#61 結婚できない「乙女な独女」が夢みる夫婦とは【40代編集長の婚活記】

迷走を続けている40代独女の婚活。パーティで出会った男性や知人の紹介で出会った男性など、計5人とデートをしてみたが、1:1のデートがまったく続かない、もしくは、ただの友達になってしまう。このモテなさは、やはり性格的な問題があるのか……? これはOTONA SALONE編集長アサミによる、リアル婚活ドキュメントである。

 

「結婚する気がない」わけではない

私はなぜ、40過ぎまで独身を貫いてきたのか。

単純にモテない(というか、一瞬好かれてもすぐ飽きられる……)ことも理由だが、心のどこかに「人と一緒に暮らせなる自信がない」という一種の自信のなさも理由のひとつだったと思う。それは「結婚する気がない」とはちょっと違っていて。

 

「心地いい」を選択した結果

結婚したいと思っていたわけでもないけれど、結婚しないつもりもなかった。本当にどっちでもよかった。

ただ自分の性格をよくよく考えたら、結婚をする=人と一緒に暮らすことだから間違いなくストレスになると思ったのだ。ストレスと無縁にはなれない現代社会、せめて家での暮らしくらいはノンストレスでいたい。それなら、一人で暮らすほうが私にはストレスがないと判断した。

私にとって心地いいのはどっちかを選択した結果が今までは、「とりあえず結婚しない」だっただけのこと。

でも実は、理想の夫婦のカタチはある。

 

40代独女の理想の夫婦のカタチとは?

理想の夫婦のカタチ、それは同居していた祖父母だ。

とはいっても、巷でよく聞くおじいちゃん・おばあちゃんになっても恋人同士みたいな夫婦、ではない。

祖父母の夫婦関係は、孫の私から見ても、だいぶサッパリとしたものだったと思う。おしゃべりで気が強い祖母。無口でマイペースな祖父。二人の会話は祖母がほぼ一方的に話していて、祖父は返事をしたりしなかったり(耳が遠かったこともあるかもしれないが……)。ずっと無言のまま過ごしていたり。それぞれ別のことをしていたり。

仲良しとかラブラブとか、そういう要素は一切見られなかったし、関心を持ってみるテレビ番組も違うし、共通の趣味なんてものは何もなかった。

でも、ずっと一緒にいた。

祖父と祖母の二人はいつも、1階のリビングで時間を過ごしていた。他にも部屋はいくつもあったのだけれど。

 

仲がいんだか、悪いんだか?

仲がいいんだか、よくないんだか、わからない。愛情があるんだか、ないんだかも、わからない。

祖父母の夫婦関係を、同居していたころは不思議に思っていた。

そんな二人を「理想の夫婦のカタチ」と思ったのは……祖母が亡くなったときのことだ。

 

祖父母の夫婦関係を「いいな」と思った理由

ある4月の土曜日。祖母が危篤になったという連絡を受け、昼過ぎから親族が病院に集まっていた。もちろん祖父も、そのとき96歳という高齢だったが、昼過ぎ、15時ごろから祖母の病室にいた。

医師から「今夜がひとつのヤマですね」と言われ、なんとなくみんな覚悟はしていた。

23時を過ぎてもみんな病室に付き添っていた。少し長丁場になりそうだということで、交代制にしようという話になり、まずは一旦、一番高齢である祖父を家に帰して休ませようという話になった。

「おじいちゃん、一回、家に帰って少し休んでからまた来よう」

すると祖父は

「帰らない。ばあさんはもうダメだから、最後まで一緒にいてやるんだ」

そう言ってかたくなに帰ろうとしなかった。そして、翌朝未明に祖母は息を引き取った。祖父の予想通りに……。

 

「一緒にいる」ということ

けっして仲良し夫婦には感じられなかった祖父母。だけど「最期まで一緒にいてやるんだ」と言って、本当にそれを貫いた祖父。

普段、私たち孫にわかりやすい言葉や態度で愛情表現をしていなかったけれど、二人にとって「一緒にいる」ということが、何よりもの愛情表現だったんだろう。

だから、会話はなくても同じ部屋でずっと一緒に時間を過ごしていたんだろう。

だから、祖母の最期までずっと一緒にいたんだろう。

このとき思った。もし結婚することがあるなら、「私の最期を一緒にいてくれる人」もしくは「私が最期を一緒にいたいと思う人」がいいな、と。

これが私の理想の夫婦のカタチになった。

40代独女、結婚に……夢を見すぎな乙女ですか?

