夏、京都。大人目線の見どころ、教えます。

京都ってやっぱり魅力的な街ですよね。外国人がこぞって訪れるの、わかります! じつは、先日、ふと、「そうだ、夏の京都に行こう!」と思い立ち、新幹線に乗ってしまいました。「夏の京都」ってあまりイメージはないかもしれませんが、緑はきれいだし、鮎や鱧など夏の味覚もおいしい! 観光の面でも夏ならではの見どころやお得な面もあってけっこうおすすめだったりします。今回は、40代女性の目線で、夏の京都の魅力をご紹介します。

 

夏の「特別公開」をチェックせよ!

現在、夏の旅シーズンに合わせ、京都市観光協会が観光キャンペーン「京の夏の旅」を開催中。9月30日まで、普段は非公開の施設や寺社の建物など7か所公開されていて、大正から昭和にかけて活躍した建築家・本野精吾の元自邸や、下鴨神社の神様のお台所「大炊殿(おおいどの)」などが見学できます。今回、私が足を運んだのは、大雲院祇園閣。今年生誕150年を迎える建築家・伊東忠太の設計による昭和初期の建物なのですが、このかたち、見覚えがありませんか? 「祇園閣」というだけあって、祇園祭の鉾を模しているんすって。外から見るだけでも印象的な建物ですが、ぜひこの機会に中に入ってみたいものです。

建物の壁面を飾るのは、創建400年を記念して描かれたという敦煌の壁画模写。これがかなり見ごたえあり。周囲に遮るもののない閣上からの眺望も必見ですよ。晴れた日には、遠くあべのハルカスまで見渡せるとか。

※「祇園閣」内は撮影禁止

なお、「京の夏の旅」キャンペーンについては、こちらのHPでチェックしてみてください。

大雲院 祇園閣

SNSで話題の「ハート型窓」は必見です!

今回の京都旅行でどうしても行きたかったのが、宇治田原町にある「正寿院(じょうじゅいん)」でした。こちら、SNSで人気に火が付いた、ハート形のかわいらしい窓があるんです。もはやハートにときめく年齢ではありませんが、かわいいものはかわいいですからね。

ハート型の窓は客殿にありました。うーん、たしかにかわいい! 必要以上に何枚も写真を撮ってしまいます(笑)。じつはこのハート型は「猪目(いのめ)」といい、日本には約1400年前に伝わった文様。菩提樹の葉が猪目の形であることから古来より厄除けの意味で使われてきたそうで、決してかわいいだけじゃないんです(笑)。

かわいいポイントはほかにもありました。客殿の天井には、色とりどりの160枚の天井画が描かれています。

本堂の天井画は250年前のものですが、客殿のものは、画家や芸大生などが、花と日本の風景をテーマに描いたカラフルで個性あふれるもの。客殿には仏様は祀られていないので、ごろんと寝ころんで、通り抜ける風に吹かれながら天井画鑑賞するのもあり、だそうです。それじゃあとお言葉に甘えてごろんとさせてもらいましたが、通り抜ける風も心地よく、お昼寝をしたくなるほどの快適さでした!

ちなみに、本堂には本尊の十一面観音菩薩様がまつられているのですが、こちらは50年に一度しか御開帳されないそう。前回は平成2年だったので、あと20年強待てばいいってことですね。うん、見てみたいです。

夏のトピックスとしては、9月18日まで「風鈴まつり」が開催中。

2000個もの風鈴が飾られ、ちりんと涼やかな音を奏でていてなんとも風流!

宇治の山間部に位置する宇治田原町は京都市内よりも涼しいので、避暑がてら話題のハート型の窓を見に訪れてみてはいかがでしょう。アクセスですが、少し前までは車がないと行くのは難しい立地でしたが、現在はコミュニティバスが運行中。本数はそう多くはありませんが公共の交通機関だけでもアクセスできます。バスの時間など、詳細は正寿院のHPで確認を。

また、夏の宇治、そして伏見エリアの旅は、こちらのHPが参考になります。

正寿院

ロックな襖絵を愛でにいくべし!

今度は、京都市内に戻り、青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)へ。青蓮院は比叡山上にあった僧侶の住坊が起源で、江戸時代に大火によって御所が炎上した際には仮御所にもなった由緒あるお寺ですが、こちらは襖絵がなんともアートなんです。現代アーティストである木村英輝さんが、現代の画材であるアクリルガッシュやネオカラーを用いて描いた色鮮やかな蓮で、「蓮―青の幻想・生命讃歌・極楽浄土」が表現されているんです。

夏はひときわ日本庭園の緑と襖絵のコントラストがより映える季節。ロックな現代アートと由緒あるお寺の不思議な共存を楽しんでみてはいかがでしょうか。

青蓮院門跡

修学旅行で訪れたお寺のことはよく覚えていなくても、大人になって京都が好きになったという人も少なくないはず。夏の京都、素敵ですよ~。

スポンサーリンク

台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選

週末の2泊3日で気軽に行けて、十分楽しめる海外旅行先としていま人気の台湾。バラマキ系のプチプラものもいいけれど、大人の女性としてはお土産選びのセンスも発揮したいと…

40代婚活中の独女が、台湾で人気のスポット「占い横丁」で恋愛運を占ってみた

40代にして初めての婚活をスタートさせた編集長アサミです。恋愛結婚カウンセラーの水野真由美先生にカウンセリングを受けている途中ではありますが、ホントに婚活がうまく…

