寒くてなにもしたくない40代に最適!? 時短で脱オバサン「ながら美容」3選

だんだんと寒くなってきて、なにをするのも億劫に感じやすい季節の到来です。

「若い頃は寒さが気にならなかったけれど、40歳を過ぎてからは、寒いとどうも億劫で。家に帰るとダラダラしちゃって、美容すらも面倒くさいわ」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

こんな季節こそ、“ながら美容”が大活躍。美容は、本来楽しく続けたい習慣だけに「面倒」と思うときには、できるだけ“手間が少ない方法”をセレクトし時短で楽しんでいきましょう。

今回は、私が実践する面倒ではないけれど効果を実感しやすい“ながら美容”を3選、お話していきます。

サボり心にぐさっと刺さる!並木さんの過去記事はこちら

 

“ながら美容”成功のカギは動線上に置く美容セット

「“ながら美容”が手軽なのはわかっているのだけど、面倒くさくて結局、続かないわ」というお声も時折、耳にしますので、まずは“ながら美容”を続けるためのちょっとした心がけから。

実は私も、その昔は寝室のドレッサー周辺にコスメ類をまとめていたので「なかなか“ながら美容”が続かなかった派」のひとりです。

しかし、家で過ごす時間が一番長いリビングルームに、“ながら用”のアイテムをひとまとめに置いてみたところ、こんなに些細なことなのに、びっくりするほど美容タイムが取れるように。

「リビングにコスメを置くなんて、生活感が出ない?」と気になる方もいらっしゃると思うのですが、お気に入りの入れ物を使ってインテリアの一部として置いてみたところ、テンションが上がっています。

 

1:メールチェックをしながらリップケア

 

近年は自宅でも、スマホやパソコンでのメールチェックが日課になっていらっしゃる方も多い時代ですよね。

そして、メールやLINEなどを見ているときは、自分で思っている以上に時間を費やしていることも。そんなこともあって私は最近、このタイミングを利用してのリップケアが、日常になりつつあります。

いつも、リビングのソファorダイニングテーブルでメールチェックをする私は、リビングテーブル近くに置く「美容セット」にリップケアグッズ一式を揃え、すぐに手を伸ばせるようにしています。

「わざわざ準備するのが面倒!」というときでも、すぐに手が届く場所にあると、そこまで億劫には感じなくなりました。

 

2:ハンドクリームは家中のいたるところに完備

 

アラフォーになってからは、乾燥が気になる秋冬だけでなく、水仕事のあとなども手荒れが気になり始めた私。一大決心をして、“ながら美容”のために家中いたるところに、ハンドクリームを完備する方法にシフトしました。

リビングに、キッチン、寝室のベッドサイドからクローゼットにまでハンドクリームをセット。

これにより、カサつきが気になったときには、“なにかをしながら”ハンドケアができる体制が整い、基本のハンドケアは“ながら”で完了できるように。

こんなに“ちょっとしたこと”なのですが、自分でもびっくりするほど気楽なお手入れが習慣になり、今となってはかなり気に入っています。

以前は、寝室で手のカサつきが気になっても「リビングまで、ハンドクリームを取りに行くのが面倒……」なんて思ったこともあったのですが(そんな距離でもないくせに反省)、思いついたときに手を伸ばせる場所にあると、難なくハンドケアができます。

「美容ケアを“ながら習慣”にするには、自分の動線を考えるのも大事だな」と、痛感した次第です。

 

3:バスタイムを使ったフェイススクラブ

 

バスタイムを活用した美容法は、巷にたくさん溢れているだけあって、“ながら美容”としても定番です。

そんな中、私が最近気に入っている“ながらバス美容”は、お気に入りの入浴剤を入れた湯船に浸かりながらのフェイススクラブ。

バスルームにいるときの肌は「毛穴が開きやすい」と言われていることから、私の場合は「スクラブは、お風呂の外でするよりも、むしろ“ながら美容”のほうが目に見えて肌が変わった!」と言っても過言ではないほど効果を実感しています。

ただし、お風呂場では普段よりも肌が柔らかくなっているので、ゴシゴシと強い刺激は与えないように十分に気をつけて!

