ここに惚れた!オフィスで嬉しかったアラフォー女性の気遣い3つ

忙しい師走、職場もピリピリしたムードになりますよね。次から次へと仕事が重なって、息をつく暇もない……。

そんなとき、さり気なくこちらを気遣ってくれるアラフォー女性の存在は、まさに癒やし。忙しいときほど、思わず笑顔になるような心配りは男性の心を大きく動かします。

実際にどんな気遣いが喜ばれるのか、ご紹介します!

 

居心地の良い環境を考えてくれる

 

・「普段はあまり目立たない40代の社員さんなんだけど、お昼休みやこれから残業ってときに窓を開けて空気を入れ替えてくれたり、休憩用のテーブルをちょっと片付けてくれたりするのが嬉しい。冬場は『換気するね』って先に断ってくれるのも女性らしいというか……」(36歳/営業)

・「先日のこと。これから忙しくなるしって皆で休憩用のお菓子を持ち寄ったんだけど、40代の同僚はウェットティッシュと爪楊枝も持ってきてくれた。よく気がつくなと見直しました」(39歳/総務)

 

★ 仕事に集中していると、オフィスの環境が雑になりがちです。換気や軽い掃除などは日頃はできていても、忙しいとそこまで手が回らなくなりますよね。

だからこそ、率先して居心地の良さを考えてくれるアラフォー女性の気遣いはとてもありがたいもの。息抜き用に皆で使える小物を用意してくれる心配りは、男性にはなかなか思いつきません。

逆に、

「忙しくなると『ここ汚したの誰!?』ってヒステリーを起こすアラフォー社員がいるんだけど、こっちまでイライラしてくる」

のように、不満を撒き散らすような振る舞いはNG。気が立っているときは見ないふりをしてやり過ごすこともときには必要です。

 

ハンドクリームなどケア用品を貸してくれる

 

・「書類を触ることが多いので、気がつけば手がガサガサ。指先が切れやすくて困っていたら、同じ課の女性が『いつでも使って』とハンドクリームを差し出してくれた。すぐ使えるようにって、置き場所を決めてくれるのも嬉しかった」(37歳/介護)

・「取引や挨拶回りで外回りが増えていたとき、アラフォーの上司が足の裏に貼るホッカイロを渡してくれてびっくり。『気をつけてね』って言葉を今でも覚えています」(35歳/営業)

 

★ 嬉しい気遣いの中でも多く聞かれたのが、ハンドクリームなどケア用品を用意してくれた話。

自分ではあまり意識が向かないハンドクリームやホッカイロなどは、「いざ使ってみると本当に助かる。ありがたい」と思う男性が多いようです。

逆にNGだったエピソードでは、

「乾燥するからって自前のアロマ加湿器を持ち込むアラフォー社員。部屋の臭いはおかしくなるし、勘弁して欲しかった」

など、自分のことだけを考えた振る舞いが目立ちました。まずほかの社員の許可を取ろうね、うん。

 

コーヒーなどの差し入れ

 

・「普段はあまり話さないアラフォーの同僚と一緒に残業していたとき。『コーヒー好き?』と言われて頷いたらホットの缶コーヒーを2本買ってきてくれた。もう1本は『これが冷めるまでに終わらせよう』と言われて、何だかやる気が出ました」(40歳/配送)

・「外回りから帰った同僚が、『あなただけだよ』とこっそり俺の好きなカフェのコーヒーを渡してくれた。わざわざ行ってくれたのかと思うとそれだけで嬉しかった」(41歳/サービス)

 

★ 一番嬉しかった気遣いは、王道の差し入れでした。

「電話対応ばかりで疲れていたとき、休憩中にキャンディをみんなに配ってくれた同僚には感謝」など、ささやかな心配りでもちゃんと受け止めてくれるのですね。

ドリンクや食べ物の差し入れは、好みもあるので実は難しいもの。あらかじめ男性の好きな味などを確認しておくと失敗を防げます。

みんなの分を用意するのも好印象ですが、周りの人にはわからない「あなただけ」のような特別感があると、さらに嬉しくなりますね。

「ありがとう」と笑顔が漏れるような息抜きを提供できれば、ふたりの距離も気持ちよく縮まります。

 

