クラブママがズバリ指摘!そのファッション「おばさん丸出し」ですよ!

年齢を重ねるほど、ポジションが上がるほど、私たちは「見た目」に気を配らねばなりません。美しさが大前提であるホステスも然り。私たちは日々「オバ化」していくのです。今回は、多くの男性が「これは、オバサン」と指摘するがっかりポイントを、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお伝えします。

1・楽ちんペタンコ靴に逃げる

年を追うごとに、ハイヒールから遠ざかってしまうのがアラフォー女性の実情です。でも、楽さを優先するあまり、ペタンコ靴を履いてばかりだと「色気ゼロ」「緊張感がない」と男性からは不評の声。以前、お伝えした「CAに学ぶ、2種類のヒール履き分けで作るモテ美脚」では、ヒールの高さと男性からのモテ指数もお伝えしました。

ホステスも、店内では7~10センチのハイヒールがお約束。しなやかな美脚は、女性の武器と言ってもいいでしょう。CA時代は爪先が丸くラウンドした「オーバルトゥ」のシューズを支給されましたが、美脚を目指すなら爪先が尖った「ポインテッドトゥ」もおススメです。シャープなシルエットは脚長効果があるうえ、女性をよりエレガントに見せてくれると評判なのです。

移動中はローヒールでも、せめてオフィスやパーティでは必ずハイヒールを履きましょう。

 

 

2・防寒優先で厚着ファッションになりがち

 

私たちが「素敵に見せる服」より「機能重視」に変わったのは、いつごろからでしょう? 酷な言い方かもしれませんが、おしゃれ心を忘れた時点で危険信号! オバ化の波が忍び寄っています。

「ババシャツ」などはその最たるもの。他にもオバサンを感じるのは、
・厚手のタイツにレッグウォーマー
・もこもこタートルネックにカジュアルすぎるニット帽
・ボアブーツ
・腰や背中に貼ったカイロのチラ見え

などと辛辣。

若い子なら許せても、アラフォー女性の「いかにも防寒優先」「重ね着の着ぶくれ」は避けたいですね。防寒は薄手の羽織りものにするなど、適度にボディラインを見せ、大人の女性ならではのセクシーさを忘れずにいたいもの。出会いの多い呑み会やパーティでは、時に「やせ我慢」も必要です。

 

3・無難なベーシックカラーばっかり

「これは一生ものだから」と黒・紺・グレー・茶・ベージュが、クローゼットに溢れていませんか?

以前「ホステスに学ぶ、驚くほど魅力アップのモテ色って?」でもお話ししましたが、肌がくすみがちなアラフォー女性こそキレイな色を着てほしいと感じます。肌映りのいい明るめカラーは、女性を若々しく、溌剌と見せてくれるのです。

ホステスも、ほの暗い店内でも映える淡い色、鮮やかな色を着るよう店側から指導されています。ダークカラーを着ることのできるホステスは「売り上げトップ5名まで」「着物ならダークカラーでもOK」などと店ごとのルールも。

色が人の心理と行動に及ぼす影響は絶大です。ベーシックな黒のスーツも地味にまとめすぎず、キレイ色のブラウスやスカーフ、アクセサリーで「脱・オバ」を心がけましょう。

 

「楽ちん」「無難」「機能重視」ばかりを追求していると、あなたの魅力が半減します。外見を気遣うことは、オバ化を払拭するばかりではなく、人から丁寧に扱ってもらえる第一歩。出会いやビジネスチャンスも好転すること間違いなしです。

 

スポンサーリンク

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街…

40代にありがちな服迷い。「やってはいけないコーデ」4選

「このイラストを見かけるたび気が引きしまる」「OTONA SALONEを読むのが毎週の禊」と各界で大人気、それが「脱オバサン!」イラストコーデ企画。今回は「真夏に起こりうる…

植松晃士 一歩間違うと「オバ見え」です! 大人スニーカーのたしなみ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回はダイエットのお話をしましたが、今回は足元ファッションのお話。ラクだから。老いも若きもスニーカーちょっとでも理想の体型に…

植松晃士 オバ見え回避! 40代が「捨てるべき服、持つべき服」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前代未聞の10連休をみなさん、どうお過ごしになりましたか? 海外に行かれた方、国内旅行を楽しんだ方、おうちでまったりしていた方…

