#47結婚できない女はモトカレとの「〇〇〇」を考えがち?【40代編集長の婚活記】

40代で未婚、恋人いない歴8年の独女が婚活をしたらどうなるのか? OTONA SALONE編集長アサミ、現在45歳。昨年夏より婚活を始めたものの、男性と1回デートするだけで破綻するというまったく進歩のない状況が続いていた。そんなある日、10年ぶりにモトカレ(既婚・子持ち)から連絡がきて仕事の相談にのることに。何度か仕事の打ち合わせとして会っているうちに「実はいま、別居してるんだ」と告白され……。これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

「別居している」と聞いて

10年ぶりに再会してから2カ月あまりで5回も会っていたモトカレ。デートではない。あくまでも仕事の相談であり、打ち合わせだった。でも、「もし彼と別れていなければ」と心の片隅で考えなくはなかった。

それは、やっぱりモトカレと一緒にいる空気感が心地よかったから。

知り合ってからは15年以上、付き合っていた期間は5年くらい。結婚についても一緒に考えた相手だった。ただ、当時の私にとってはタイミングじゃなかったのだ。

嫌いで別れたわけではない。

イヤな別れ方をしたわけでもない。

結婚という形態と女性が家庭に入る願望が強かったモトカレと、結婚願望がなく仕事を続けたかった私との「人生観の違い」が埋められなかったのだ……あのときは。

なのに今さら、モトカレとの「タラレバ」を考えてしまっている。

 

モトカレは一番、居心地のいい異性?

別れてから10年がたった今。

結婚という形を取りたいかどうかはわからないけど(婚活中だが)、モトカレは私にとって「一緒にいて疲れない、気を使わない、素でいられる異性」であると、この2カ月の間で感じていた。それは婚活で出会った男性には感じられなかったこと。そして、モトカレ以外の元彼にも、感じなかったことだと思う。

ただ、このモトカレは結婚をしていて子供もいて、幸せな家庭で暮らしている。だからちゃんとブレーキがかけられていた。法に反することは私にはできないから。

しかし、別居していることを告げられ、私の心の中で何かがザワついた。

 

幸せな家庭を築いていると思っていたのに

モトカレ「実はさ、いま…………別居してるんだ」

アサミ「え……!?」

何を言ったらいいのかわからない、次の言葉が出てこない。しばらくの間、沈黙が続く。モトカレはグラスに目を落としたままだった。

アサミ「嘘でしょ?」

それしか言えなかった。

モトカレ「ホントだよ……。実はもう、1年くらいになる」

アサミ「そうなんだ……」

子供好きだったし、家庭を大事にしそうなタイプに思えたモトカレ。この間会ったときも子供の話をしていたから幸せな家庭を築いていると信じて疑わなかった。あの話がまさか、嘘だなんて。

アサミ「わかんないもんだよね、人って」

モトカレ「僕もこういう形になるとは思わなかった」

 

なぜモトカレは別居をしているのか

どうしてモトカレは別居しているんだろう。しかも、もう1年になるという。

アサミ「聞いていいのかな?」

モトカレ「なんでも」

アサミ「何が……原因なの?」

モトカレ「いろいろ……だね。ひと言じゃ表せない」

アサミ「そうよね」

モトカレ「あえて言葉にできるとしたら……居心地が悪くなったった……かな」

居心地……か。それは確かに大事なこと。居心地が悪い場所にいることほどツライことはないと思う。

そしてまた私の脳裏に、モトカレは私にとって「一緒にいて疲れない、気を使わない、素でいられる異性」であること、つまり居心地がいい相手に感じていたことを思い出していた。

いけない。ダメだよね、こんなことを考えちゃ。

 

 

 

結婚ってやっぱりめんどくさい⁉

アサミ「別居って言ってたけど、どっちが家を出たの?」

モトカレ「僕。子供の学校のこともあるし」

モトカレの子供は2人いて、どちらも小学生だと言っていた。確かに学校があると引っ越ししにくいものね。

アサミ「久しぶりの一人暮らしは……どうなの?」

モトカレ「大変だし、さみしい」

アサミ「何それ。じゃ、戻ればいいじゃん」

モトカレ「それももう、難しいと思う」

ため息交じりにそう言った。

一人でいるのはさみしいけれど、家族のもとへ戻るのは難しいって……めんどくさいな。そういう話を聞くと、やっぱり結婚について後ろ向きになってしまう。めんどくさいことが苦手な私。

 

 

モトカレはどうするつもり?

別居生活はさみしいくせに戻らない理由を「どうして?」って聞きたくなったけれど、その言葉は飲み込んだ。

それぞれの家庭の事情は、他人に理解できるものではないと思ったから。

アサミ「どうするの? これから」

モトカレ「何が?」

アサミ「別居生活のことよ」

モトカレ「どうしたらいいかな」

アサミ「私に聞かれても困るんですけど」

モトカレ「そうだよね(笑)」

アサミ「会ってないの? 奥さんと」

モトカレ「1カ月前に会って話し合った」

アサミ「別居を解消しようって?」

モトカレ「ううん。離婚の話」

 

