「どうこうふたり」ではありません。「同行二人」の読み方、知っていますか?

2023.12.08 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「同行二人」です。

「同行二人」の読み方は?

「同行」と「二人」が分かれていた場合には、一緒に連れ立って行くことを意味する「同行(どうこう)」と読んだり、「二人(ふたり)」と読んだりすることができますが、「同行二人」の読み方は「どうこうふたり」ではありません。

正解は……

「どうぎょうににん」です。

「同行二人」とは

二人づれであること。多く四国巡礼者がいつも弘法大師といっしょにあるという意で笠などに書きつける語。

出典:精選版 日本国語大辞典

という意味です。「どうぎょうふたり」とも読みます。

「行」という漢字には、以下の読み方があります。

  • 音読み コウ・ギョウ・アン
  • 訓読み い(く)・ゆ(く)・おこな(う)(表外)や(る)・みち

冒頭で紹介したように、「同行(どうこう)」は

①一緒に行くこと。また、その人。道づれ。
②ついて行くこと。連れて行くこと。また、その人。

出典:ドウコウ|言葉|漢字ペディア

という意味を表し、①の類語表現には「同道(ドウドウ)」「同伴(ドウハン)」があげられますが、 「同行(ドウギョウ)」と読む場合には、以下の意味になります。

①信仰や修行をともにする仲間。
②一緒に巡礼・参詣に行く人。
③文章や五十音図の同じ行。

出典:ドウギョウ|言葉|漢字ペディア

①と②は仏教用語で、①を意味する場合、禅宗では「同行」を別の音読みで「ドウアン」と読みます。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

【編集部より】あなたの「しょーもないグチ」聞かせてください!

何億回言っても靴下をかごに入れられない夫のグチ、給料あがらん仕事のグチ、老化する体がしんどいグチ、家の周囲ののらねこがなつかないグチ… ご応募はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク