#48「モトカレ」の離婚を聞いた、彼氏ナシの独女の行動は?【40代編集長の婚活記】

この数年「一生、独身かもしれない」と思っていた40代・未婚のOTONA SALONE編集長アサミが「一回くらいしてみるか」と婚活をスタート。

婚活パーティへの参加やデートを繰り返したものの、まったくうまくいかない。いわゆる「婚活疲れ」に陥っている婚活を休んでいる間に、10年以上前のモトカレと再会。既婚・子持ちのモトカレと仕事の相談で会っていたところ、別居中であること、離婚を考えていることを告げられ……。これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

感情にブレーキをかけていたけれど

モトカレと再会してから気づいていた。彼は私にとって「一緒にいて疲れない、気を使わない、素でいられる異性」であるということ。だけど既婚者であることと、一度壊れてしまったものは元には戻らないという考えから、自分に感情にちゃんとブレーキをかけられていた。けれど。

アサミ「離婚しようと思ってるの?」

モトカレ「ずっと悩んでたけど、最近気持ちが固まった」

アサミ「そう」

モトカレ「再会して、気持ちが固まったんだ」

アサミ「え、私と?」

モトカレ「うん……。やっぱりわかったんだ。一番、居心地がいいんだよね」

 

「居心地がいい」と言われて

なんてことを言うの。それ、私が思っていたけど口にしないでいたことじゃない。困るよ、そんなこと言われたら。

モトカレ「だからさ……婚活やめてくれないかな?」

婚活をやめてくれ? なんで? そう言うってことは……。いや、先走らないようにしよう。冷静に、冷静にならないと。

アサミ「それは……私が婚活に向いてないから?」

モトカレ「それもあるけど」

アサミ「けど?」

モトカレ「もう……婚活、疲れたでしょ」

アサミ「そりゃ、今はちょっと婚活疲れで休んでるけど、やめるとは決めてないよ。まだ1年も経ってないし」

モトカレ「じゃ、どうしたらやめる?」

アサミ「いい相手が見つかるか、一生独身を決意するか、婚活そのものに飽きるか……かな」

モトカレ「いつまでに決めるの?」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事