岩井志麻子が勝手に予想。不倫報道の次に来る「女の色恋」2018

いや~、去年は不倫報道ってのがすごかったね。

誰もが知る大物から、誰それってな小物まで。人妻のパンツかぶった写真は流出するわ、「一線は超えてない」「体をほぐしてもらっていただけ」といった、後々まで語り継がれる名言も飛びだすわ。

不倫報道のエンタメ化

いつの間にか有名人芸能人の不倫報道は、無関係で無責任な第三者にとって完全にエンタメ化してしまった。

とはいえもはや、やりすぎ、食傷気味。

そもそも不倫ってのは当事者達には大問題の死活問題でも、他人にはおもしろコンテンツでしかない。

だから、見たことも聞いたこともない地方局の女子アナとか、微妙な芸人とか出されると、松葉ガニを期待して行った店でカニカマ出された気分になるんだよ。

いや、カニカマもおいしいし、最初っからメニューにあればつまみに頼もうかとも思うけど。

 

驚かないくらい飽和状態

確かに、公人が公費を不倫のために使っちゃいかんよ。

でも、普段いろいろ私らより大きな抑圧を受けつつ大きく納税している人達が、本人の金で遊ぶくらいいいじゃない。

当事者達だけで解決すべき問題を第三者がほじくり返すのは、無駄に当事者達の人生を狂わせるだけでしょ。

そんなわけでまず2018年はずばり、不倫報道が減るね。

もはや、誰の報道が出てもさほど驚かないくらい飽和状態になってんだから、ニュースにならなくなる。なっても、あっそ、で盛り上がらないまま終わる。

 

不倫の次にくる恋愛的流行は

逆に、今度は不倫じゃなく不毛が流行るんじゃないかと予想してみる。

不倫は当事者には心ときめく楽しいものでも、人間関係壊したり社会的な制裁もある。

だけど不毛は無意味で生産性もないかわりに、大きく罰せられることも破滅することもない。

たとえば架空キャラに恋をし、歴史上の人物との交際を夢見る。

そんなんとっくに熱烈なファンやオタクはやってるといわれそうだが、不倫ではなく不毛を極めるなら、あえて好きでもない興味もない相手を適当に誰かに決めてもらって、それでどこまで自分が燃えて萌えてるか試す。

省エネの不況時代にぴったりな、不毛だけど知的な遊びよ。

ナポレオンではなく、ナポレオンの前妻の父親の弟を調べ尽くすとか。

バラの妖精ではなく、パラにたかる虫の天敵の鳥の妖怪を萌えキャラ化するとか。

マニアックすぎマイナーすぎたものが意外に今年盛り上がり、2019年の大ブームになったりして。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代で結婚できた女性がやっていた「男の選び方」4つのルール

アラフォー&アラフィフで結婚できる女性には、ある共通項がありました。美魔女じゃないとダメ? それとも良妻賢母タイプ?いいえ! ある一つのことが実行できる人ばっか…

【おひとりさま】 なぜか40代独身がすすめられる、幸せのための15のこと 【あるある】

世間というものは40代未婚のおひとりさまの行く末を心配してくださるのか、いろいろなものをすすめられます。独女の幸せを考えて、親族から、友人から、知人から、先輩から…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

宮沢りえ、再婚報道で思い出される「人生を変えた運命のフタリ」

“考える婚活””オトコの行動を読む婚活”を提唱している私ですが、婚活の最終的な決め手は縁だと思っています。本人同士がいくら頑張っても、縁がなければダメなのです。縁イ…

おひとりさま化が止まらない!? 「生涯未婚率」が過去最高を記録!

日本人の「生涯未婚率」が過去最高の数字を記録したことが、厚生労働省による国立社会保障・人口問題研究所の調査でわかった。2015年に行われた調査では、男性の生涯未婚率…

40代おひとりさま「婚活よりも先に」始めたほうがいい4つのこと

婚活歴1年3カ月のOTONA SALONE編集長・アサミです。昨年より「40代編集長の婚活記」を執筆しているが、実は婚活よりも前に始めていた活動がある。それは「終活」。実は、40…

平均貯金額や結婚年齢、平均体重…「40代女性の平均値」を調べてみた!

