スッピンよりおばさん見え!? 失敗すぎる3大アイシャドウメイク

スポンサーリンク

 

時短でメイクを完了させるには、アイシャドウは強い武器。サッとまぶたにのせるだけでも、顔が華やかになりますよね。

けれど、アイシャドウのせいでスッピンよりも老け見えしていたとしたら、とてもショック……!

メイクした顔が実年齢よりも老けて見えるのだけは、絶対に避けたいみなさま。こんにちは、時短美容家の並木まきです。

アイシャドウは時短メイクでも絶対にはずせないアイテムではあるけれど、塗りかたによってはおばさん見えを招きやすいことも。

今回は、スッピンよりおばさん見えしかねない危ないアイシャドウの特徴を3つお話します。

 

1:幅広でマットなダークカラー

 

マットなダークカラーは使いやすい色みではあるのですが、目元に幅広に入れてしまうとまるで舞台メイクかのようなインパクトに。

そして、マットとダークの印象が揃うとツヤ感に欠け、目元を暗めに映してしまうせいで老け見えすることがあるのです。

ダークカラーの目元は写真写りはよくなることが多いものの、対面ではパッと見のインパクトが強すぎてしまい、ムリやり若作りをしているようにも誤解されやすいので気をつけて。

マットカラーを使いたいときには、幅広にならないよう意識しながらツヤ感のあるベースを忍ばせてみると、40代の目元がパッと垢抜けます。

 

2:スモーキーカラーの単色づかい

 

 

少し前から、スモーキーカラーのアイシャドウが爆発的ブーム。このところ毎年秋には、季節感が出やすいこともあってスモーキーアイの女性が増えています。

しかしこちらも、40代の目元には、ややデンジャラスなカラー。

くすんだ色みのスモーキーカラーを、ややくすみが入り始めている40代のベースに乗せてしまうと、“のっぺり”として暗い印象になりやすいのです。

濃淡のないスモーキーカラー単色づかいは、落ち着いた印象の仕上がりにはなるものの、くすみが始まっている40代の肌をさらに暗く見せてしまうことがあり、スッピンよりおばさん見えという事態も!

40代のスモーキーカラーづかいでは、肌のくすみを目立たせないためにツヤ感のあるアイシャドウをポイント使いするなどしてうっすらとした濃淡を出してみて。

 

3:くっきりしすぎているグラデーション

 

アイシャドウのグラデーションは、目元をよりはっきりとパッチリとした印象に仕上げてくれる便利なテクニック。

けれど、くっきりしすぎているグラデーションアイは、40代の顔を老け見えさせることもあるので気をつけて!

目元のくぼみが出始めているところに、ハッキリとしたグラデーションを入れてしまうと、かえってくぼみを目立たせてしまうことがあります。

40代のグラデーションは、くっきりとした濃淡は出しすぎずに骨格や肌の“落ち感”に合わせて丁寧に仕上げて。

ハッキリとわかりやすいグラデーションよりも自然な色の変化を意識すると、美しい40代の目元を演出してくれます。

 

アイメイクは、顔の印象を左右するカギにもなるメイク。このパーツがどんな仕上がりかによって、パッと見の印象も大きく変わります。

インパクトの強いアイシャドウは、塗るだけで目元に華やぎを出してくれるから時短美容でもマストなアイテム。

けれど「アイシャドウのせいでおばさんな印象が加速!」なんてことにならないよう、40代の時短美容ではエイジングをフォローしてくれる塗りかたを心がけてみてください。

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

並木まきの最新記事

BEAUTYに関する最新記事