スッピンよりおばさん見え!? 失敗すぎる3大アイシャドウメイク

 

時短でメイクを完了させるには、アイシャドウは強い武器。サッとまぶたにのせるだけでも、顔が華やかになりますよね。

けれど、アイシャドウのせいでスッピンよりも老け見えしていたとしたら、とてもショック……!

メイクした顔が実年齢よりも老けて見えるのだけは、絶対に避けたいみなさま。こんにちは、時短美容家の並木まきです。

アイシャドウは時短メイクでも絶対にはずせないアイテムではあるけれど、塗りかたによってはおばさん見えを招きやすいことも。

今回は、スッピンよりおばさん見えしかねない危ないアイシャドウの特徴を3つお話します。

 

1:幅広でマットなダークカラー

 

マットなダークカラーは使いやすい色みではあるのですが、目元に幅広に入れてしまうとまるで舞台メイクかのようなインパクトに。

そして、マットとダークの印象が揃うとツヤ感に欠け、目元を暗めに映してしまうせいで老け見えすることがあるのです。

ダークカラーの目元は写真写りはよくなることが多いものの、対面ではパッと見のインパクトが強すぎてしまい、ムリやり若作りをしているようにも誤解されやすいので気をつけて。

マットカラーを使いたいときには、幅広にならないよう意識しながらツヤ感のあるベースを忍ばせてみると、40代の目元がパッと垢抜けます。

 

2:スモーキーカラーの単色づかい

 

 

少し前から、スモーキーカラーのアイシャドウが爆発的ブーム。このところ毎年秋には、季節感が出やすいこともあってスモーキーアイの女性が増えています。

しかしこちらも、40代の目元には、ややデンジャラスなカラー。

くすんだ色みのスモーキーカラーを、ややくすみが入り始めている40代のベースに乗せてしまうと、“のっぺり”として暗い印象になりやすいのです。

濃淡のないスモーキーカラー単色づかいは、落ち着いた印象の仕上がりにはなるものの、くすみが始まっている40代の肌をさらに暗く見せてしまうことがあり、スッピンよりおばさん見えという事態も!

40代のスモーキーカラーづかいでは、肌のくすみを目立たせないためにツヤ感のあるアイシャドウをポイント使いするなどしてうっすらとした濃淡を出してみて。

 

3:くっきりしすぎているグラデーション

 

アイシャドウのグラデーションは、目元をよりはっきりとパッチリとした印象に仕上げてくれる便利なテクニック。

けれど、くっきりしすぎているグラデーションアイは、40代の顔を老け見えさせることもあるので気をつけて!

目元のくぼみが出始めているところに、ハッキリとしたグラデーションを入れてしまうと、かえってくぼみを目立たせてしまうことがあります。

40代のグラデーションは、くっきりとした濃淡は出しすぎずに骨格や肌の“落ち感”に合わせて丁寧に仕上げて。

ハッキリとわかりやすいグラデーションよりも自然な色の変化を意識すると、美しい40代の目元を演出してくれます。

 

アイメイクは、顔の印象を左右するカギにもなるメイク。このパーツがどんな仕上がりかによって、パッと見の印象も大きく変わります。

インパクトの強いアイシャドウは、塗るだけで目元に華やぎを出してくれるから時短美容でもマストなアイテム。

けれど「アイシャドウのせいでおばさんな印象が加速!」なんてことにならないよう、40代の時短美容ではエイジングをフォローしてくれる塗りかたを心がけてみてください。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

脱オバさん! 結局40代女性に一番似合う最強ヘアって?【特集オトナの髪悩み】

オトナサローネで「脱オバさん」ファッション連載を担当する私は、実は元美容師です。ファッション誌でライターを始めるまでは、実家が美容師だったこともあり、美容師の国…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

オイルじゃ足りない40代「オバ見え髪」を救済!ヘアアイテム3選【特集オトナの髪悩み】

先日、OTONA SALONEの特集記事「白髪・くせ毛・広がる・パサつく「困り髪」、美容家の克服法は【特集オトナの髪悩み】」で、時短美容家として活動する私のヘアケアにまつわるアレコレを公開したところ、「40代になっ…

婚活に失敗する原因はコレ…!「この女、必死だな」と男が感じる40代女性の痛いLINE3パターン

いい出会いがあっても「この女性は、必死なんだな……」と男性に感じさせてしまえば、その後は「がっついている女性」のイメージがついて回りがちです。それだけに、恋愛初期段階で送るLINEでは、“必死そうな様子”を醸…

どれでも同じじゃない! 「3歳老け見えオバサン化」を招く化粧下地の3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」を招くちょっとした盲点は、デイリーメイクの至るところに潜んでいて言ってみれば、まるで“罠”のよう。これまで、チーク、アイライン、リップ、まつ毛や眉などパーツメイクにまつわる『う…

ナチュラル仕上げなのに! うっかりオバ見えを招く「恐怖のアイシャドウ」3選

アイシャドウのせいで、うっかりオバ見え!……なんて展開になれば、40代女性にとっては悲劇としか言いようがありません。しかし本来は美しく見せるためのメイクのせいで、野暮ったい雰囲気や老けた印象を醸し出すこと…

白髪・くせ毛・広がる・パサつく「困り髪」、美容家の克服法は【特集オトナの髪悩み】

私の場合、髪にまつわる悩みは、年齢や環境によっても変化しています。「時短美容家」という立場柄、新製品やヘアケア製品に触れる機会も多いものの、持って生まれた髪の毛は「広がりやすい×くせ毛」。さらに40歳を…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事