「流されて不倫」ではなく「考えて、意志を持って始めた不倫」のはずなのに。こんなひどい終わり方

2024.02.19 LOVE

ジェクス ジャパン・セックスサーベイ2020によれば、浮気・不倫経験があると答えた男性は67.9%、女性は46.3%。40代女性の32.9%が「特定の人物1人と(現在も)している」と答えています。婚外恋愛は、決して遠い対岸の火事ではありません。

では、過去に不倫を経験した人たちは、その後どんな人生を歩んでいるのでしょうか。

相手との関係や自身の生活の変化について、女性たちのリアルをお伝えします。

【不倫のその後 #2 前編】

こんな終わり方って、ひどい。全部ブロックされて音信不通

未婚のまま40代を迎えた友香は、少し前まで既婚の男性と付き合っていた。いわゆる「不倫」と呼ばれる関係は一年ほど続き、最近連絡がないなとふと思った頃に届いたLINEのメッセージで別れたことを知った。

 

「あの人とはこの間終わったから」

 

不倫とまったく関係のない用件を伝えた最後にそっけなく加えられた一言は、何となく事情を言いたくない雰囲気が伝わった。だから「そうなんだね」とだけ返して、元の用件について会う約束をした。

 

顔を合わせても不倫のことは触れずにおこうと思っていたが、待ち合わせのカフェのテーブルで向き合った友香は、正面から目を合わせるのを避けるように顔を伏せ、覇気のない表情をしていた。不自然に緊張しているのはわずかに上がった肩からも見てとれたが、こちらとは何のいさかいも問題もないはずなのに、何に怯えているのかと気になった。

 

私が以前に貸していたシリーズものの小説が入った袋を受け取り、それからは近況などをお互いに話していたが、我慢できなくなったように友香が突然切り出した。

 

「あのさ、例の人のことだけど」

その思い詰めた声色に驚きながら「うん」とうなずくと、

「ちゃんと話さなくてごめんね。あの、何かね、向こうが奥さんにバレそうになったんだって」

と、友香は早口で続けた。

 

「……」

これまで聞いてきた話を思い出しながら黙って見つめ返していると、友香はまた視線を外してため息をついた。

「今はね、もう全部ブロックされちゃって。音信不通っていうの? 嫌われちゃったみたい」

不安定に揺れる声は、その事実に心が大荒れの状態であることを伝えてきた。

 

迷って迷って、自分で「選んだ」不倫。のはずだったけど

友香の相手は仕事の取引先の紹介で知り合った年上の既婚男性で、当人の言葉を信じるなら「口説き落とされて」始まった不倫だった。仕事のつながりでいろいろな会に一緒に出るようになり、社外での付き合いなら気さくに仲を深めることができて、最初は「業界に詳しい頼れる人」というのが友香の印象だったはずだ。

 

相手が既婚でも自分が独身なら、プライベートで飲みに行くことに誘われても「奥さんから了解を得ているのだろう」と想像がつけば身軽に動ける。約束が増えるにつれ男性から「熱心に求められる」ことが当たり前になり、気がつけば居酒屋で過ごす時間を飛ばしてホテルに行っていた。

 

一年近く前、男性とホテルで過ごした後で「不倫になっちゃう」と悩んでいた友香だったが、「早いうちに手を引いたほうがいいよ」というこちらの言葉を受け入れなかったのは、「好きになりかけているから」が理由だった。口説かれてほだされて、その気になっているのはよくわかった。外部が何を言ったところで、本人にやめる意思がない限り不毛な関係でも相手のペースで引っ張られてしまうのはよくあることで、友香は自分の葛藤に苦しみながらも一緒にホテルで過ごすことを選んでいた。

 

「自分を信じることにしたの」

 

ある日、意を決したように強い声で伝えてきた友香の姿は、こちらから見ればある意味「完成」していた。リスクの高い不倫の関係に身を置く決心は、相手ではなく自分の気持ちを優先した結果だと、友香は口にした。

 

そんな思いの元で続けた関係は、一年ももたずに破綻したのだった。

 

一年どころか、たった半年で男は「逃げ腰」になった。あれだけ熱を持っていたのに

それから半年近く、友香はこちらに不倫の「進捗」を伝えてきた。相手の既婚男性は奥さんから冷たくされることに悩んでいて、男ではなく生活費を稼ぐ道具にしか思われていないこと、子どもたちは奥さんに懐いてばかりで自分のことは気遣ってくれないなど、家庭の不満をよく話していた。

 

未婚の友香は「結婚生活ってそんなものなの?」と驚きながら奥さんのことを責めていたが、その男性が自分を不満のはけ口にしている可能性など想像もしていないようだった。「あなたは仕事熱心な素晴らしい女性だ」と繰り返され、会えば大切に抱いてくれて、己の不遇に嘆く姿を見せられれば、愛情も同情も加速するのは当たり前だった。

 

もともと尽くし型ともいえる友香は、男性にプレゼントを贈ったり食事代の負担を引き受けたりして、不倫相手にのめり込んでいった。「自分を信じる」と言った通り、「自分を好きな相手のために尽くすことに違和感を覚えない」のがあの頃の友香だった。

 

半年ほど経った頃から相手の連絡が減ってきて、友香が誘っても二回に一度は断られるようになり、不穏な空気が流れ始めた。そのときも、「もうやめたら」と伝えたが友香は「今さらどうやって引けばいいのかわからない」と取り乱し、こちらから少しずつ遠ざかっていた。つらいときに応援されないとわかれば、接触を避けるのもまた理解ができた。

 

そんな自分の言動が、久しぶりに会う今の気まずさをみずからに生んでいるだろうことは想像がついた。それまで熱心に報告していたのが一方的に連絡を控えるようになって、借りた小説を返すことも言い出しづらくなっていただろう。

 

それでも勇気を出してLINEのメッセージを送ってくれたのは、終わった不倫の始末をうまくつけられていないからなのだと、目の前でうなだれている姿を見ながら考えていた。

 

つづき>>>あなたは怖いのね?そんな「不倫」を選んだ自分だから、未来にまた同じことをするんじゃないかって?

【編集部からアンケート】 よりよいページづくりのために、
「あなたのこと」をお聞かせください!

▶ご協力くださる方はコチラから

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク