寒くてなにもしたくない40代に最適!? 時短で脱オバサン「ながら美容」3選

だんだんと寒くなってきて、なにをするのも億劫に感じやすい季節の到来です。

「若い頃は寒さが気にならなかったけれど、40歳を過ぎてからは、寒いとどうも億劫で。家に帰るとダラダラしちゃって、美容すらも面倒くさいわ」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

こんな季節こそ、“ながら美容”が大活躍。美容は、本来楽しく続けたい習慣だけに「面倒」と思うときには、できるだけ“手間が少ない方法”をセレクトし時短で楽しんでいきましょう。

今回は、私が実践する面倒ではないけれど効果を実感しやすい“ながら美容”を3選、お話していきます。

サボり心にぐさっと刺さる!並木さんの過去記事はこちら

 

“ながら美容”成功のカギは動線上に置く美容セット

「“ながら美容”が手軽なのはわかっているのだけど、面倒くさくて結局、続かないわ」というお声も時折、耳にしますので、まずは“ながら美容”を続けるためのちょっとした心がけから。

実は私も、その昔は寝室のドレッサー周辺にコスメ類をまとめていたので「なかなか“ながら美容”が続かなかった派」のひとりです。

しかし、家で過ごす時間が一番長いリビングルームに、“ながら用”のアイテムをひとまとめに置いてみたところ、こんなに些細なことなのに、びっくりするほど美容タイムが取れるように。

「リビングにコスメを置くなんて、生活感が出ない?」と気になる方もいらっしゃると思うのですが、お気に入りの入れ物を使ってインテリアの一部として置いてみたところ、テンションが上がっています。

 

1:メールチェックをしながらリップケア

 

近年は自宅でも、スマホやパソコンでのメールチェックが日課になっていらっしゃる方も多い時代ですよね。

そして、メールやLINEなどを見ているときは、自分で思っている以上に時間を費やしていることも。そんなこともあって私は最近、このタイミングを利用してのリップケアが、日常になりつつあります。

いつも、リビングのソファorダイニングテーブルでメールチェックをする私は、リビングテーブル近くに置く「美容セット」にリップケアグッズ一式を揃え、すぐに手を伸ばせるようにしています。

「わざわざ準備するのが面倒!」というときでも、すぐに手が届く場所にあると、そこまで億劫には感じなくなりました。

 

2:ハンドクリームは家中のいたるところに完備

 

アラフォーになってからは、乾燥が気になる秋冬だけでなく、水仕事のあとなども手荒れが気になり始めた私。一大決心をして、“ながら美容”のために家中いたるところに、ハンドクリームを完備する方法にシフトしました。

リビングに、キッチン、寝室のベッドサイドからクローゼットにまでハンドクリームをセット。

これにより、カサつきが気になったときには、“なにかをしながら”ハンドケアができる体制が整い、基本のハンドケアは“ながら”で完了できるように。

こんなに“ちょっとしたこと”なのですが、自分でもびっくりするほど気楽なお手入れが習慣になり、今となってはかなり気に入っています。

以前は、寝室で手のカサつきが気になっても「リビングまで、ハンドクリームを取りに行くのが面倒……」なんて思ったこともあったのですが(そんな距離でもないくせに反省)、思いついたときに手を伸ばせる場所にあると、難なくハンドケアができます。

「美容ケアを“ながら習慣”にするには、自分の動線を考えるのも大事だな」と、痛感した次第です。

 

3:バスタイムを使ったフェイススクラブ

 

バスタイムを活用した美容法は、巷にたくさん溢れているだけあって、“ながら美容”としても定番です。

そんな中、私が最近気に入っている“ながらバス美容”は、お気に入りの入浴剤を入れた湯船に浸かりながらのフェイススクラブ。

バスルームにいるときの肌は「毛穴が開きやすい」と言われていることから、私の場合は「スクラブは、お風呂の外でするよりも、むしろ“ながら美容”のほうが目に見えて肌が変わった!」と言っても過言ではないほど効果を実感しています。

ただし、お風呂場では普段よりも肌が柔らかくなっているので、ゴシゴシと強い刺激は与えないように十分に気をつけて!

そのあと洗顔をし再び湯船に浸かってから、オールインワンジェルによる保湿ケアも取り入れつつ、入浴後に通常のスキンケアに移行しています。

 

究極の時短美容でもある“ながら美容”成功のカギは、自分の生活動線に美容グッズを置いてしまうことに尽きます。

「このケアは、どこでやるのが一番ラク?」を考えながらアイテムをセットしていくと、「寒くてなにもしたくない!」な日にも手軽に美容タイムが取れるようになるかも。よろしければ参考になさってください。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

【オバサン認定注意】アラフォーがやりがち!NGベースメイク6選

アラフォーは年齢特有の“劣化”が肌にも現れやすいだけに、メイクでしっかりフォローしてみずみずしい印象を狙っていきたいところです。なかでもベースメイクは最も年齢が出…

ナチュラルメイクの落とし穴! 塗るだけで「うっかり5歳オバ見え化」を招く口紅選びの3大ワナ

「うっかりオバサン見え!」は、どんなメイクにおいても、絶対に避けたいのが私たちの本音。しかし、ナチュラルメイクを心がけるにあたって「塗るだけでオバサン」になりやすい口紅もあるために、ここがちょっとした…

なんでもいいわけじゃない! 「3歳老け見え」を招く残念なチークの選び方3大ワナ

薄づきを意識してメイクをしていても、周囲から「あの人、厚化粧のオバサンって感じ!」などと思われてしまったら、すごく残念。他方、ナチュラルメイクブームが継続中だけに、デイリーメイクは「できる限り薄め」を…

男は辛辣! 20代なら可愛くとも40代だと「即座にオバ見え」な女性のNG3しぐさ

ちょっとした“しぐさ”のせいで、男性に「この女性は、かなりオバサンっぽいなぁ……」と思わせてしまうのは、婚活を意識している40代女性ほど避けたいもの。しかし時として、世間が40代女性に対して抱く感想は辛辣で、…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事