 

一緒にいたいけど、一緒にいる自信がない

しかし、ここに大きな矛盾が生じた。

結婚するなら「ずっと一緒にいたいと思える人」という理想の一方で、「人と一緒に暮らせる自信がない」という現実。

そもそも一緒に暮らせる自信がないのは、私の性格が本当は超マイペースなのに他人がいると合わせてしまうという気を使う部分があるから。つまり「わがままな気ぃ使い」だからだ。

ま、自分がいけないんですけど。

私が心の底から気を使わずにいられる相手……そんな男性に出会えたら、私は結婚してもいいのかもしれない。

 

【気を使わない相手にはどうやったら出会えるのか? 続きはコチラ】

#62 婚活迷子な40女が「出会い」を求めて始めたこと【40代編集長の婚活記】

【前回はコチラ】

#60 なぜ結婚できない? 40代独女の性格的な病について【40代編集長の婚活記

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

結婚していない40代の独身女性に共通する9つの特徴 【40代独女あるある】

40代で独身女性というと「バツイチ」か「性格が悪い」か「異性にまったく興味がない」のいずれかだろうと言われる、44歳独身・結婚歴ナシのOTONA SALONE編集長のアサミです…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ムラムラする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

#106  やってわかった個室婚活のメリット、デメリット【40代編集長の婚活記】

ついに2年を超えた40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。あらゆる婚活にトライしてみるも、いまだ恋人すらできず。この夏、知人である独女の友に誘われて、参加したのは「個室婚活」。区切ら…

#105  どこまでアリ? 結婚相手との「年齢差」について【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。婚活歴2年になるも、いまだゴールは見えず。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、出会いのありそうなバーへ繰り出す……。さまざまな婚…

#104  個室婚活で出会った「3人目の男」に思うこと【40代編集長の婚活記】

「40代の婚活は丸2年はみてほしいんです」──恋愛結婚カウンセラーの先生にそう言われたのは、2016年8月。連載【40代編集長の婚活記#1】のときのこと。あれから2年が経った。つまり、OTONA SALONE編集長・アサミ(46…

#103 40代未満、立ち入り禁止! ウワサの「個室婚活」レポ【40代編集長の婚活記】

20~30代とくらべ、40代の婚活はかなり困難を極めるらしい。OTONA SALONE編集長・アサミ、46歳。婚活を始めて1年11カ月。いまだに誰ともお付き合いすらできないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介などいくつ…

誰のファンだった?「たのきん」と「好みの男性」問題を考える

80年代の男性アイドル「たのきんトリオ」。40代、50代であれば知らない方はいないといっても過言はありません。男性アイドルの歴史において、爆発的な人気と新たな時代を切り開いたグループです。私、OTONA SALONE編…

#102 初めての「個室婚活」に行ってみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、かなり険しい道のりだという。婚活歴1年11カ月となるOTONA SALONE編集長・アサミ(46歳)は、まさにそれに直面していた。婚活パーティ、婚活アプリ、元カレとの再会、知人の紹介、出会いの多い場所へ…

【動画】婚活でわかった「ほめられる香り」by編集長アサミ【婚活美容】

OTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活中。好評の連載「40代編集長の婚活記」は100話を超えました。さて、今回からときどき「婚活美容」についてお伝えしていきたいと思います。近年、婚活リップが話題になるくら…

#101 ご無沙汰女が「恋を始める」には?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年を超えた40代独女。44歳にして婚活を始めてみるも、誰ともうまくいかないまま1年11カ月が経ったOTONA SALONE編集長アサミ。現在46歳。婚活パーティや婚活アプリ、元彼や友達との再会、知人からの紹介…

#100 彼氏いない歴9年「オトナの恋の始め方」って?【40代編集長の婚活記】

40代独女の婚活は、前途多難であり、抱腹絶倒でもある。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年11カ月に突入。そして連載もなんと100回に!偶然で再会したロンドンくんを「もしかして運命の…

私が「オバサン化」を感じたとき。コッソリ始めた対策とは

「うわ、私ってこんな風にシワが入るんだ!」衝撃でした……。われながらオバサン化しつつあることをまざまざと見せつけられたのは、ある一枚の写真。こんにちは、OTONA SALONE編集長のアサミです。その写真とは「撮り…

[PR]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事