痛い若作りマツエクって?40代が「おばさん見え」するNGオーダーは

マツエクはメイク時間の短縮になって、まさに時短美容の救世主。

……のはずが、マツエクのせいで“おばさんっぽさ”を加速させてしまっている女性も、残念ながらいます。

「時短メイクは好きだけど、おばさんにはなりたくない」と考える40代女性の皆さま、こんにちは。ここ1ヶ月ほど、マツエクをお休み(実は無期限休止)している時短美容家の並木まきです。

今回は、せっかくマツエクをしても、“若見え”どころか“おばさん化”が加速してしまっている残念なマツエクの特徴を3つお伝えしていきます。

その他の時短メイクのコツは こちら

 

1:やたら長すぎる

 

「年齢とともに、まつ毛も短くなってきて目元が貧相」。そんな風に感じると、マツエクは長めの仕上がりを心がけ、12ミリや13ミリ、場合によっては14ミリなどの長めのオーダーをかける女性もいることでしょう。

けれど、40代以降がする長いマツエクは、正面から見たときには人工毛の重みによってまぶたが落ちやすくなることに加え、横顔では不自然なほどにまつ毛が悪目立ちし「いかにもマツエク」な印象に。

とくに、まぶたが下がってしまうデメリットが醸し出す“おばさん化”は容赦なく、40代にもなればただでさえ窪んできている目元が、さらに窪んでいるような錯覚すら起こさせるのです。

こんなマツエクをしている女性を目の当たりにした男性がひと言「まつ毛の妖怪みたいな女性だね」と、私に呟いてきた出来事も思い出します。長すぎるマツエクは、男性ウケもイマイチになってしまうのです。

 

2:カールが強すぎる

 

マツエクには、JカールやCカール、CCカールなどアルファベットの文字にたとえたカーブの種類が豊富です。

40代になり、少し目が小さくなったように感じると「できるだけカールの強いマツエクで、ぱっちりした目元を狙おう!」とも思ってしまうものですが……。

カールが強すぎると、正面からの顔も横顔も、40代の顔立ちには恐ろしく不自然になる女性も残念ながら少なくありません。

パッと見の“若作り感”がヒシヒシと出てしまって、かえっておばさん風な印象を加速させてしまうのです。

ちなみに、こちらも男性ウケがイマイチなのは長すぎるマツエクと同じく。

先日、パッチリなマツエクをしているアラフォー女性を「あの子って、整形?」と、私に質問してきた男性がいました。

瞬時に“マツエク”が思い浮かばなくとも「不自然だな」という印象を与え、男性ウケが下がることもあるようです。

 

3:カラーマツエクを入れている

 

 

昨今は、本当にマツエクの種類も豊富でパープルやグリーン、ピンクなどのカラーマツエクも一般的になってきました。

サロンで「流行ってますよ!」「若々しくなりますよ!」などと勧められると「それなら……」と、試してみる40代女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

けれど、カラーマツエクもおばさん化を加速させる危険なオーダーになりがち!

その昔、髪の毛の一部に華やかなカラーリングをする“おばさまファッション”が流行ったせいもあってか、まつ毛の一部にカラフルな箇所があると「若づくり×おばさん臭」な演出になりやすいのです。

こちらも余談ですが、以前、ピンクのカラーマスカラを目尻に入れているアラフォー女性のことを「ファンキーなおばさんって感じだよね」と噂している男性がいました。

男性ウケもあまりよろしくないようです。

 

美しい目元を演出し、メイク時間を短縮してくれるはずのマツエク。

けれども、目元に限らず肌や毛穴などのエイジングが進んでいる40代にもなると、若い頃のようなオーダーは避けたほうが賢明なこともあるのです。

誤解のないように申し添えておくと、欧米人のようなインパクトのある目元になるから、私はマツエクが好きです。

そんな私は今、“おばさん化”を避けるためにマツエクをお休みしているわけではないけれど、マツエクをやめた目元は、思いのほか軽くてまぶたが開きやすくなったあたりが気に入っています。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

気づけばだいぶ損…! 男性から「ダメな40代」と誤解されるメイクの3大NG

女性のメイクを見て「この女性は、きっとこんな性格だろう」と推測が働くのも、男性心理の常。まだ相手のことをよく知らない段階では、第一印象のイメージによって性格を判断したくなるのは、男女問わず「あるある」…

美人でも社内恋愛の対象外に…! 40代の「嫌われお局」ってこんな女性

職場で「あの人みたいには、絶対になりたくない!」なんて後輩たちから白い目で見られてしまえば、その噂が男性たちの耳に届き、恋のチャンスだって逃しかねません。また本人が社内恋愛を狙っているわけではなくとも…

本人はまだイケてるつもりでも! 「気づけばオバサン」な40代女性の3大特徴

自分ではオバ見えを回避しているつもりなのに「気づけば、オバサン扱いされていた!」なんてことになれば、悔やんでも悔やみきれません。しかし年月とは残酷なもので、自分では「私はまだまだ若い」と思っていても、…

実は小ジワは問題なし!? 若く見られる女性と私の「決定的な違い」3つ

年齢を重ねても若いイメージで通っている女性もいれば、残念ながらも「年齢相応」あるいは「実年齢より、老けて見える」と評される女性もいます。他方、それなりの年齢に達していることは決して悪いことではないだけ…

プチプラコスメ好き40代必見!「安物買いの銭失い」にならないための3大鉄則

最近のプチプラコスメは「安かろう悪かろう」ではなく、むしろデパコスに匹敵するほどの優秀なアイテムもたくさんあります。しかし中には「やっぱり」と言いたくなるような、“見掛け倒し”なコスメも存在するだけに、…

あのアイシャドウも…! 40代が使うと途端に「安っぽく見える」プチプラコスメ3大NG

プチプラコスメは、トレンドのメイクをコスパよく楽しめる便利な存在であるのは、間違いのないお話。最近では、大人世代が使えるリッチな使用感がウリのプチプラコスメも増えてきているので、冒険をしたい色みやそん…

40代女性のドレッサーにまだある!「もう使わないほうがいいコスメ」3選

デイリーメイクでそれなりに手をかけているつもりなのに「スッピンよりも、オバ見え!」なんて事態を招いていたら、かなりショックです。しかしメイクは、自分に染み付いているルーティンによって手が自然に動くもの…

40代はぼんやりしたほうがいい…?「マイナス5歳見え」するナチュラルメイク3鉄則

ここ数年は、隙のないパーフェクトメイクよりも、ナチュラルに仕上げた自然体のメイクがトレンド。飾りすぎず自分の魅力を引き立ててくれるメイク手法を身につけることができれば、年齢を感じさせない“みずみずしく…

5歳オバ見え!「ナチュラルメイクなのに老け見え」するアイライナーの3大ワナ

ナチュラルメイクを意識していても、アイラインの描き方ひとつで“ケバ見え”や“老け見え”を招いてしまうこともあるから、目もとのメイクは侮れません。ここだけのお話、極端なケースでは「アイラインを描かないほうが…

増殖中…! 職場に生息する「臭いオバサン」の傾向とイメージダウンを避ける鉄則って?

いよいよ本格的に気温が上がってきて、ちょっとしたシーンで“汗のニオイ”が気になるシーズンとなりました。加齢臭は男性だけのものではなく、女性も年齢に伴って不快なニオイのリスクが上がると言われるだけに「臭い…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事