そのあと洗顔をし再び湯船に浸かってから、オールインワンジェルによる保湿ケアも取り入れつつ、入浴後に通常のスキンケアに移行しています。

 

究極の時短美容でもある“ながら美容”成功のカギは、自分の生活動線に美容グッズを置いてしまうことに尽きます。

「このケアは、どこでやるのが一番ラク?」を考えながらアイテムをセットしていくと、「寒くてなにもしたくない!」な日にも手軽に美容タイムが取れるようになるかも。よろしければ参考になさってください。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

2位は浮気、3位は浪費、1位は? 40代女性に聞いた 「リアルな離婚原因」ワースト3

離婚歴がある女性も40代には少なくないけれど、離婚の原因が「夫側にあった」というケースも意外と多いのが実情です。「夫婦は鏡」なんて言われることもありますが、妻は必死で家庭を守ろうと努力しても、夫が“結婚…

難ありだけはご遠慮したい…!「結婚歴のない男」にありがちな特徴TOP5

「いいな」と思った男性が、それなりの年齢になっているのに「結婚歴なし」だと、“難あり”を疑ってしまう女性も多いのではないでしょうか。人並みに恋愛をしていれば、過去に何度かは“結婚に至るご縁”とも巡り合って…

自覚のない「恋は盲目」にご用心…! 離婚する男の3大傾向がアンケート調査で判明

今は、離婚歴のある男性と、交際を考えたり実際にお付き合いをしたりする40代女性も少なくない時代。本来であれば、一度は「生涯を添い遂げる」と決めた相手とは、何があろうとも運命をともにするのが理想ではあるも…

気づけばゴールインも…! 40代で大恋愛を掴んだ女性たちが「意識的に変えていたこと」3つ

ここ最近、アラフォーから40代女性までのご縁を立て続けにつなぐ機会に恵まれた私が思うのは「男女はなんだかんだ言って、収まるべきところにちゃんと収まるのだな」という点です。20代や30代前半までは“いい恋愛”と…

僕は遠慮します…男が引く40代女性の「私ってこんな人」アピール3パターン

40代ともなると、いわゆる“雑魚モテ”と呼ばれる不特定多数からのモテよりも、狙った相手からの“本命モテ”を求めたい女性も増えてきます。真剣交際できる相手を探していたり、婚活を成就させたいと考えている場合には…

ソレは勘弁! 男がドン引きした、40代独女3つのお泊りコーデ

外で会うデートを経て、“お泊まりデート”にまで進展する関係になれば、意中の彼との間柄も「順調に進んでいる」と思えるもの。こんなシチュエーションに臨むとき、20代の頃よりはドキドキしなくなっている40代女性だ…

安っぽいオバサン…!? ゴージャス狙いで「むしろ貧相になる」40代のNGメイクテク3つ

デートやちょっとしたイベントごとがある日のメイクでは、普段よりも“ちょっとゴージャス”な仕上がりを狙いたくなるものです。ところが、そんなシチュエーションでこそ、40代が陥りがちなワナも!自分では華やかなメ…

「キミのことはもう女として見られない…」40代女性がやらかす3大NG美容とは!

デイリーの美容で愛用しているグッズを見て、恋人や夫が「それ、今ここでやる必要あるの?」なんて内心で毒づいている……そんなシチュエーションって、実は結構「あるある」です。美容術は、どんなテクであれ「やらな…

気づけば男が引いていた!? 「育ちが悪い40代女」と思われるダメファッション3例

40代になったとしても、男性たちからは「育ちが悪そう」と思われるよりも「育ちが良さそうな女性だ」と思われたほうが嬉しいのが、私たち女性の本音。他方で、巷の男性たちが第一印象で抱く感想って意外と辛辣でもあ…

紹介話がザクザク舞い込む!? 「ほったらかしでモテる」40代女性のSNS写真ってこんな感じ

先日、紹介話を断られやすい40代女性の“顔”にまつわる印象を書きましたが、一方で、写真のイメージがいいというだけで「この女性を、紹介して!」と男性が群がる女性もいるのが真実。言ってみれば「ほったらかしでも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事