生活感が出すぎ!40代を痛々しく見せる「おばさんっぽい」3大NG眉メイク

スポンサーリンク

眉は、メイクの印象を左右する重要なパーツのひとつ。

ですので、眉メイクの仕上がりひとつで周囲に「おばさんくさい」「痛々しい」なんて印象を与えてしまうこともあります。

「眉を描くのはイマイチ苦手で……」と感じている40代女性のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

実は、私も眉メイクがかなり苦手なひとり。左右の骨格が違うので、毎日苦戦しつつ眉を描いています。

そんな経験則も考慮しつつ、今回は40代を痛々しく見せやすい“おばさんっぽい眉メイク”の3大NGをお話していきます。

 

NG1:細く長い眉

バブル期を経た40代女性ほど、習慣になってしまっていることも多い“細く長い眉”。

ところが、40代女性の細め眉には、無条件に「おばさんっぽい!」と感じる人も少なくないので、気をつけなくてはなりません。

時短でメイクをしようと思うと、線を引いてボカすだけの手間で眉メイクを終わらせたくなりますが、ここ数年は、ずーっと太眉がトレンド。

自分史上では“太め”に仕上げているつもりでも、まだまだ細い!ということがあるから、気をつけたいところです。

時短でトレンド太眉を仕上げるなら、毛先が斜めのカットになっている“ブロー用のブラシ”を準備して。ブラシの幅をそのまま眉の幅にすると、時短で太眉を仕上げられるコツに。

 

NG2:いかにも「描き足しました!」な眉

40代女性のなかには、過去の“細眉ブーム”全盛期に眉を抜いてしまって「それから生えてこないの!」という方もいらっしゃいますよね。

昨今の太眉ブームのために、泣く泣くブロウペンシルなどで書き足して仕上げているかもしれません。

しかし「いかにも描き足しました」がバレバレな眉メイクも、周りに「おばさんくさいなぁ」と思われる典型の眉です。

明らかに色が違う、描いているのがバレバレなほどペンシル部分が濃い……など、「自眉がない?」を感じさせる仕上げは、同時に世代を感じさやすいのです。

パウダーや眉マスカラを使って、できる限り自然に描き足していくと、「いかにも」な仕上がりを回避しやすくなります。

 

NG3:ぼさぼさの天然ボリューム眉

「まだ太眉がトレンドだと聞くし、眉は自然なままでいいわよね」と、フサフサの天然ボリューム眉のままにしているのも、「おばさんくさいなぁ」と思われやすいのでデンジャラスです。

お手入れをしていない眉には、生活感が出てしまうことが多く、せっかくトレンドの太眉にしているつもりでも「メイクに無頓着なおばさん?」なイメージも与えやすいのです。

若い頃に眉を抜いて生えてこない眉もデンジャラスながら、ボサボサ感のあるナチュラルなボリューム眉も微妙というわけ。

フサフサの自眉は、毛先をカットしたり“すく”などして、垢抜けた眉を目指して。

 

冒頭にもお話しましたが、眉は顔全体の印象を左右する重要なパーツです。

アイシャドウやリップでトレンドを意識しても、眉がイマイチだと一気に「おばさんだなぁ」とも思われやすいのです。

ぜひ、清潔感のあるナチュラルな仕上げを狙って、統一感のあるトレンドメイクを意識してみて。

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

並木まきの最新記事

BEAUTYに関する最新記事