「ごめん、無理!」と男が引く痛コーデ。40代女性閲覧注意!?

40代の友人から「年相応のファッションがよく分からない」という声をよく聞きます。結婚して子供を生んでいる40代なら、周りのママ友たちの間で浮かないようにしているうちに、年相応な着こなしになる人が多い印象。しかし、独身の人は、そんなファッションの切り替えタイミングを経験せず、さらに社会的にファッションの規制が薄い人なら、どこまでが若作りでどこからがオバさんか判断するのは至難の技。相手が女友達なら、自由に自分好みを謳歌してもいいけれど、いざ男性の前に行った時には、やっぱり大人の魅力を見せたいもの。今回は、男性が「ゲッ」となる、40代の2大残念ファッションをご紹介します!

 

 

理想の40代ファッションって?

「知的で上品、あまり派手さはないけどきちんと感のあるファッションの方が、大人の魅力が引き立つと思う」(金融・39歳)

「やっぱりナチュラル、ヘルシー、シンプルが一番。40代で巻き髪、まつげエクステ、派手柄のワンピとか盛りすぎは引きます」(飲食店経営・45歳)

「ほとんどすっぴん、服は体型のわからない上下ダボダボ、みたいな格好で女を捨てている人が苦手。最低限の身だしなみはエチケットだと思う」(43歳・歯科医師)

「ファッションも体型もだらしない40代女性を見ると、オバちゃんだなぁと密かに思ってしまいます。やっぱりキレイめ、清潔感がある人が好き」(34歳・教員)

 

以上のようなコメントがありました。結論として、だらしなさと若作りを避けて、ほどよく清潔感のある着こなしがポイントのよう。

こちらの意見を踏まえて、男性が嫌いなダメコーデのワースト1〜2位のサンプルをご紹介します!

 

ワースト①

色気? なにそれ美味しいの? 子供っぽカジュアルコーデ

無難だからボーダー、楽だからウエストゴムパンツ、歩きやすいからフラット靴、蒸れないから靴下、両手が使えるリュックなどなど、とにかく効率重視の女性がこちら。機能性を優先させてしまうと、体のストレスはないでしょうけど、男性受けはしないので、これから出会いを考えている人は要注意。さらに「このタイプのコーデで、毛玉やシミなどがあったらもっと最悪」なんだとか。逆に最初から女に見えないので、友達としてなら別に気にならないとのことでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

FASHIONに関する最新記事