寒くてなにもしたくない40代に最適!? 時短で脱オバサン「ながら美容」3選

だんだんと寒くなってきて、なにをするのも億劫に感じやすい季節の到来です。

「若い頃は寒さが気にならなかったけれど、40歳を過ぎてからは、寒いとどうも億劫で。家に帰るとダラダラしちゃって、美容すらも面倒くさいわ」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

こんな季節こそ、“ながら美容”が大活躍。美容は、本来楽しく続けたい習慣だけに「面倒」と思うときには、できるだけ“手間が少ない方法”をセレクトし時短で楽しんでいきましょう。

今回は、私が実践する面倒ではないけれど効果を実感しやすい“ながら美容”を3選、お話していきます。

サボり心にぐさっと刺さる!並木さんの過去記事はこちら

 

“ながら美容”成功のカギは動線上に置く美容セット

「“ながら美容”が手軽なのはわかっているのだけど、面倒くさくて結局、続かないわ」というお声も時折、耳にしますので、まずは“ながら美容”を続けるためのちょっとした心がけから。

実は私も、その昔は寝室のドレッサー周辺にコスメ類をまとめていたので「なかなか“ながら美容”が続かなかった派」のひとりです。

しかし、家で過ごす時間が一番長いリビングルームに、“ながら用”のアイテムをひとまとめに置いてみたところ、こんなに些細なことなのに、びっくりするほど美容タイムが取れるように。

「リビングにコスメを置くなんて、生活感が出ない?」と気になる方もいらっしゃると思うのですが、お気に入りの入れ物を使ってインテリアの一部として置いてみたところ、テンションが上がっています。

 

1:メールチェックをしながらリップケア

 

近年は自宅でも、スマホやパソコンでのメールチェックが日課になっていらっしゃる方も多い時代ですよね。

そして、メールやLINEなどを見ているときは、自分で思っている以上に時間を費やしていることも。そんなこともあって私は最近、このタイミングを利用してのリップケアが、日常になりつつあります。

いつも、リビングのソファorダイニングテーブルでメールチェックをする私は、リビングテーブル近くに置く「美容セット」にリップケアグッズ一式を揃え、すぐに手を伸ばせるようにしています。

「わざわざ準備するのが面倒!」というときでも、すぐに手が届く場所にあると、そこまで億劫には感じなくなりました。

 

2:ハンドクリームは家中のいたるところに完備

 

アラフォーになってからは、乾燥が気になる秋冬だけでなく、水仕事のあとなども手荒れが気になり始めた私。一大決心をして、“ながら美容”のために家中いたるところに、ハンドクリームを完備する方法にシフトしました。

リビングに、キッチン、寝室のベッドサイドからクローゼットにまでハンドクリームをセット。

これにより、カサつきが気になったときには、“なにかをしながら”ハンドケアができる体制が整い、基本のハンドケアは“ながら”で完了できるように。

こんなに“ちょっとしたこと”なのですが、自分でもびっくりするほど気楽なお手入れが習慣になり、今となってはかなり気に入っています。

以前は、寝室で手のカサつきが気になっても「リビングまで、ハンドクリームを取りに行くのが面倒……」なんて思ったこともあったのですが(そんな距離でもないくせに反省)、思いついたときに手を伸ばせる場所にあると、難なくハンドケアができます。

「美容ケアを“ながら習慣”にするには、自分の動線を考えるのも大事だな」と、痛感した次第です。

 

3:バスタイムを使ったフェイススクラブ

 

バスタイムを活用した美容法は、巷にたくさん溢れているだけあって、“ながら美容”としても定番です。

そんな中、私が最近気に入っている“ながらバス美容”は、お気に入りの入浴剤を入れた湯船に浸かりながらのフェイススクラブ。

バスルームにいるときの肌は「毛穴が開きやすい」と言われていることから、私の場合は「スクラブは、お風呂の外でするよりも、むしろ“ながら美容”のほうが目に見えて肌が変わった!」と言っても過言ではないほど効果を実感しています。

ただし、お風呂場では普段よりも肌が柔らかくなっているので、ゴシゴシと強い刺激は与えないように十分に気をつけて!

