【ないわぁ~】実際に元カレに言われた「浮気の言い訳」3つ

スポンサーリンク

 

浮気がバレたとき、いろいろと言い訳する男性は多いですが、中にはあり得ないような内容を口にする人もいます。

「え、それ信じると本気で思ってるの・・・?」

40代独女が出くわした、「ないわぁ~」となってしまう「実際にあった浮気の言い訳」をご紹介します!

 

「彼女、実は腹違いの妹でさ!」

何をしているかわからない時間の多い男は、裏でこっそり別の女と会っている可能性があるって痛感した私のケース。40歳の彼氏は、以前から連絡のつかないときが頻繁に、しかも同じ時間帯で続いてました。

ある日、会社帰りに飲んでいたら若い女性を連れている彼氏とバッタリ。私のことを「仕事先の知り合い」と女性に紹介して「え?」となったけど、その場を離れてすぐにかかってきた電話で「実はあの子腹違いの妹でさ!」って・・・。腕組んでお揃いのブレスレットをするきょうだいがいるか!そのまま別れました。

ちなみに、この男は「ジョギングしてるんだよ」と私に説明していて、バッタリ会った日もその直前に「いま○○を走ってるとこ」とLINEが届いてました。連れていた女性と私を二股かけていたのですが、私と別れた後でこの女性と付き合い始め、私と共通の知り合いには女性のことを「以前から狙っていたんだ~」と話していました。・・・「腹違いの妹」という設定はどこにいったの? 結局、その女性とも数ヶ月で別れたそうです。(40歳/事務)

 

こんな誠意のない男、さっさと別れて正解かも。

 

「あ、その日は両親の誕生日だから」

私の場合は、「嘘」と「繋ぎの付き合い」がわかって二重にショックを受けたケース。付き合い始めたばかりだった36歳の元カレをお盆の長期休みに旅行に誘って計画を立てていたんだけど、土壇場になって『その日は両親の誕生日だから』とドタキャンされました。

え、ご両親同じ誕生日なの?と思って同じサークルの知り合いだった彼の妹さんに確認すると、まったく違う日であることが判明。その日は元カノから海に誘われていたようで、後日妹さんから報告を受けてガックリしました。私と自分の妹がつながっていたことを知らなかった元カレは、妹さんに元カノと行った海の写真などたくさんの「証拠」を見せていました。

「両親が同じ誕生日」というのはあり得ないことではないけれど、ドタキャンの理由にするには無理のある設定。交際が続けばいつかバレることなのに、もともと私とは短い付き合いしか考えていなかったのかも、と思うとそれもショックで・・・。

私は元カノとよりを戻すまでの繋ぎだったようです・・・。(35歳/サービス業)

 

 

自分から捨ててやれ、そんな男。

 

「酔っ払ったら別の人格が目を覚ますんだ」

 

 

こっちが信じると本気で思っているなら、バカにされた気分になる言い訳をしてきたのは私のケース。女好きでいつも浮気の疑いが耐えなかった42歳の元カレは、いつも私に嘘をついて女性のいる飲み会などに参加していました。その日も、「職場の飲み会」と私に言った先で向かったのは合コン。

後日、デート中に彼がトイレに立ったとき、テーブルに置かれたスマホに通知が。目をやると「○○日はありがとう。またあそこのホテル連れていって」という知らない女性からのLINEが表示されていました。

トイレから戻ってきた彼に問い詰めると、「酔っ払ったら別の人格が目を覚ますんだ。俺じゃない」という何とも間抜けな言葉が飛び出してきて、一気に恋心が冷めました。内容もひどいけどいい年こいてまともに謝罪もできないなんて、これじゃ浮気グセも一生治らないだろうなと思いました。

別れ話を切り出すと必死に引き留めてきたけど、「また別の人格が出てくると困るから」と言うと黙る元カレ。こんな男、要らん。(45歳/販売)

 

 

・・・何人いるのか知らんけど、とにかく要らんわ。

 

 

浮気がバレたとき、潔く謝る男性はどれくらいいるのでしょうか。

すぐ謝る方が事態はずっと早く収まるかもしれないのに、とにかく「責められたくない」気持ちが強い男性は、苦しい言い訳を考えてでもその場を乗り切ろうとします。

嘘を見抜く力は女性の方が強いもの、不誠実な男性はさっさと別れるのが時間の無駄を防げますね。

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ひろたかおりの最新記事

LOVEに関する最新記事