「安定の黒ダウン」こそ老けて見える!オバ見え回避のダウンの着こなし(前編)

寒さをしのぐレスキューアイテム、ダウンコート。今のダウンコートは10年前に比べれば、はるかにデザイン性に長けたアイテムがたくさん出回っていますよね。しかし、どんなにダウンコート単体がオシャレであっても、それを着こなすテクニックが伴っていなければアイテムに頼りきれません。そこで今回は、ダウンコートがオバ見えしやすいポイントとオバ見えを回避するコーディネート事例をご紹介します。

 

これぞオバ見え!ダウンコートコーデ

安定の黒を選んだダウンコートのコーディネートは実は失敗しやすいというのをご存知でしょうか?というのも、多くの方はアウターが黒ならばインナーも黒やグレー、ネイビーといった暗い色でまとめてしまいがちです。ボトムは大体デニムを合わせることが多いことからグレーのニットが相場……という安定オブ安定コーデのできあがりです。

これだと体型や頭身バランスにものを言わせない限りオシャ見えしにくいのですね。ユニクロのイメージモデルさながらのスタイルがある方はきっとこの安定コーデでもオシャれに見えることでしょう。

また、今年も引き続いて人気のあるビッグシルエットですが、ダウンコートでビッグシルエットを取り入れてしまうと意外に危険!ただでさえボリューミィなダウンコートが体に覆いかぶさるとボリュームオーバー。ごくたまにですが、布団かぶってるように見えるくらいオーバーサイズな方も見かけますね。布団とまではいかずともザ・ベンチコートというくらいのロング丈にワイドパンツはどうしても野暮ったさを印象づけてしまいます。

次のページ▶▶じゃあ、どんなダウンなら素敵に見えるの?

 

続きを読む

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
ファッションライター 角佑宇子

スポンサーリンク

スポンサーリンク