離婚を考えているというモトカレ

別居中と聞いたときから予想はしていた発言。まぁ、だいたいそうでしょうね。

アサミ「離婚しようと思ってるの?」

モトカレ「うん。でも彼女がイヤがってる」

アサミ「あなたは離婚したいんだ」

モトカレ「ずっと悩んでたけど、最近気持ちが固まった」

アサミ「そう」

モトカレ「再会して、気持ちが固まったんだ」

アサミ「え、私と?」

モトカレ「うん……。やっぱりわかったんだ。一番、居心地がいいんだよね」

何それ、なんてこと言ってくれちゃってるの。やめてよ、婚活中の私にそんなこと言うの。

モトカレ「だからさ……婚活やめてくれないかな?」

 

【離婚を考えているモトカレに「婚活をやめてほしい」と言われて……】

 

 

【続きはコチラ】

「モトカレ」の離婚を聞いた、彼氏ナシの独女の行動は?【40代編集長の婚活記#48】

【前回はコチラ】

恋愛ベタな独女が、婚活で出会う男性とうまくいかない理由【40代編集長の婚活記#46】

 

 

※まとめて読みたいかたはコチラ

40代編集長の婚活記 記事まとめ

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

台湾おひとりさまご飯にオススメ! 地元民も愛する美味しいグルメ3選

台湾は言わずと知れたグルメ天国。なかでも、台湾きっての大都市・台北には、美味しいものの宝庫。高級の台湾料理から、夜市でおなじみの屋台飯、日本でもすっかりおなじみ…

肉食でキレイに!おひとりさまOKの肉グルメ5選+α

ここ数年、赤身を中心に「肉」ブームが続いていますね。40代になってますますキレイな人の共通点、それは「肉食」です。今回は大人の女性におすすめの「肉」レストランと、…

台湾グルメを東京で!わざわざ行きたい二子新地「麺線屋フォルモサ」

今回実は記念すべき連載50回目!ここまで続いたのもいつも読んでくださるあなたのおかげです!!!(本当です!!!)さて、そんなことから新しい試みを始めます。いつも連…

「トリュフ」「キャビア」ランチ&ディナーがこのお値段?大人の新店3店

リーズナブルなご飯はやっぱり魅力だし、コンビニ飯やレトルトも著しく進化しています。世の中にはおいしいものがあふれていますが、特別な日や自分を励ましたいときなどな…

台湾好きは「蔵前」にGO!台北の大稲埕っぽいtea&gallery『台感』

台湾マニアのイラストレーター・佐々木千絵さんの台湾連載「台湾グルメin東京」。4回めは蔵前です!#1二子新地「麺線屋フォルモサ」#2表参道「ふーみん」#3下北沢「…

表参道でザーサイ食べ放題?超穴場な小原流会館「ふーみん」

台湾マニアのイラストレーター・佐々木千絵さんの台湾連載、「東京近郊で台湾グルメ」2回めです。前回の「麺線屋フォルモサ」はこちら。今回はレシピ本も出ているほどの有…

コスパ最強!東京で「台湾そのまま味わいたい」なら下北沢・新台北

台湾マニアのイラストレーター・佐々木千絵さんの台湾連載、「台湾グルメin東京」3回めは下北沢!#1二子新地「麺線屋フォルモサ」#2表参道「ふーみん」#3下北沢「新…

クリぼっちを楽しむ!キュートな「1人前ケーキ」はいかが?

クリスマス? なにそれ関係ないし。12月24日は単なる普通の日曜日でしょ?……そんな方も決して少なくないと思います。でもまあ、せっかく周りが盛り上がっているのなら、便…

フード専門ライターが振り返る2017ヘルシーアイテム

「ポーチの中身拝見!」は、昔から女性誌の人気企画。他の人がどんなものを持っているのか、ちょっと見てみたい心理、わかります、わかります。では、オトナの女性のバッグ…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

#94 婚活疲れした独女の「運命の出会い」はバーにあり⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートしてから1年9カ月。6人の男性とデートしても恋人すらできない、OTONA SALONE編集長アサミ・46歳。婚活パーティや婚活アプリを続ける日々に疲れ……いわゆる婚活疲れに陥った。「自然な出会いをし…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

#89 婚活1年8カ月で感じた「独女の不安」とは?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は厳しい道のりだと聞いてはいたけれど、まさかこんなにも大変だとは……。44歳の夏に婚活を始めて1年8カ月。ついに46歳を迎えたOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活アプリで出会ったシングルファーザーの男性…

西島秀俊さんはどっち派? オトナの男の「家飲みスタイル」を聞いてみた

「できるものなら一緒に家飲みをしてほしい!」 そんなオトナの俳優といえば、西島秀俊さん。キリンビールから新しく発売されたストロングチューハイ「キリン・ザ・ストロング」イメージキャラクター&CM発表会が4…

#88 「この人、なんか違う」と婚活相手に感じたワケ【40代編集長の婚活記】

44歳で婚活を始めて1年半。6人の男性とデートするも、いまだお付き合いすら始まったことのないOTONA SALONE編集長アサミ(45歳・未婚・独身・恋人いない歴8年以上)。婚活アプリで知り合ったメガネさん(45歳)に好…

仕事を辞めたいけど「辞められない」ときに、私が考えたこと

どんなに仕事が好きな人でも、一度は仕事が嫌になったり辞めたいと思ったことがあるでしょう。特に、意にそぐわない異動や配属を経験したときはなおさら。ですが「仕事を辞めたい」と思っても、簡単に辞められない事…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FOODに関する最新記事