 

 

大勢がいるオフィスだからこそ、あまり大袈裟な気遣いはかえって面倒だと思われることもあります。

喜ばれるポイントは、さり気なさがあること。相手に気を使わせないくらいの心配りが、実は一番記憶に残るということも。

相手も自分もほっとできるようなコミュニケーションで、忙しさを乗り切りたいですね。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

これは引く…オフィスで男性が固まった40代独女の「ランチのしきたり」3つ

社内でのお昼時間、どう過ごしていますか?同僚と集まってお弁当を広げたり、デスクでそのまま食べちゃったり、という女性もいるかもしれませんが、男性はしっかりチェックしています。中には、「何それ……」と思わず…

「私ってイケてるでしょ?」勘違いした40代独女の”モテ“と、男性の本音

いくつになっても自分に自信を持つ女性。「おひとりさま」なのは男に見る目がないから。独身だけど私は十分モテているからいいの!……その”モテ“、本当ですか?「私ってイケてるし!」と自分のものさしだけで判断して…

実録!年下男子が「イケると思っていたのに玉砕した」40代独女への片思い

「これなら告白してもOKをもらえる!」と確信を持っていたのに、実際にぶつかってみたらあえなく「NO」。何で!? と思うけど、そこには女性の気持ちを表面しか見ていなかった”油断”がありました。うまくいく恋愛に…

【男の本音】「恋愛に積極的になれない」のはこんな理由。人に言えない悩みのリアル

いくつになっても、恋愛を楽しみたい気持ちは男女変わりません。ですが、年齢を重ねれば重ねるほど、自分からアプローチできない、交際することにためらってしまうなど、「恋愛に積極的になれない」という人もいます…

オトナは「ゆるプロテイン」で美しく痩せる!【特集オトナの3kgやせ】

時間はあるしおせちは美味しいし……で油断するとすぐに太ってしまう年末年始。いつもより活動量が減ることで、増えた体重を運動で落とすのは難しい、と思いますよね。「このお正月で増えた2、3キロくらいを落としたい…

別れた彼女に「復縁を申し込みたくなる瞬間」、年下男子から40代独女のパターン

別れた女性のことをいつまでも忘れられない男性。関係が終わったときは「これで楽になれる」と思っていたのに、時間が経てば経つほど愛しさばかり募ってしまう。よりを戻したいと思っても、年下男子の場合は男らしさ…

この「あけおめ」はヤメテ。男性がウンザリした40代独女の非常識なご挨拶

新年を迎えると、会社の同僚や友人などに「明けましておめでとう」と連絡する女性は多いと思います。メールやLINEなどいろいろな手段はあるけど、考えたいのは受け取る側の気持ち。あまりに突飛だったりやりすぎだっ…

「ないわ~」男性がドン引きした40代独女の「飲み会後の”ウラ”会話」3つ

職場の忘年会や友達同士の飲み会など、何かと集まる機会が増える年末。その場では楽しく盛り上がったけど、後になって「あれさ~」とコソコソと”ダメ出し”をすることってありませんか?どうしても言いたいことがある…

年下男子が戦慄!40代独女の「終業時に見かけた”超オバサン”」な振る舞い3つ

終業の時間がきて、ホッと一息。さあ帰ろうかというとき、職場のアラフォー女性がおかしなことをしていて「またか……」とため息をつく。こんな年下男子に話を聞くと、「自分のことしか考えていない」のが”オバサン“と…

男性にとっても大問題!40代独女と付き合うときの”性欲“、ここに悩んでます

お付き合いになれば、避けて通れないのがベッドでの時間。男性にとって、好きな女性を抱けるのはもちろん嬉しいことだけど、気になるのがお互いの欲。「望んでいるのが自分だけだったら」「彼女のほうが積極的だった…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事