痛い若作りマツエクって?40代が「おばさん見え」するNGオーダーは

マツエクはメイク時間の短縮になって、まさに時短美容の救世主。

……のはずが、マツエクのせいで“おばさんっぽさ”を加速させてしまっている女性も、残念ながらいます。

「時短メイクは好きだけど、おばさんにはなりたくない」と考える40代女性の皆さま、こんにちは。ここ1ヶ月ほど、マツエクをお休み(実は無期限休止)している時短美容家の並木まきです。

今回は、せっかくマツエクをしても、“若見え”どころか“おばさん化”が加速してしまっている残念なマツエクの特徴を3つお伝えしていきます。

その他の時短メイクのコツは こちら

 

1:やたら長すぎる

 

「年齢とともに、まつ毛も短くなってきて目元が貧相」。そんな風に感じると、マツエクは長めの仕上がりを心がけ、12ミリや13ミリ、場合によっては14ミリなどの長めのオーダーをかける女性もいることでしょう。

けれど、40代以降がする長いマツエクは、正面から見たときには人工毛の重みによってまぶたが落ちやすくなることに加え、横顔では不自然なほどにまつ毛が悪目立ちし「いかにもマツエク」な印象に。

とくに、まぶたが下がってしまうデメリットが醸し出す“おばさん化”は容赦なく、40代にもなればただでさえ窪んできている目元が、さらに窪んでいるような錯覚すら起こさせるのです。

こんなマツエクをしている女性を目の当たりにした男性がひと言「まつ毛の妖怪みたいな女性だね」と、私に呟いてきた出来事も思い出します。長すぎるマツエクは、男性ウケもイマイチになってしまうのです。

 

2:カールが強すぎる

 

マツエクには、JカールやCカール、CCカールなどアルファベットの文字にたとえたカーブの種類が豊富です。

40代になり、少し目が小さくなったように感じると「できるだけカールの強いマツエクで、ぱっちりした目元を狙おう!」とも思ってしまうものですが……。

カールが強すぎると、正面からの顔も横顔も、40代の顔立ちには恐ろしく不自然になる女性も残念ながら少なくありません。

パッと見の“若作り感”がヒシヒシと出てしまって、かえっておばさん風な印象を加速させてしまうのです。

ちなみに、こちらも男性ウケがイマイチなのは長すぎるマツエクと同じく。

先日、パッチリなマツエクをしているアラフォー女性を「あの子って、整形?」と、私に質問してきた男性がいました。

瞬時に“マツエク”が思い浮かばなくとも「不自然だな」という印象を与え、男性ウケが下がることもあるようです。

 

3:カラーマツエクを入れている

 

 

昨今は、本当にマツエクの種類も豊富でパープルやグリーン、ピンクなどのカラーマツエクも一般的になってきました。

サロンで「流行ってますよ!」「若々しくなりますよ!」などと勧められると「それなら……」と、試してみる40代女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

けれど、カラーマツエクもおばさん化を加速させる危険なオーダーになりがち!

その昔、髪の毛の一部に華やかなカラーリングをする“おばさまファッション”が流行ったせいもあってか、まつ毛の一部にカラフルな箇所があると「若づくり×おばさん臭」な演出になりやすいのです。

こちらも余談ですが、以前、ピンクのカラーマスカラを目尻に入れているアラフォー女性のことを「ファンキーなおばさんって感じだよね」と噂している男性がいました。

男性ウケもあまりよろしくないようです。

 

美しい目元を演出し、メイク時間を短縮してくれるはずのマツエク。

けれども、目元に限らず肌や毛穴などのエイジングが進んでいる40代にもなると、若い頃のようなオーダーは避けたほうが賢明なこともあるのです。

誤解のないように申し添えておくと、欧米人のようなインパクトのある目元になるから、私はマツエクが好きです。

そんな私は今、“おばさん化”を避けるためにマツエクをお休みしているわけではないけれど、マツエクをやめた目元は、思いのほか軽くてまぶたが開きやすくなったあたりが気に入っています。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

繊細すぎる…? 男性がひっそり扱いに困っている「ナイーブな40代女性」のLINE3選

「この人、扱いにくい」と男性に感じさせるのは、婚活中の40代女性ほど、得策ではありません。しかし残念ながらも、ちょっとしたLINEのせいで、不用意な扱いにくさを醸し出してしまっているパターンもあるから、コミ…

高価な美容液より効く!? たるみ対策にはコレが必須【特集オトナのたるみケア】

今月のOTONA SALONE執筆陣による特集は「おとなのたるみケア」とのことで、時短美容家として活動をしている私からは、まずは“顔のたるみ”に効果を感じている方法をみなさんにお話します。「顔のたるみ」は気づかぬう…

気づけばおばさん! 40代女性の「老け見えメイク」うっかり秋にやりがちな3選

秋の気配が、日ごとに深まってきている今日この頃。メイクでも、先月までより“秋っぽさ”を意識している40代女性は、少なくないことと思います。ところが、この時期に、実はやりがちなおばさん見えするメイクの罠も!…

塗るだけでうっかりオバサン?40代は「避けたほうが賢明」な2018秋トレンドコスメ3選

2018年秋を迎え、今季のコスメも、そろそろ出揃ってきた頃合い。百貨店やドラッグストアに出向き、秋仕様のコスメにアップデートを計画中な40代女性も多いタイミングになりました。今年は、くすみカラーの当たり年に…

男はドン引き…「薄っぺらいオバサン」に認定される40代女性の痛いLINE3例

ちょっとしたやりとりによって「この人、薄っぺらい人だなぁ」と思われるのは、40代女性にとっては避けたい事態。しかしまだ相手の“人となり”がよくわからないうちには、なにげないやりとりから、相手の性分をつかも…

40代が「5歳若見え」するカギはシャンプーだった!時短美容家が試したヘアケアは

40代になってから、これまでとは手触りや見た目が変わった髪に違和感と年齢を感じつつも「どうにかならないものか……」と、対処法を模索している女性は少なくないはず。かくいう私も、くせ毛による広がりやパサつき、…

[PR]

今すぐ捨てて…! 40代女性をオバ見えさせる「2018秋のNGコスメリスト」

夏から秋にシフトしつつある今の時期は、“コスメの衣替え”にも、ぼちぼち手をつけたい頃合い。季節の変わり目には、直前の流行メイクをしているだけで古臭い顔にも見えやすいことから「ダサいオバサン!」なんて不名…

カフェデート中の40代、気づけば「この人オバサン…?」と思われがちな行動3例

まだお付き合いに至るのか、至らないで終わってしまうのかを探り合っている段階でのデートでは、相手の“人となり”を、些細な情報からジャッジしようとする男性も少なくありません。遠出に至る前の定番デートと言えば…

メシマズより厄介…? 男がゲンナリする「40代女性の手料理」にまつわるダメ事例3選

親密な関係になった男性に、手料理を振る舞うのは「男の胃袋を掴む」的な側面の恋愛テクニックとしても王道です。味覚が合うカップルは、まさに“胃袋を掴まれた”かのように、長続きしやすいとも言われます。そんな効…

男性から「寂しいオバサンだな」と思われる…?ペットと暮らす40代女性のNG行動

近年は、ひとり暮らしで、犬や猫などのペットと暮らしている40代女性も決して少なくありません。犬や猫は、話し相手や遊び相手になってくれる存在でもあり、家族の一員として生活を豊かにしてくれるのは確か。しかし…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事