台北ローカルが行列してでも食べたい!話題の「台湾素食」まずはこの店へ

ちょっと仕事がひと段落ついたとき、ふと思い立って行ける海外、それが台湾。ひとりで台湾行ってみたいけど、お決まり小籠包と足マッサージだけじゃなくてちょっと違ったプ…

台湾の土産探しに「天和鮮物」へ!台北最大のオーガニックスーパー

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

お疲れ40代が台北で救われるお茶とお風呂!「百勝堂薬行」でお土産

オトナのひとり台北2泊3日、これで間違いナシの大満喫プランを連載中! 「羽田を出てから羽田まで」のルートをがっちり想定の上、ひとり台湾ベテランの佐々木さんが台北遊…

台北に泊まるならココ!おすすめホテルエリアとは?【ひとり台湾】

星の数ほどある台北のホテル休みが取れそう!海外行こう!よし、近くて手軽にいける台北に決定!!いいですね、何食べようどこ行こう買い物予算どうしよう。いろいろ楽しい…

【マンガエッセイ】迷わず購入!台湾の調味料”鵝油金葱”!

前回の続きです、前のお話は→こちらそれはおフランスとの融合!?日本ではあまり馴染みのない”ガチョウ料理”だけど、台湾では結構街にお店がある。読んで字のごとく漢字一…

台湾「ひとり飯」ならココ!台北っ子に人気のグルメスポット3選

台北、人気ですよね~。食べ物がおいしい、近いし、LCCがばんばん飛んでいてリーズナブルに行けるなど、人気の要因はさまざまですが、筆者が足しげく台湾に通ういちばんの…

これで350円!台北の美味ベジグルメ「素食」ローカルも並ぶ一押し店は

前回の続きです→こちら台湾駅からMRTで一駅、『善導寺』駅から徒歩5分程度、台北駅からも歩ける距離にある『蓮池会素食館』に足を踏み入れた私......ドアを開けるとそこに…

おひとりさま旅歓迎!金曜夜から1泊できる箱根・熱海・軽井沢の温泉

温泉に行きたい。一人で静かに湯船につかってぼーっとしたい。いま、オフィスからそのまま行きたい。でも、温泉旅館は夕飯の時間に間に合わない……。と思っていたら、実は「…

おひとりさまが初めて「一人で国内旅行」をするなら!勝手におすすめベスト3

2年前(え、もうそんな?)、OTONA SALONEのアサミ編集長による、「初めての一人海外旅行」の指南がなかなかの好評でした。>>おひとりさま。初めて「一人で海外旅行」をするなら!勝手におすすめベスト3そして2年…

「おひとりさまの国内旅」に飛騨が支持される理由って?

温泉あり、美味しいものあり、そして、文化の香りが漂う飛騨地方は、大人の女性の旅のディスティネーションにぴったり。恋人や友人同士はもちろん、ひとり旅にもおすすめです。「美味しいものを食べて、のんびりした…

「いいヤツなんだけど」…40代独女の辛かったデート体験

正直、今回のハナシは書くのを迷った。私の狭量な小人物ぶりをさらけ出すようで恥ずかしいからだ。しかし、あえて書くことにした。ある意味、決意表明として。今回は、私の直近の「デート」を紹介する。「いいヤツが…

私が「非婚主義」になった原因は…地獄の婚活パーティー体験談

今回は私が2、3回、参加した婚活パーティーの体験談を。とはいっても、約10年も前で今とはシステムが違っているかもしれない(そもそもその頃、「婚活」という言葉はまだいまほど一般化されていなかった気がする)。…

40代、おひとりさまを満喫する私の「結婚」にまつわる生きづらさ

別に誇っても恥じてもいないが、私は四十数年の人生において、一度も結婚していない。する予定もない。「国立社会保障・人口問題研究所」の「人口統計資料集2018」によれば、50歳まで一度も結婚したことのない人の割…

「苔めぐり」は秋もオススメ。苔が美しい京都の5つの寺院

四季ごとに異なる表情を見せる京都。このところ、外国人の観光客に大人気ですが、日本人だって大好きですよね。個性的な寺院や、ご飯、スイーツ……。魅力的な要素がたくさんあります。今回の提案は「苔」をめぐる京都…

「意識高い系」北海道リゾートステイ、おひとりさまが体験してみたら…?

21気づけば夏も終わりの気配。あー夏らしいこと全然していないな。だからといって暑いのも勘弁だけど……。長く休みは取れないけれど、2日くらいならなんとかなる! そんなわけでこの夏は北海道で、2日間のリゾートス…

焼き鳥デートによし、コスパよし!行列店から独立の新店、五反田「とり口」

カジュアルなものから高級系まで、焼鳥のお店っていろいろありますよね。そもそも私、個人的には焼鳥って、日本が誇るべき食文化のひとつだと思っています。庶民系からおハイソ系まで、TPOに合わせて選べるのも優秀…

日本初上陸&東京初進出。いまチェックすべきスイーツ3つとは?

まだまだ暑さが続くなか、日本初上陸、東京初進出となる、気になるスイーツショップのオープンが控えています。話題となること必至のショップたち、アドレスに加えておいて損はないはずです。ハワイ生まれのバナナソ…

ドン・ペリニヨンかき氷登場!いつもとは違う「大人のかき氷」に注目が集まっています

夏真っ盛り! かき氷がおいしいシーズンです。 個性的なかき氷、フォトジェニックなかき氷、多々ありますが、大人ですもの。大人ならではのかき氷で、ほろ酔いになってみません?「ドン・ペリニヨン」使用。究極の…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事