「めいこくる」でも「なこる」でもありません。「名告る」の読み方、知っていますか?

2024.01.12 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「名告る」です。

「名告る」の読み方は?

「名」も「告」も日常生活で度々見かける漢字ではありますが、表題にもある通り「名告る」の読み方は「めいこくる」ではありません。

「名告る」の意味を知れば、読み方が分かるはずです。

「名告る」とは

1 自分の姓名・身分などを相手に告げる。
2 自分の名としていう。称する。
3 売り物の名を呼ぶ。

出典:小学館 デジタル大辞泉

という意味です。

表記としては「名告る」の「告」の部分が異なる漢字で表されたものが一般的です。

正解は……

「なのる」です。

 

_________________

▶▶▶他の問題にもチャレンジ!!!

答えは>>こちら

_________________

【漢字解説】

「名乗る」とも書きます。漢字表記としては「名乗る」の方が「名告る」よりも馴染み深いのではないでしょうか。

送り仮名を書かない場合には「名乗・名告(なのり)」と読みます。

 

なぜ「告」という漢字が当てられたのか疑問に思い、調べてみたところ、金田一春彦(監)・小久保崇明(編)『学研全訳古語辞典 改訂第二版』(学研出版、2014年)に「名告る・名乗る」そして「告る・宣る(のる)」という古語が掲載されています。

 

以下に示す通り、古語の「名告る・名乗る」も、現代の国語辞典で引く「名告る」の意味とほぼ同じ意味を持ちます。

①自分の名を告げる。
②戦場で、家柄・姓名を大声で申し述べる。
③名前として付ける。
④虫や鳥などが鳴く。

出典:金田一春彦(監)・小久保崇明(編)『学研全訳古語辞典 改訂第二版』(学研出版、2014年)

そして「告る・宣る(のる)」は「言う。告げる」という意味です(出典:同上)。

とはいえ、日本語・漢字検索サイト「漢字ペディア」や現代文を収録している辞書に掲載されている「告」の読み方は、音読み「コク」と訓読み「つ(げる)」のみです。

ちなみに、「デジタル大辞泉」(小学館)には「告る」が掲載されていますが、その読み方は“(愛を)告白する”ことを意味する「こく(る)」です!

言葉は時代とともに変化していくものです。同じ漢字と送り仮名であっても、古文と現代文では「告る」の読み方や意味が変わるというのは面白いですね。

続きを読む

【編集部より】あなたの「しょーもないグチ」聞かせてください!

何億回言っても靴下をかごに入れられない夫のグチ、給料あがらん仕事のグチ、老化する体がしんどいグチ、家の周囲ののらねこがなつかないグチ… ご応募はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク