「ゲッ…(オバさん)!」ついやってしまいがちな恐怖の老け見えコーデ4選

スポンサーリンク

毎日30℃を超える、蒸し暑い日が続いています。ついつい着心地の良さや涼しさを優先してしまい、ウエストゴムのボトムや一枚ワンピなど、楽ちん服ばかりになってしまうという人も多いのでは? 40代の着こなしにプチプラはOKでも、緊張感のないゆるコーデはNGなんです。一気に老け見えを加速する、真夏の痛コーデ4選をご紹介します!

 

①カップ付きワンピース

一枚で着られて、涼しさも手軽さもバツグンのカップ付きワンピ。オフの日はこればっかり、という人も多いのでは? 緊張感のないゆるワンピはボディラインが変わっても気付きづらく、夏が終わる頃には体型がすっかり緩んでしまった、なんて危険性も。さらに中途半端な袖丈で二の腕が太く見えます。さらにグレーは汗も目立つので、せめてネイビーなど濃色を選ぶか、ボーダーやストライプを選んで。

 

②柄トップス×白デニム

涼しげな白ボトムが活躍する夏ですが、合わせるトップスしだいでは一気に老け見えしてしまう可能性があるので要注意。一見万能でどんなトップスにも合わせやすそうですが、エスニック調のカラフルな柄や小花柄の短めノースリーブトップスは危険度大! 二の腕やぽっこりお腹が目立ち、ひと昔前のトレンドを引きずった感も相乗効果となって、見た目年齢を上げてしまう結果に。

 

③ゆるTシャツ×ガウチョパンツ

今のトレンドでもあるボリュームボトムさえ着ていれば間違いない、と思っている人も多いかもしれませんが、さらにウエストや二の腕をカバーするため長め袖、ゆったり身幅のTシャツを合わせてウエストマークをしないと、体全体の横幅が増量してしまいます。半端丈のガウチョを履くならトップスはインするか、ベルトでウエストマークがマストです。

 

④チュニック×7分丈パンツ

夏場、つい手を出してしまいがちなのがウエストゴムでフィット感のある生地を使った7分丈カラーパンツ。ウエストやヒップを隠すためにチュニックを合わせるゆる×ピタバランスの着こなしは、今のトレンドとは真逆のコーデです。ボトムはロングかボリューム、ウエストマークしてトップスをコンパクトにするだけで、昔の服でも今年っぽいバランス感に。チュニックはオバさん見えナンバーワンアイテムなので、まだ持っているなら断捨離リストに入れてもいいかもしれません。

40代が気をつける真夏コーデのポイントは?

 

・シフォンなど透け感が強すぎる服は避ける

涼しげで夏に人気のシフォン素材。トップスでもスカートでもふんわりとした透け感が女性らしい印象です。今季はシフォンに刺繍が施されたものなどもトレンドですが、アラフォーが着ると安っぽさが目立ち、体型がだらしなく見えてしまう可能性も。透け素材はできるだけ避けて、きちんと感のある素材を選びましょう。

 

・ふくらはぎが見える丈のパンツは断捨離

パンツの丈感はミモレ丈以上が今のトレンド。パンツからふくらはぎが覗いているだけで、コーデに古さが目立ちます。コーデでも書きましたが、特にスキニーフィットの7分丈のカラーパンツは危険です。このパンツに合わせるには、必然的にウエスト周りを隠すためトップスの丈感が長くなってしまうため、もう思い切って処分してしまいましょう。

 

・上下淡い色で合わる時はヘアメイク、アクセをきちんと

40代になると、肌のくすみや体型の変化から淡いトーンで全身コーデをするとぼやけた印象に。淡い色のセットアップなどを着る時は、濃色の薄手カーデを肩がけしたり、いつもよりヘアアレンジやメイクをきちんとすることでキレイめで上品な印象になります。

 

・Tシャツ一枚よりも冷感インナー+ブラウスがオススメ

ブラの上に一枚で着られるからとTシャツやカットソーにこだわる人が多いですが、実は一枚で着られるデザインは首や袖周りが詰まっているものが多いので、逆に暑さを倍増させてしまう場合も。見えてもOKなタンクトップや冷感インナーさえあれば、薄手ブラウスの方が夏は快適なので、試してみてください。洗濯で首もとが伸びていたり、型崩れしたTシャツは特に生活感が出てしまうので、古くなったら捨てましょう。

 

いかがだったでしょうか。おそらく誰でもこの中の一枚はクローゼットにあるであろう、簡単楽ちん夏アイテムですが、とにかく見た目印象を−5歳を目指すなら、上記の4スタイルは避けて、少しだけ緊張感のあるコーディネートを心がけて見てください。

ファッション・読み物ライター

松本小夜香

この執筆者の記事一覧

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

松本小夜香の最新記事

FASHIONに関する最新記事