宝くじシーズン到来!高額当選した40代女性の「末路」は?

年末が近づいてくると、宝くじ売り場には一攫千金を求める人々が詰めかけ、長蛇の列になっているのを目にします。確かに、もし3億円も当たったら、夢も希望も広がりそうですが、あるデータを見ると、宝くじに当たった人たちのその後は、輝かしい未来どころか、悲惨になっているケースがほとんどなのだとか…。そこで、今回は、宝くじの落とし穴と注意点ついてお話しします。

大金は手に入ったけど、失うものも多かった…

一度は誰もが夢みる一攫千金。宝くじに当たったら「高級マンションも買えそうだし、海外旅行にもバンバン行けそうだし…」といろいろ夢が膨らみますが、実際に高額の宝くじに当たった人たちは、不幸になってしまっているケースが多いのだとか。

実は、以前、私のところに宝くじで3億円当たったという女性が相談にやってきました。40代前半の彼女は、普通の派遣社員のOLで、宝くじが当たるまでは、手取り20万円程度のお給料をやりくりして堅実に暮らしていたそうです。

ところが、3億円も手にしてしまったので、それまで我慢して働いていた派遣の仕事を辞めてしまいました。そして、収入がなくなってしまったにもかかわらず、ブランド物のバッグや靴、時計、洋服を買いまくり。高級レストランや海外旅行にも行きまくって、それまでとは真逆な派手な生活を送るようになってしまったとのこと。

また、宝くじが当たったことで、金融機関をはじめ、買い物にいく先々でVIP対応を受けるようになり、高額な金融商品やジュエリー、高級マンション、車などを買ってしまい、3億円もあったのに、あっという間に、残り少なくなってしまったとのことでした。

周囲からちやほやされることに慣れてしまって、友人や家族に高飛車な態度をとるようなってしまい、彼女から友人も離れていき、家族からも孤立してしまったようです。

そう、せっかく夢の一攫千金を手にいれたのに、気がつけば、仕事も友人も家族も、お金も失ってしまったのでした。

私のお客様の例のように、宝くじに当たった人は、その後、不幸な末路を迎えている人が少なくないようです。

もちろん、宝くじが当たったことで幸せに暮らしている人もいることでしょう。でも、その差は、大金を扱う器があるかどうかにかかっている気がします。日頃より、人間的な器を広げ、大金を手にしても全うな人生を送ることができるよう努力をしておくことが大切ですね。

︎宝くじは一番割にあわないギャンブルって本当?

上記では、宝くじに当たったときのお話しをしましたが、当たった時の心配はさておき、そもそも宝くじって当たらないですよね(笑)。

みなさんは、ギャンブルの「控除率」というのを知っていますか?

控除率とは、宝くじや競馬、パチンコなどの主催者(胴元)の取り分のことです。宝くじの控除率はなんと「55%」もあるのです。

つまり、最初から主催者の都道府県や政令指定都市に半分以上、持っていかれているというということ。

この控除率は、競馬だと25%くらい、パチンコだと10%くらいです。ギャンブルを推奨するわけではありませんが、控除率だけみれば、宝くじよりも、競馬やパチンコをやる方がまだよいでしょう。

それに、競馬やパチンコは分析をしたり、経験を積んだりすることで勝てる確率が上がっていきますが、宝くじは、基本的に攻略法はありません。当たりやすいといわれている売り場で買う人も多いですが、気休めでしかないでしょう。

宝くじが貧者の税金といわれるワケ

こうやってみてくると、宝くじは、当たっても当たらなくても得することは少ように見えますね。

お金を増やすとき、最初から絶対に儲からないとわかっている商品に投資をする人はいないと思いますが、宝くじは、最初から主催者に取り分を半分以上持っていかれているので、まさに、儲からないとわかっている商品に投資しているのと同じことです。

さっきお話したように、宝くじの主催者は、都道府県や政令指定都市です。宝くじの収益金は、主催者である都道府県や政令指定都市の収入になり、この収入は公共事業などに使われているようです。

