんの個人ワークショップが開催されます!
7月9日(日・満月) 大人の呼吸法 -夏の清涼編- 神奈川県鎌倉市 光明寺
詳細は、http://ptix.co/2rg4I2B まで!

 

 

■OTONASALONEただいまの人気記事■

 

 

ゲッ、むしろ大損してたかも?「意味なし」「勘違い」3大節約

平均貯金額や結婚年齢、平均体重…「オトナ女性の平均値」を調べてみた!

「ユニクロ白T」をオバサンの家着っぽくしないこなれコーデ

スポンサーリンク