40代はクレジットカードのココに注目!お得な活用テク

現金がなくても気軽に買い物ができ、ポイントも貯まることから、クレジットカードで買い物をするという人は多いのではないでしょうか。実際、クレジットカードを上手に賢く利用すれば、「オトク」に買い物することができます。そこで、今回は、クレジットカードをおトクに使いこなすために、自分にぴったりのクレジットカードの選び方や使い方のコツをご紹介します!

 

日常の自分の行動範囲を考えて選ぶ!

クレジットカードをオトクに便利に使いこなすコツは、「クレジットカードのメリットを最大限活かすこと」です。では、クレジットカードを利用することによる最大のメリットとは何でしょうか?

それは、「ポイントをいかに貯められるか」です。このメリットを活かすためには、日常の自分の行動範囲を考えて、ライフスタイルに合ったカードを選び、利用すること。仕事帰りに買い物をするスーパーやよく立ち寄るデパート、休みのたびによく行く観光地など、よく利用するお店やよく行く場所を思い浮かべてみましょう。

クレジットカードは、ライフスタイル別に「流通系カード」、「銀行系カード」、「交通系カード」、「石油系カード」などに分けられます。

・流通系カードは、スーパーや百貨店が発行。割引などの特典やポイントサービスが充実しているものが多いのが特徴です。スーパーや百貨店などでよく買い物をする人であれば、わりとすぐにポイントが貯まり、使い勝手がよいといえるでしょう。

・銀行系カードは、銀行が発行。キャッシュカードとクレジット機能が一体化されているなど、銀行ならではのサービスが特徴。利用額や利用頻度に応じて振込手数料やATM手数料が優遇される場合もあります。

・交通系カードは、航空会社や鉄道会社が発行。飛行機のマイレージが貯まりやすくなっていたり、定期券購入に使えたりと飛行機や電車をよく利用する人にはメリットが大きいでしょう。

・石油系カードは、石油会社が発行。ガソリン代が値引きになるのが石油系カードの特徴。自動車をよく利用する人には、うれしいサービスです。他にもロードサービスでの特典も充実しています。

 

オトクに活用するにはポイントの「還元率」に注目!

自分のライフスタイルを思い浮かべ、メインにしたいカードの候補が絞られてきたら、クレジットカードを利用する時に付与されるポイントの「還元率」に注目しましょう。

いくらの利用で何ポイント付与されるか、1Pにどのくらいの価値があるのかはクレジットカードによってさまざま。ポイントがたくさん付与されるカードほどオトクとはいいきれず、ポイントの持つ価値が高いことも大切です。そのポイントの「おトク度」を知る指標になるのが「還元率」です。

例えば、1,000円で1P貯まり1Pの価値が10円なら「10円÷1,000円×100」=還元率は1%となります。この還元率を知らずにカードを利用している人は多いので、一度利用中のカードの還元率をチェックしてみましょう。

仮に、毎月クレジットカードで3万円を利用する場合、還元率0.5%のクレジットカードから1.5%のクレジットカードに変更した場合、還元される金額は年間で1,800円から5,400円になります。つまり、年間で3,600円もオトクになるとういワケ。

最近、還元率の高いカードが増えてきているので、長く愛用しているカードが本当におトクなのか確認してみましょう。還元率の高いカードを選んで集中して利用することで還元される金額が多くなります。

ただし、還元率が高いカードは、年会費がかかることが多いので、年会費がかかってもモトがとれるのかどうか事前に確認することを忘れずに。年会費のモトがとれるかどうかは「年会費÷還元率」で計算することができます。

仮に年会費が1,500円で還元率が1.5%なら、年間で10万円程度利用する見込みがあるならモトがとれるということに。

メインに使うクレジットカードを選ぶときには、年会費も考慮しつつ「還元率」に注目して選ぶとよいでしょう。

 

固定費をクレジットカード払いに変更しよう

クレジットカードを利用するメリットはなんといってもポイントが貯まることですが、ポイントをたくさんためるコツは、毎月必ず支払う「固定費」をカード払いにすること。

最近は、電気、ガス、水道などの公共料金や家賃、新聞代、携帯代、保険料といったものもクレジットカードで支払うことできます。これだけの毎月の固定費をクレジットカード払いにすればポイントの貯まり方は加速します。

では、固定費をカード払いにした場合、いったいどれくらいのポイントが貯まるのでしょうか?

