「怒る」ことのメリットは? 怒らないほうがいいと思う2つの理由

国会議員の豊田真由子氏が秘書に「このハゲーーーーー!!!」と罵倒した事件は記憶に新しい。あのような罵詈雑言は言わないまでも、人に対して怒ったり、イライラしたりすることは大人になれば誰にでもあることだと思う。でも、怒ることで何かいいことあるんだろうか? ある時期を境にそう感じている。

 

自由な部下に囲まれて

ギャル雑誌の編集長をしているとき、周囲から言われたことがある。「あまり怒らないですよね」、と。

編集部はなかなか自由なメンバーが多く、原稿や提出物の〆切を守らない者、会議や打ち合わせに遅刻してくる者、〆切なのに勝手に帰っちゃう者、連絡が取れなくなる者、強引に自分の都合に合わせさせる者……。なかなかの強者ぞろいだった。私がなめられていただけかもしれないが(苦笑)。

確かに、声を荒げて怒ったりすることはあまりなかったと思う。だから周囲からみれば「怒らない」という印象を抱くのかもしれない。もちろん、まったく注意をしなかったわけでも、叱らなかったわけでも、イライラしていなかったわけでもないのだけれど。

私が部下に対して、あまり怒らなかった理由は、大きくわけて2つある。

 

理由の1つは「反面教師」

怒らない理由の1つは、「反面教師」である。

自分が編集長になるまでに8人の編集長のもとで仕事をした。各編集長とも部下の指導法や注意の仕方はさまざまだったが、中にはものすごく声を荒げて感情的に怒る編集長がいた。

その編集長は部下を厳しい言葉で罵倒したり、モノを投げたり、提出物を破ったり、場合によっては徹底的に無視したりすることもあった。今、このように部下を指導していたらパワハラで訴られてもおかしくないだろう。そして、冒頭の豊田真由子議員とあまり変わらないレベルかもしれない。

当時20代だった私もいろいろな言葉で罵倒されたが、もっとも衝撃だったのは差別用語を言われたこと。「こんなページしか作れないんだったら、“か〇わ”になるよ!!!」と言われた。これを言われたのはコンテ会議という、雑誌のページをどんな内容にしてどう見せるかの構成を打ち合わせていたとき。私のコンテがどんなにひどいものだったかは記憶にないが、たとえ出来が悪かったとしても、仕事の指導をするときにそのような言葉の選びはいかがなものか……と人格を疑った。

 

精神的に追い詰められた人もいる

ひどい言葉で罵倒された部下は私だけではなく、その人の部下になった半数以上の人間が言われていた(言われない人もいた)。実はそれによって精神的に追い詰められ、休職した人、退職した人もいる。

そんな上司をみて、中には「編集長たるもの部下には厳しく」と思った人もいるかもしれないが、私はこう思った「ああいう人にはなりたくない」と。高圧的な人だし、周囲の人は気を使うようになるし、ヒステリックで怖い人だと思われる。もしかしたらそういう人間になりたいタイプのかたもいるのかもしれないが、少なくとも私は憧れなかった。声を荒げて怒る編集長が反面教師となって、自分は怒らない人になろうと思った。

 

2つ目の理由は「もったいない」から

もう1つは、自分のエネルギー消費が「もったいない」と思ったからである。

怒る上司をみて「ああはなるまい」と思っていたし、実行していたつもりだけれど、まったく後輩や部下を注意をしなかったわけではない。そして時には少し興奮して叱っていたときもあった。

でも、その後はいつもイヤな気持ちになっていた。後輩や部下を叱ったり注意したりする「自分自身」がイヤだった。

叱ったり注意したりする行為は、実はものすごく感情的エネルギーを消費することだと思う。しかもマイナス方向の……。誰かを注意したあとは、注意された人間が精神的ダメージを負うのはもちろんだが、注意した人間も精神的に疲労する。少なくとも私は、その行為をした自分がイヤになり、疲れてしまうことが多かった。

 

怒ることは自分自身にダメージ

叱ったりしてイライラした感情を持つことは、相手に少なからず精神的ダメージを与えてしまうだけでなく、自分にとってもマイナスで、エネルギーを消耗する行為は、何もいいことがないなと思うようになった。だからよっぽどのことではない限り、叱ったりイライラしたりしないことにした。

叱ることがあるとすれば、愛情をもって育てたいと思う部下だけにした。その人をもっと育てたい、いい仕事ができる編集者になってほしいと思う相手だけには、どうしても言うべきときだけ叱った。もちろん感情的になって声を荒げるのではなく、できるだけ冷静に、そしてできるだけ短時間で注意した。

逆に、そう思わない相手には、基本的に注意しないし、たとえすることがあってもシンプルに「以後、気を付けてください」とだけにした。

 

怒る行為にプラス効果が見つからない

「怒る」「イライラする」という感情は、相手にとってだけでなく、自分にとってもプラスなことはない。むしろマイナスなことだと私は思った。怒ることのプラス効果が自分にとって見つけられなかった。

誰にとっても1日は24時間しかなく、その限られた時間をどういう感情で過ごすのか。人生は一度きり。私は同じ24時間を過ごすなら、できるだけ楽しいという気持ちで過ごす時間を長くしたい。簡単にいえば怒っているエネルギーも時間ももったいない!

