40代、年下男性とのデートは奢らってもらってもいい?【マネー新常識】

マネー相談では、保険の見直し、家計簿診断などの相談が多いなか、41歳A子さんの主な相談内容は「デート代」についてでした。周りは独身の後輩、もしくは既婚者という環境であり「デート代」は奢ってもらっていいのか割り勘なのか相談する相手がいないとのことでした。

 

■年下男性とのデートは悩みどころ

外資系IT企業勤務のA子さんは年収750万円で、世間一般に比べて年収は高いと実感はあります。結婚は良い相手がいたらしたいと思っているので、友人の紹介やホームパーティーなどの誘いがあれば積極的に参加するようにしているそうです。30代の時は初めてのデートで奢ってもらうことに、それほど抵抗がなかったそうですが40代になりデート相手が年下となると、奢られることに躊躇するようになってきたそうです。

 

もともと、収入が高いということもあり、金銭的には男性と対等といたいと考えるA子さん。過去の経験上、彼より収入が高いと思えば気がつくとお金を貢ぐ形になっていたこともあります。また、割り勘を強く迫ると可愛くないようで2度目の誘いがないなどの経験から、可愛く奢られるのがベストとは思いつつ、相手が年下となると悩んでしまうとのことです。

 

■1軒目は奢られて、2軒目は奢る

収入が高い女性は割り勘の方が気楽と考える方も少なくありません。しかし、相手が年下だろうがデート代は相手のお金に対する価値観がみえるきっかけになるとアドバイスしました。

 

デートの回数が増える度に毎回、奢ってもらっては相手に経済的負担がかかります。しかしながら、最初から割り勘が当たり前という意識の彼だと、結婚後も生活費は折半、お財布は別という流れになる可能性が強い傾向があります。共働きの夫婦ではお財布が別という家庭は多いですが、お財布は一緒の方がお互いお金を貯める意識を持ちやすくなります。したがって、年下でも初めてのデート代は、1軒目は奢られて、気になるのであれば2軒目で奢るのが良いですねという話をしました。

 

■結婚を意識する彼氏の金銭感覚のチェックポイント

お付き合いをしている間に確認したい金銭感覚の3つチェックポイントをお伝えしておきます。

1.趣味に高額なお金をかけている

2.収入以上に生活レベルが高い

3.お財布がレシートだらけで整理されていない

 

結婚したからといって趣味がなくなるわけではありません。マネー相談でも、ご主人がバイクやフィギュアにお金をかけすぎていて困っているという話は少なくありません。計画的にお金を貯めて趣味につぎ込むタイプであれば良いのですが、新作が出た、欲しい物があれば、何でも買いたがるというタイプであれば結婚後も趣味にお金をつぎ込み続ける可能性は高いです。

 

また、収入以上に生活レベルが高いケースでは、収入と見合わず高額なお店でしか食事をしない、いつも新しい高目の洋服を着ているとなれば貯蓄はない可能性はあります。3つ目のお財布がレシートで財布がぐちゃぐちゃになっているタイプは、計画的にお金を使っているタイプではない可能性があり、いくら使っているか把握できていない傾向にあります。

 

■何でも話合いができる相手かどうか

3つのチェックポイントはあくまでも金銭感覚を見る際のポイントです。反対にきっちりしすぎているタイプだと、貯蓄はあるけれど、結婚後は靴下を一つ買うのにご主人にお伺いをたてないと買えないという窮屈な生活になる可能性も秘めています。

 

どちらのタイプにしても、話合いができる相手なのかが重要です。金銭感覚をすぐに変えられなくても、2人で何でも話し合えて一緒に決められる相手であれば、結婚してすぐにマネープランを立て金銭感覚を合わせていくことができます。デートを重ねて、何でも話合いができる相手がどうかを見極めることが重要です。

 

FPCafe登録パートナー 今関倫子

スポンサーリンク

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

年収400万と500万、年間貯金額はこんなに違った!100万貯めるコツ

どうもお金が貯まらない、自分はムダ遣いばかりしている、そんな風に感じている方も多いのではないでしょうか? 昇給があまりされなくなった現代において、となりの人はど…

【節約】おひとり様だからこそできる!ストレスフリーな「節約術」

厚生労働省によると平成29年(2017年)の女性の平均寿命は87.26歳となっており、平均寿命は年々のびていっています。40代にさしかかると老後の長い生活に少しずつ夢や不安をいだくようになってくるのではないでしょ…

【◯◯しないだけでOK!】貯蓄できる人が「やらない」5つの習慣

貯蓄ができる人と貯蓄ができない人では、日々の習慣にも違いがあります。貯蓄が思うようにできないという人は、自分の行動を振り返ってみませんか。今回は、貯蓄できる人はやらない5つの習慣をご紹介します。安い時…

【ラクにお金がたまる!】お金をためられる人がやっていること5選

お金を貯められない人が急に貯めようとすると、節約するために極端にお金を使わなくなったり、無理のある貯蓄目標額を設定したりするため、半年もたたずにギブアップしてしまうという人は少なくありません。お金を貯…

【40代の平均】老後?旅行?リアル40代は「何のために、いくら貯蓄をしている」?

友人や同僚と仕事や恋愛の相談はするけれど、具体的に聞きづらいのがお金の話。これまで、何となく将来に備えて貯蓄はしてきたという人も少なくないでしょう。ところでみんな何のために貯蓄をしているのか気になりま…

お金にも4つのパーソナルタイプがある?言われてみれば当たり前な「私がたまらない原因」

貯蓄がなくて不安、お金を貯めた方がいいとわかっていながら、お金が貯められないという人は少なくないでしょう。お金を貯めたい気持ちはあるのに貯められないのはどうしでしょう。そこには、心理的な要素がひそんで…

わからない!年収400万、ごくごく初歩の「投資」の前に知っておきたいことは

投資に興味はあるものの、「リスクが不安」、「難しそう」、「投資するほどの大金もない」など、なかなか投資に踏み出せない人は少なくありません。実は投資の基本を知ることで、こういった不安は軽減されるのです。…

春からはじめる!お金が貯まる3つの「生活改善」って?

年明けから早4ヶ月弱たち、気が付けば1年の1/3が過ぎ去ろうとしています。今年こそ、お金を貯める!と決意していたのに、計画通り貯蓄ができてない人も少なくないでしょう。今回は、なかなか貯められない人の原因…

【お得】断捨離で「捨てる」人は待った!さらにガッチリ「換金する」方法3選

貸物件の更新、マイホーム購入、転勤など引越しが決まったら、断捨離のチャンスです。これまで何年も使ってないから捨てたいけど、勿体なくって捨てられない衣類やバッグや靴などクローゼットにありますよね。今回は…

それじゃお金は貯まらない!財布の中に入っていたらNGなもの4つ

お金がなかなか貯まらないなら家計を見直すことは大切ですが、同時に「財布」の中身も見直してみませんか。「財布」にはお金、キャッシュカード、クレジットカードなど大切なものを入れているにも関わらず、意外と「…

私の常識は世間の非常識…?「節約」のつもりで「ドケチ」扱いの恐怖

お付き合いや結婚するなら「ケチな男性」は絶対にイヤ!とケチに対してはイメージが悪いでものですが、将来に向けて「きちんと節約している男性」なら信頼できると好感が持てるものです。この「ケチ」と「節約」の境…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事