40代オシャレの選択! 編集長アサミの「この冬、買ってよかった服」3選

40代になって一度、「オシャレ迷子」になったOTONA SALONE編集長の浅見です。以前着ていたものが、なんだか似合わなくなったと感じたのは43歳の頃。

あることをきっかけ(詳しくはコチラ)に、「心地いいもの」「テンションが上がるもの」を探すようになってから、なんとなく40代の「自分らしい服」ができた気がしています。そんな40代の私が、この冬、リアルに買ってよかったと思う服を3つほどご紹介しましょう。

 

1.RED CARDのデニム

みなさん、いま履いているデニムってどのくらい前に買ったものですか? 4~5年以上前だったりしません?

定番デニムにも流行りのシルエットや硬さがあります。一周まわってまた流行るなんてこともありますが、微妙に股上の深さや太ももあたりのゆるさ、すそなんかが違うんですよね。定番デニムだとしても数年前のものを履くとなんかこなれて見えないというか。

私が買ったのはRED CARDのAnniversary 25thというタイプで、ボーイフレンドデニムよりちょっとすっきりしたテーパード。とはいえ、ピッタリするわけでもない。細くもなく、太くもないシルエット。国産ブランドのデニムなので日本人の体型に合わせて作られていたり、ヴィンテージ感のある色落ち加減が絶妙なんです。

やや硬めの素材と柔らかめの素材があるみたいなんですが、キレイめにも履きたいオトナ的には硬めの素材をセレクト。少し硬いくらいのほうが40代のムチ肉をおさめてくれる(苦笑)。硬めといっても全然、やわらかい履き心地です。価格は2万円くらい。

これを履いていたときに友達に「脚、細くてまっすぐね」とほめてもらえました。ホントはX脚なんですが。脚のカタチもキレイに見せてくれるデニムです。

 

2.G.H.Bass&Co.のローファー

デイリーに履いていたオジ靴が一足、ダメになりまして……。

買い換えようと思った矢先、仕事でお会いした男性のローファーがとってもツヤツヤで美しかったんですね。いい革のローファー履いてるな、カッコイイなと思って。ダメにした自分のオジ靴はプチプラだったし人工皮革のものだったから、新しいオジ靴は“きちんと感”のあるもの本革の靴にしようと思いました。

やっぱり40代、足元はちゃんとした靴を履いていないとだなと!

いいローファーないかなと思っていた頃、たまたまお店で出会ってしまったのがG.H.Bass&Co.のローファー。正式にはローファーじゃなくて、「WEEJUNS(ウィージャンズ)」というのだそうです。価格は15,000円くらいだったかな。

買ってから知ったのですが、この「ウィージャンズ」は1936年に誕生したローファーの元祖と言われるデザインの靴なんだとか。当時の社長が、ノルウェーモカシンをヒントに開発。ノルウィージャン(ノルウェーの)から転じて「ウィージャンズ」という名前になったらしいです。

ちなみにあのマイケル・ジャクソンも愛用していたのだとか。40代なら、「ビリージーン」のMVで白ソックス×黒いローファーという足元で踊っていた姿を覚えている人も多いのでは? あのローファーはG.H.Bass&Co.のものなんですって! 買ってから知りました。マイケルと一緒だなんて、それだけでテンション上がります!

 

3.FRAMe WORKの白タートルニット

冬って黒やネイビー、ブラウンなど深めの色が多くなりがちじゃないですか。だから明るい色の、しかもあったかそうで、新年気分もちょっとプラスしそうなニットを買いたいなと。

(※身近な人々から「ふだんから赤とかイエローとか派手な色を着てるじゃないか!」というツッコミがきそうですが)

Vネックやクルーネックニットは比較的持っていたのだけれど、意外なことにニットとなると黒タートルニットしかないことに気づきました。寒いから首元まであったかいのが欲しいなと。

ネットでポチポチと探していて見つけたのがコレ。FRAMe WORKの白タートルニットです。前が少し短め、後ろが少し長め丈になっているので、ワイドパンツやフレアスカートのようなボリュームのあるボトムを合わせてもわりとスッキリ見える気がします。

顔がちょっと埋まるくらいボリューム感のあるタートルも、小顔効果がありそうでうれしい。いかんせん、丸顔悩み歴40年のキャリアがあるもので、丸顔対策はつねに考えております(笑)。ちょっとメイクが付いてしまいそうなので気をつけなきゃですけど……!

また、肌触りがいいんです! しっとりフワフワ。羊毛96%+カシミア4%なんですが、カシミアニットとはまた違ったしっとりした柔らかさというか。チクチクしなくて、むしろ着ていて心地よくて癒されるんです……。

 

以上、OTONA SALONE編集長の浅見・45歳が「心地いい」「テンションが上がる」と感じたこの冬のお買い物でした。ちなみにデニムとローファーは、春のトレンドコーデにも使えるアイテム。セールで買っておくという手もアリですね!

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

結局、40代を一番キレイに見せるデニムって? その正解はコレだ!

まだ肌寒い今の季節に活躍するのが、動きやすくてほどよく保温性もあるデニムスタイル。冬はニットにあわせて、春はブラウスやTシャツをあわせて一年通して履けるので、ど…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

その洗い方、不十分かも! 40代からの「シャンプー時の新習慣」とは⁉

「髪は女の命」と昔から言われていますが、40代を迎えてからあらためて髪って老けるんだなぁと感じています。ツヤがなくなったり、白髪が増えたり……。そこで重要なのはやっぱり頭皮ケアです。シャンプーやトリートメ…

[PR]

重大なご報告。40代婚活中の編集長アサミが下した「決断」とは?

40代で未婚・独身、恋人いない歴9年、婚活歴2年のOTONA SALONE編集長アサミです。2016年の夏から「40代編集長の婚活記」を毎週更新してまいりました。公開した記事は120回以上。ずっとお読みいただき、本当にありが…

#121 自分から「連絡できない」。恋愛ご無沙汰女子にありがちなこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活を始めて2年以上になるが、依然としてゴールは見えない。40代婚活の現実はきびしい。久しぶりの婚活デート(?)相手のジェントルさん(49歳・バツ…

#120 恋愛「ご無沙汰女子」の婚活が進まない、決定的な理由【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまるでけもの道のように、なかなか進まない。46歳・独身・恋人いない歴は9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活パーティに婚活アプリなどさまざまな婚活に挑むものの、はや2年以上が経過。現在進行形の…

#119 コレは怪しい! デート男性に浮上した「ある疑惑」【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年超えを更新中のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳でスタートさせた40代の婚活もついに2年が経過。婚活で出会った男性は数十人、婚活デートをした男性は約10人。アーティストのジェント…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事