もちろんイラッとすることはある。でも「感情的な人になりたくないな」「自分のエネルギーがもったいない」と思って、その感情を長続きさせないようにしている。アンガーマネジメントという、怒りのコントロールをするといった理論も話題になっているが、そんなに難しいことでなく、ただ単に怒ることにはあんまりいいことはない気がする。

「反面教師」と、自分のエネルギーと時間が「もったいない」、私があまり怒らない理由はこの2つにある。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「注意する」「やめさせる」、言いにくいことを上手く伝える3つのコツ

部下の遅刻、同僚のミス、いつも気になる上司のあのクセ……、まあいいや、こちらがフォローすればいいこと、我慢すればいいことと問題を先送りにしていると、いつの間にか事…

アリ?それともナシ? 「LINEで会社休みます」問題について

「LINEで『会社休みます』って部下から連絡きたんだけど、どう思う?」 今年の春から管理職になった女友達から相談されました。業種はアパレルで、比較的自由な社風ではあ…

40代が使うと痛い3大クチグセ「○○」「すごく」「あと」

40代ともなれば、世間的にも社会的にもしっかり模範となる立場の年齢。いつまでも若々しくありたいという気持ちは大切ですが、若いときと違い「責任」が出てきます。プライ…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソ…

育休明けママ社員のフォローで不満が爆発? 逆マタハラ問題について考える

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げ、女性が働きやすい環境を作り上げようとしている日本政府。対象としているのは、“すべての女性”です。しかし、「保育園落ちた、日…

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

もしも身近な同僚が亡くなったら。住職が伝えたい3つのこと。

「密葬」「家族葬」など、葬儀の形態が変化しています。同じ会社に勤める方が亡くなっても、「家族葬にするのでお手伝いも参列も不要です」、ということもあるでしょう。こ…

40代になって「時間の使い方」を変えたら、よくなった5つのこと 

社会人になって20年余りが経つが、最近改めて、新入社員のころ上司に言われた言葉が強く心に響いている。そのひとつが「太陽とともに生きなさい」。出版社に入社して最初に…

頼み事上手な女性の魔法の言葉「すみませんが」→「○○ですが」

「すみませんが、ここにお名前を記入していただけませんか」「すみませんが、どちら様でしょうか」「すみませんが、それは出来かねます」。「すみませんが」はとても便利な…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

#94 婚活疲れした独女の「運命の出会い」はバーにあり⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートしてから1年9カ月。6人の男性とデートしても恋人すらできない、OTONA SALONE編集長アサミ・46歳。婚活パーティや婚活アプリを続ける日々に疲れ……いわゆる婚活疲れに陥った。「自然な出会いをし…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

#89 婚活1年8カ月で感じた「独女の不安」とは?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は厳しい道のりだと聞いてはいたけれど、まさかこんなにも大変だとは……。44歳の夏に婚活を始めて1年8カ月。ついに46歳を迎えたOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活アプリで出会ったシングルファーザーの男性…

西島秀俊さんはどっち派? オトナの男の「家飲みスタイル」を聞いてみた

「できるものなら一緒に家飲みをしてほしい!」 そんなオトナの俳優といえば、西島秀俊さん。キリンビールから新しく発売されたストロングチューハイ「キリン・ザ・ストロング」イメージキャラクター&CM発表会が4…

#88 「この人、なんか違う」と婚活相手に感じたワケ【40代編集長の婚活記】

44歳で婚活を始めて1年半。6人の男性とデートするも、いまだお付き合いすら始まったことのないOTONA SALONE編集長アサミ(45歳・未婚・独身・恋人いない歴8年以上)。婚活アプリで知り合ったメガネさん(45歳)に好…

仕事を辞めたいけど「辞められない」ときに、私が考えたこと

どんなに仕事が好きな人でも、一度は仕事が嫌になったり辞めたいと思ったことがあるでしょう。特に、意にそぐわない異動や配属を経験したときはなおさら。ですが「仕事を辞めたい」と思っても、簡単に辞められない事…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事