そのあと洗顔をし再び湯船に浸かってから、オールインワンジェルによる保湿ケアも取り入れつつ、入浴後に通常のスキンケアに移行しています。

 

究極の時短美容でもある“ながら美容”成功のカギは、自分の生活動線に美容グッズを置いてしまうことに尽きます。

「このケアは、どこでやるのが一番ラク?」を考えながらアイテムをセットしていくと、「寒くてなにもしたくない!」な日にも手軽に美容タイムが取れるようになるかも。よろしければ参考になさってください。

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

お泊りデートでオバサン判定!40代女性が「ギョっとされた」3つのNG行動

お泊りデートは、意中の男性との心の距離を、さらに近づけるチャンス。ところが、少し気を抜いたがばかりに、男性から「オバサンくさい女性だな……」と残念なレッテルを貼られてしまった40代女性もチラホラです。「40…

「そりゃお別れされますよ…」男がドン引きする40代女性のダメ習慣

今どきは、婚歴のある独身者も、決して珍しくない時代。40代で独身の女性にも、過去に結婚をしていた過去がある人も少なくありません。そして、離婚歴があっても、恋愛や次の結婚に意欲的な女性だって珍しくなく「い…

ごめんダサいし昭和っぽい…男が「変だ」と感じる40代女性の定番メイク

クラシカルなテイストでまとめたメイクは、40代がすると大人の魅力が引き出される“オシャレ”になるはずだけれど、男性目線だと「いやいや、ダサいし昭和っぽいでしょ……」となることもあるようです。自分では、あえて…

19年夏「日焼け止め」選び方の正解は?40代はSPF、PA以外にコレをチェック!

本格的な日差しの強さを感じる日も多くなってきた今日この頃。デイリーのUV対策にも、本腰を入れたいシーズンの到来です。ところで、ドラッグストアをはじめとして、市場にはたくさんのUVアイテムがあるだけに「私に…

男の目は本当キビシイ…! 「この子、メイクが下手」と感じた40代女性の肌3つ

40代ともなると、ちょっとした不摂生や疲れによって、お肌の状態が不安定になるのも“あるある”です。そして、そんな女性たちの肌に向けている男性たちの視線は、こちらが思っている以上にシビアなものも……。男性の目…

令和なのに昭和感…40代が陥りがちな「古臭いアイメイク」って?

新元号「令和」の時代を迎え、ようやくその響きにも慣れてきた今日この頃。気持ちも新たに、新時代を清々しく迎えている人も、少なくないと思います。ところが、どんなに気持ちがフレッシュでも、メイクの出来によっ…

こんな白髪はイヤだ…男が嫌悪感を示す40代女性の白髪状態って?

年齢を重ねれば「お互い様」になってくる老化のひとつが、白髪。それだけに、同世代や目上世代の男性たちは、40代女性の白髪にも、女性が思っている以上に寛容な実態もあります。しかし「お互い様ではあるけれど、こ…

異性の目は厳しい…男が「アンバランス」だと感じた40代女性のリップメイク

メイクの印象は、全体の統一感もさることながら、口紅の色や質感ひとつでもガラリと変わります。特に40代は、肌の“くすみ”が目立ち始めることもあり、自分の肌色と相性の悪い口紅を選んでしまったがばかりに残念な印…

誰このオバサン…40代女性が自分で「使った途端にオバ顔」を痛感した定番コスメって?

本格的に暑さを感じる日も増えてきた、今日この頃。そろそろ手もとのデイリーコスメを夏仕様にチェンジしようと思っているかたも多いのではないでしょうか。新しいコスメを使うときにはワクワクするけれど、顔に塗っ…

残念すぎる…男からいろんな意味で「怖い」と言われる40代女性の外見って?

人の印象は、見た目によっても大きく左右されると言われますが、異性からの「この人って、こんなタイプ?」の推測でも、外見は明暗を分けるポイントに。40代ともなると、良くも悪くも「貫禄」がついてくる人も珍しく…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事