たっぷりとお月さまの光、嬉しい。満月たまごのガレット【満月珈琲店のレシピ帖#8】

2023.01.04 FOOD

「満月珈琲店」をご存じですか?

訪れた人の疲れを癒やす、とっておきのスイーツ、フード、ドリンクを提供するこの幻想的なお店は、SNSの中につくりだされた理想の幻想世界。

見ているだけで心が浄化される満月珈琲店のメニューを、イラストと実際の写真で完全再現したレシピ集が登場しました。2022年レシピ本大賞(お菓子部門)を受賞。

ひとくち、口に運ぶだけで、心も身体も優しく包み込んでくれるレシピたちを、大切に大切に、1つずつご紹介します。

気分が沈んでいる家族や友人のため、少し心が疲れているなぁと感じているご自身のために、どうぞお役立てくださいね。

#8 満月たまごのガレット

満月たまごのガレット レシピ

月の光をたっぷり浴びた鶏が産む「満月たまご」を使ったガレットです。
カリッと焼いたベーコン、よく味の染み込んだホウレン草と一緒にお召し上がりください。

■材料
【ガレット生地】
(直径30cmフライパンを使用3枚分)
【A】
ソバ粉・・・・・115g
片栗粉・・・・・10g

卵50g・・・・・(Mサイズ1個分)

【B】
ハチミツ・・・・・10g
塩(自然海塩)・・・・・1g
水・・・・・200㎖

有塩バター・・・・・15g
ビール(常温)・・・・・100㎖

【具材】(1枚につき)
卵・・・・・1個
ベーコン・・・・・2枚
ホウレン草・・・・・1.5輪
ピザチーズ・・・・・ひとつかみ
有塩バター・・・・・1片
ナツメグパウダー・・・・・適量
塩・・・・・適量
こしょう・・・・・適量

【マヨネーズソース】
マヨネーズ・・・・・大さじ2
レモン果汁・・・・・小さじ1
ハチミツ・・・・・小さじ1/2
水・・・・・小さじ1

あらびき黒こしょう・・・・・適量

■作り方
【ガレット生地】
1 Aをボウルに入れ、泡立て器でさっと混ぜ、中心にくぼみをつける。
2 卵を溶きほぐし、Bを加え混ぜたら、こしながら1のくぼみに流す。
3 泡立て器で中心をやさしく混ぜ、周りの粉をひきこむように混ぜていく。
4 バターを器に入れラップをし、レンジで30~40秒溶かし、3に加え混ぜる。
5 ビールを静かにそそぎ、混ぜる。ラップをして冷蔵庫で一晩寝かせる。

【ガレット】
準備
・ベーコンの1枚は半分の長さに切り、もう1枚は5mm幅に切る。5mm幅の方はフライパンでカリカリに炒める
・ホウレン草は水につけ、アク抜きをして水気をふき、3~4cmに切る。ベーコンを炒めたフライパンにバター(1片)とホウレン草を入れ、さっと炒める。
・ナツメグパウダー、塩、こしょうで味を調える
・ガレット生地を常温に戻す

1 フライパンをやや強火でしっかり熱したら、側面までバター(分量外、適量)を薄く敷き、よく混ぜた生地を1/3量流し、手早くフライパンを回し広げる。
※生地は下に沈殿するので、焼く直前につど混ぜる
2 中火にして、生地表面が軽くかわいてきたら卵を中心に割り入れ、ナイフなどで白身を広げ、火をやや弱くする。
3 チーズをちらし、半分に切ったベーコン、ホウレン草の半量をのせ、フタをして焼く。
4 チーズが溶け、卵にほどよく火が通りはじめたらフタを外し、弱火にしてフライパンを動かしながら、フチまでしっかり焼きフライ返しでフチ4辺を内側に折り曲げる。
5 ホウレン草の残りと、炒めたベーコンをちらし皿に移す。材料をよく混ぜたソースをかけ、あらびき黒こしょうをふりかける。

※フライパンの材質、厚みにより火加減を調整してください(本書では鉄のフライパンを使用)。

 

 

 

もっとレシピをご覧になりたい方へ

いかがでしょうか。このやさしくミステリアスなイラストレーションの世界に、疲れたココロがほぐされた、ふんわりと包まれた…。そんな感想をお持ちになったら、他にも「シリウスのレアチーズケーキ」「いて座のりんご飴」など大絶賛の18レシピが再現された、幻想的なレシピ帖をぜひお手元に。

『満月珈琲店のレシピ帳』桜田千尋・著 1,540円(10%税込)/主婦の友社

AMAZON

 

       

【編集部からアンケート】更年期の「サイン」、あなたは何で気づきましたか?
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク