ラストは感動のフィナーレ!? 2回目デートは恋の予感?【40代からの婚活記#321】

2022.09.28 LOVE

40代の婚活は、豊かな人生経験の宝庫。44歳の夏から婚活を始めたOTONA SALONE編集部長・アサミ、婚活歴ついに6年1カ月! これまでに100人以上の男性と出会ってきた。

50歳になったので、微妙にタイトルを【40代からの婚活記】とアップデート。誠実そうな相手・マジメさんに出会って……。この話は50代独身女性が「実名+顔出し」で書いている、婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。そして今回がひとまず「最終回」!

▶▶「40代からの婚活記」の1話目はコチラ

【40代からの婚活記#321】

 

初めてのドキドキ!?

映画館の座席についた。初デートでは向い合せで座ったので、隣同士となるとマジメさんとはいままでで一番、距離が近い。なんだかちょっとドキドキする。彼に対しては初めてのドキドキ!?

ドキドキするってことは、マジメさんにときめき始めたのかな?

ホッとする、安心するけれどなんだかときめかない気がしていたマジメさん。いい人だと思うし、彼にときめけたらいいのにななんて思っていた。

そしたらもう、あの人のことも、過去のつらい恋愛のことも、忘れられそうな気がする……。

 

マジメさんなら、払拭できるかも!?

ときめくけど、不安がある男性。

いい人だけど、ときめかない男性。

もし恋愛する相手と結婚する相手が違うというなら、前者が恋愛対象で、後者が結婚対象というのだろう。マジメさんは後者。そしていまでも忘れられていないジェントルさんは前者。

だけど、いい人で、ときめけたら最高じゃないの!

隣同士になってこんなにドキドキしてるってことは、マジメさんはいい人かつときめく男性になりつつあるってことよね。

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集部長 浅見悦子

スポンサーリンク

スポンサーリンク