つまり、これらの自治体にとっては、宝くじの収益金は、税金が入るのと同じなのです。 

宝くじが「貧者の税金」といわれる所以ですね。

運試しと割り切って買う分にはよいかもしれませんが、今回お話した注意点を参考に考えてみてくださいね〜。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

特に無駄づかいをしていないのになかなかお金が貯まらない…という人は多いようです。私のところにも「無駄づかいをしていないのにお金が貯まらない…」という相談で訪れる人…

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

ファイナンシャルプランナーになって11年、今まで多くの女性のお金の相談にのってきましたが、お金が貯まる人と貯まらない人には共通項があることに気がつきました!「無駄…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

めんどくさがりズボラ女子でも、1年で貯金100万を達成できる3カ条

お金が貯まらない。でも細かく予算を立てたり、家計簿をつけたりするのはめんどくさいからムリ! 性格というのは変わらないもので、めんどくさがり人間がマメな人間になる…

銀行口座を分けるだけで月5万貯まる?カンタン貯蓄の仕組みづくり

貯蓄は必要だと思っても、お財布にお金が入っているとついつい使ってしまうものです。かといって、我慢ばかりではストレスがたまって逆効果。貯蓄を成功させるには、手間が…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきかどうか悩む人が少なくないでしょう。そこで…

普通預金の金利は0.001%…。超低金利時代のお得な預け先とは

依然続く超低金利の銀行預金。大手都市銀行の普通預金の金利は0.001%となっており、100万円を1年間預けても1年後の利息は10円(税引前)と雀の涙程度…。普通預金だけにお金を預けていても全くお金は増えません。かと…

「無駄遣いをしてないのに貯金できない」人のザル財布とは

私のところには、「特に無駄遣いをしているわけではないのに、お金が貯まらない…」という40代高収入シングル女性からの相談が少なくありません。高収入なのに「貯まらない」のはなぜなのか。40代高年収女性の消費行…

もしかしてうちも「モラハラ夫」…?気づいたときまずすべきお金の注意点

少し前、芸能人の三船美佳さんと高橋ジョージさん元夫妻の離婚で話題になった「モラハラ」。モラハラとは、「モラル・ハラスメント」の略で、精神的暴力、精神的虐待のことです。加害者は、態度や言葉によるいやがら…

40代独身OL、結婚したい一心でついコレに依存してしまった結末は?

簡単にお金が借りられることから年々キャッシングを利用する人が増えているようですが、ひとたび、返済が滞ってしまうと大変な事態になります。今回は、40代の独身派遣OL、R子さんの例をとりあげ、キャッシングの落…

40代でマンションを買う女性が陥りがちな落とし穴

40代になり、恋人もいないとなると、ふと頭をよぎるのが「この先もずっと独身かもしれない…」という不安。もし、一生独身ならマンションでも買って住む家は確保しておきたいと思うのが乙女心というものでしょう。た…

小銭貯金もバカにならない!楽しんで貯められる貯金箱とは

「お金を貯める」というと、妙に肩に力が入ってしまう人も多いと思いますが、気楽に楽しんで貯めるなら「小銭貯金」がオススメです。私は買い物したあとのおつりの小銭を貯金箱に入れるようにしているのですが、これ…

大不評「プレフラ」の背後で、ミスドやジョナサンがこんなにお得に!

経済産業省や経団連が連携して始まった、月末金曜日に早めの退社を促す「プレミアムフライデー」。15時に仕事を終わらせて、その後の時間を買い物や余暇に充てる消費喚起のキャンペーンですが、今年の2月に導入して…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います。そこで、今回は、年収300万円、400万円、…

知らないと損!薬局でパブロンやガスターを買う人は減税になる

1年間に支払った医療費が10万円を超えると適用になる「医療費控除」は認知度が高い制度ですが、2017年1月から導入された「セルフメディケーション税制」を知っているという人はまだまだ少ないのではないでしょうか…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事