自分は自分、他人は他人……とは思っていても、やっぱり世間の平均が気になるというのが人間の欲望。OTONA SALONEでは、知って得するさまざまな「平均」を調べてみました!平…

岩井志麻子 20代それとも40代!? 女性の性欲のピークはいつなのか

五十二歳になった今、己を振り返ってみれば。やっぱり性欲が盛んだったのは二十歳~四十歳あたりだったわ。それはずばり、妊娠と出産の適齢期だったからでしょう。適齢期と…

「出会いがない」は言い訳。独身者が結婚しない、本当の理由

30代以上の男女が独身でいる理由の第1位は「適当な相手にめぐり会わないから」。国立社会保障・人口問題研究所が発表した第14回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調…

岩井志麻子 40代「オバサンと呼ばれたくない」女性がいて

オバサンと呼ばれたくない。と、真剣にいう一回りほど下の女性がいて、きょとんとしてしまった。誰も呼んでないじゃん。そりゃ世間一般的にはギャルじゃないけど、おしゃれだしきれいだし。私も彼女が年下というのも…

岩井志麻子「そろそろ閉経…」と思い始める40代女性に伝えたいこと

私自身が五十代も半ばとなり、閉経もした。少なくとも自然の状態、つまり医療行為をしない状態であれば絶対、妊娠はしない。当然、出産もない。50代になって思うこと子どもがいない五十代の女達は、「自分は生涯、子…

岩井志麻子 私も#me too だったのか? キャリア女性とセクハラ問題

痴漢された女性に、あなたが派手な格好してたからでしょ、とか。性被害に遭った女性に、二人きりになるなんてあなたにもその気があったんじゃないの、とか。さすがにそんな典型的なセカンドレイプみたいなことをいっ…

岩井志麻子 雑誌ではわからない【男の本音】というもの

直接会ってのインタビューではなく、簡単に電話でコメントをってのがときどきある。その中で、「あっ、また来たな」と苦笑させられる男性記者が何人かいる。私が「女の本音」をぶっちゃけたら「女の本音を教えてほし…

岩井志麻子「ヤレない美人とヤレるブス」のモテ問題を考える

だいたい、モテるモテないというのは、男と女で大きく概念も現場も違うものなのだ。女のモテる基準、男のモテる基準女はなんたって、チヤホヤが命。合コンに出ていわゆるお持ち帰りがなくても、あちこちから誘いかか…

岩井志麻子「美人」でも「キレイ」でもない、40女の生きる道

「いい女」といわれたい。そりゃまぁ、たいていの女はそう願うとは思うけれど。特に最近、その気持ちが強くなってきたと感じたら。ずばり、あなたは四十路になったのです。そしてあなたはもはや、美人」「きれい」と…

岩井志麻子 40歳を過ぎると「みんなセックスレス」問題について

子どもの頃、親に必ず怒られる言い方として、「みんな持ってるもん」「みんなやってるのに」というのがあった。「あれ買って~、みんな持ってるもん」そういうと親は決まって、「本当にクラス全員、いや、日本中の子…

岩井志麻子 女が「更年期」を迎えて変わってきたこと

私は丈夫で呑気だが、毎晩飲んでるし高カロリーな食べ物好きだし、常にしょうもないことにウジウジもイライラもしている。そんな私だから、という前置きと、そんな私でも、という前置きで話すのは更年期についてだ。…

岩井志麻子「結婚しない女」と「セックスレスの男」が、増えた理由を考える

別にテレビは分厚くてもいいし、日本男児は仮性包茎でいいし、日本女性は一重瞼でいいわけよ。電化製品を売る側が薄型がカッコいいと宣伝し、美容業界がムケてなきゃ男らしくないと印象操作し、マスコミが美女はみな…

岩井志麻子 40代からの、本当に「痛い女」について考える

私は心が黒い女だが、「あの女って痛い」と思ったことはない。世間では、若作りする女や熟年になって恋する女、自己評価が高過ぎる女、等々を痛いと称するらしいが、私にとってそういう女達は、若作りしている女、熟…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFESTYLEに関する最新記事