例えば、電気代1万円、ガス代5,000円、水道料金6,000円、携帯電話料金1万円、プロバイダー料金4,000円、生命保険料5,000円、新聞代4,000円を支払っているとします。これを合計すると月額で4万4,000円。年間にすると52万8,000円となります。

一般的なカードのポイント還元率は、1,000円で1Pのケースが多いので、これにあてはめて計算すると、528Pとなります。それを一般的な還元率1Pを5円で換算すると2,640円になります。つまり、固定費をクレジットカードの支払いに変更すると、年間2,000円〜3,000円くらいは節約できるというわけです。

一度、クレジットカード払いの手続きをしてしまえば、継続的にポイントが貯まり、節約効果が続きます。まだ、固定費をクレジットカード払いにしていないという人は検討してみる価値はあるでしょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうで…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

知ってた?電子マネーで電気代やクルマ税をお得に納付できるらしい!

税金を納めることは義務のひとつですが、少しでも節約になればうれしいですよね。そして人気急上昇の電子マネーを利用して納めたい!という方も多いのでは?今回は、税金や…

電子マネーをわざわざ現金でチャージしてる人。1年でこんなに大損!

「Suica」や「PASMO」といった交通系電子マネーを利用して切符なしで改札を通過できる便利な時代になってからずいぶんと年が経過しました。いまや当たり前に利用している電…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

3割カット!? 年金カット法案の強行採決で、どうなる将来?

11月25日衆院本会議で年金制度改革法案、いわゆる「年金カット法案」が強行採決されました。これまでも少子高齢化の影響で将来の年金不安が叫ばれていましたが、さらに状況…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきかどうか悩む人が少なくないでしょう。そこで…

普通預金の金利は0.001%…。超低金利時代のお得な預け先とは

依然続く超低金利の銀行預金。大手都市銀行の普通預金の金利は0.001%となっており、100万円を1年間預けても1年後の利息は10円(税引前)と雀の涙程度…。普通預金だけにお金を預けていても全くお金は増えません。かと…

「無駄遣いをしてないのに貯金できない」人のザル財布とは

私のところには、「特に無駄遣いをしているわけではないのに、お金が貯まらない…」という40代高収入シングル女性からの相談が少なくありません。高収入なのに「貯まらない」のはなぜなのか。40代高年収女性の消費行…

もしかしてうちも「モラハラ夫」…?気づいたときまずすべきお金の注意点

少し前、芸能人の三船美佳さんと高橋ジョージさん元夫妻の離婚で話題になった「モラハラ」。モラハラとは、「モラル・ハラスメント」の略で、精神的暴力、精神的虐待のことです。加害者は、態度や言葉によるいやがら…

40代独身OL、結婚したい一心でついコレに依存してしまった結末は?

簡単にお金が借りられることから年々キャッシングを利用する人が増えているようですが、ひとたび、返済が滞ってしまうと大変な事態になります。今回は、40代の独身派遣OL、R子さんの例をとりあげ、キャッシングの落…

宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうですが、あるデータを見ると、宝くじに当たっ…

40代でマンションを買う女性が陥りがちな落とし穴

40代になり、恋人もいないとなると、ふと頭をよぎるのが「この先もずっと独身かもしれない…」という不安。もし、一生独身ならマンションでも買って住む家は確保しておきたいと思うのが乙女心というものでしょう。た…

小銭貯金もバカにならない!楽しんで貯められる貯金箱とは

「お金を貯める」というと、妙に肩に力が入ってしまう人も多いと思いますが、気楽に楽しんで貯めるなら「小銭貯金」がオススメです。私は買い物したあとのおつりの小銭を貯金箱に入れるようにしているのですが、これ…

大不評「プレフラ」の背後で、ミスドやジョナサンがこんなにお得に!

経済産業省や経団連が連携して始まった、月末金曜日に早めの退社を促す「プレミアムフライデー」。15時に仕事を終わらせて、その後の時間を買い物や余暇に充てる消費喚起のキャンペーンですが、今年の2月に導入して…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います。そこで、今回は、年収300万円、400万円、…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事