【植松晃士】それがオバ見えの元! 40代が「やってはいけない」流行、「いい」流行

みなさん、こんにちは。植松晃士です。近頃は朝晩が少し涼しくなって、やっと過ごしやすくなってきましたね。そろそろ秋のお買い物をどうしようかな、なんて思っている頃で…

【植松晃士】オバ見えさせない! 40代が「ブラウン」を着るときのテクニック

みなさん、こんにちは。植松晃士です。10月になり、初旬は暑い日もありましたが、そろそろ秋ファッションをリアルに楽しめますね。由々しき問題! 茶色しかない秋とはいえ…

【男の本音】「もう家に帰って!」アウトドアデートで男性が✕を出した女性の服装

過ごしやすい季節になりましたね。こんな季節に楽しみたいのは空気のおいしい自然の中でのレジャーやアクティビティです。気になるあの人と、友人と、職場の仲間たちとアウ…

モテる女性はやっている!【LINE】で男心をつかむテク3選

今やコミュニケーションに欠かせなったLINEは、ビジネスやプライベートと様々な場面で活用されています。だからこそ、相手に好印象を持ってもらえるLINEを送りたいもの。実際、モテる女性はどのような部分に…

【男の本音】結婚の決め手は何だった?「男が逃したくない女性」4つの特徴

男女ともに既婚率が低下している昨今。しかし、幸福の一つの選択肢として「結婚」が揺るぎないのも事実です。では、男性たちの結婚の決め手となったものは何でしょう?CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者が男性陣…

クラブママ伝授!ホステスに学ぶ「元カレと復縁」する4つの方法

出会いと別れは紙一重。どれほど甘い恋愛期間を過ごしていても、ある日突然、別れがやって来るかもしれないのです。「どうしても元カレと復縁したい」と熱望するあなた、高級クラブのホステスたちの思考や接し方がと…

「彼女、美人だよね」と言われる人のごく当たり前の10の習慣

50歳を過ぎても、ナチュラルな色香を放ち、男性が放っておかない女性っていますよね。彼女たちに共通しているのは、ひとえに「女を忘れない」心がけ。若い女性と張り合うのではなく、成熟した自分を受け入れたうえで…

50代でも「モテまくる女」のごく当たり前な10の習慣って…?

内面が充実してくる一方で、容姿の衰えは否めない50代。当然ながら、男性からのお誘いや扱い、モテにも大きく影響しており――。モテを左右するのは、ひとえに「女を捨てない」心がけ。そんな50代のモテ女性の習慣…

美人じゃなくてもここまでモテる!40代女性の「アリな色気」4つの極意

美女なのにいまいち男性と縁がない女性がいる一方で、容姿はそこそこでも、周りに男性が絶えない女性が存在します。私自身、10年間にわたり六本木のクラブママを勤めましたが、必ずしも「ナンバーワンホステス=ス…

実はここならモテモテ?40代独女が「理想の独身男性」と出会える場所って

40代独女の婚活が、厳しさの一途をたどるのは周知の事実。「平成駆けこみ婚」を焦るあまり、流されるまま、お見合いパーティや街コンに参加し、お手軽に知りあった男性に遊ばれてしまったり、「こんなはずじゃなか…

「婚活開始から1年以内にゴール」できた40代女性の3大共通点って?

「婚活疲れ」は、社会現象のひとつとなっています。「ちょっとだけ休もうかな」「でも、ここまで頑張ったんだし」と行ったり来たりを繰り返す女性が多い一方で、短期決戦で見事勝利を収めた女性も大勢いるのが実情で…

ウソ…もしかして私「セカンド女」?疑わしいカレの挙動7つ

彼との「愛情の温度差」を感じることってありますよね?常にスマホをチェックして落ち着かなかったり、別れ際が以前より素っ気なかったり、次のデートの約束を「忙しいから、こっちから連絡するよ」と大よその予定さ…

一発アウト!40代女性が即恋愛圏外にされる「ゲンメツ臭」4つ

30歳を過ぎると、気になる人が多いと言われる加齢臭やミドル脂臭。汗をかきやすい夏が終わっても、ニオイとの戦いは一生続きます。今回は冬場の「女性のゲンメツ臭」に注目。男性に「女性のニオイに関するガッカリ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事