恐怖の「メガネおばさん顔」を回避する目元メイクのコツって?

アラフォーくらいから、「メガネ」にまつわるオシャレが気になり始める女性も多いのではないでしょうか?

リーディンググラス(老眼鏡)の話だけでなく、ここ数年は“伊達メガネ”も静かなブーム。

「メガネをかけた日に、もっと美人に見えるメイクが知りたい!」と思っている40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

かくいう私も、すっぴん隠しや目が腫れぼったい日などには、積極的に伊達メガネを愛用するひとり。

今回は「メガネ×アイシャドウ」で、オバさん見えを回避するちょっとしたコツをお話します。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

最近のメガネって本当にカラフル!

 

ところで、最近のメガネフレームって本当にカラフル。ベーシックなブラックやブラウンだけでなく、ピンクからイエロー、ブルーにグリーン……と、ファッションに合わせてフレームのカラーも自由に選べる時代です。

しかしだからこそ、メイクとフレームの相性も気にしなければいけない時代、とも言えるのではないでしょうか。

顔の印象は、何よりもパッと見が大事。ですので、どんなに完成しているメイクでも、メガネをかけた途端にフレームのせいでチグハグな印象を与えれば、周囲は違和感を抱いたりもします。

 

老け見えしない「メガネ×アイシャドウ」のリンクメイク

 

メガネのフレームとアイシャドウのどちらかが浮いたり強すぎたりすれば、アラフォー世代は「若作り」「がんばりすぎ」などの不名誉なイメージを抱かれかねません。つまりのところ“バランス”を重視したメイクが、メガネをかけても清々しい顔に見せる最大のコツです。

フレームのカラー別に目元とリンクしたメイクを意識すると、オバさんっぽさを払拭しつつおしゃれにメガネを使いこなせます。

 

(1)ブラック・ブラウンのベーシックなフレームには…

(著者近影)

ブラックやブラウンなどのベーシックなフレームには、アイシャドウはやっぱりブラウンが鉄板。とは言え、フレームカラーの主張があるので、ふだんよりも幅を狭めて塗るようにすると“やりすぎ感”が出ず、爽やかな印象に。

アイラインも控えめくらいのほうが、メガネのカジュアル感がいい感じにこなれて見えます。

画像は、つい最近の私。べっこう調のメガネをかけています。

 

(2)レッド・ピンク・オレンジなどの暖色系フレームには…

 

ピンクやオレンジなどの暖色系フレームには、アイシャドウも暖色系で揃えたほうが統一感を感じさせます。

また、キャンディみたいな軽めの明るいカラーのフレームをセレクトした日は、アイライナーを強めに入れたほうが、“きちんとメイクした感じ”になるので、生活感を払拭しやすく、40代の顔は清々しい印象に。

 

(3)ブルー・グリーンなどの寒色系フレームには…

 

寒色系のフレームを顔にもってくると、顔色が悪く見えたり“くすんで”見えたりしやすいのも40代フェイスの傾向です。そしてナチュラルすぎるメイクだと、ネガティブな印象は加速しがちに。

ですので、寒色系のフレームを目元にもってくる日には、メイクはやや“濃いめ”かつ“爽やか”な仕上がりを意識したほうが脱・オバさんを狙え、アイシャドウは無難なブラウン系にしアイラインはいつもより太めに描くなど、目元に勢いを出すようにすると、フレームの色に顔が負けにくくなります。

 

メガネのせいで「オバさんっぽい!」なんて思わせるのは絶対に避けたいのが、私たちアラフォー世代。すっぴん隠しの時短レスキューアイテムとして使うシーンでも、目元には少し勢いを出したほうが、オバさんっぽさは払拭できます。

フレームのデザインによっても印象はガラリと変わりますが、まずは“色×アイメイク”で、オバ見え回避を狙ってみて。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

オバ見え確定…! 40代女性をすこぶる老けさせるNGスキンケア

スキンケアは、美肌を育む基本。毎日の積み重ねもモノを言うテーマだけに、ちょっとしたNGが積み重なることによって、不用意な「オバサン化」を招く要素にもなりえるのが実情です。「そういえば、しばらくスキンケア…

お泊りデートでオバサン判定!40代女性が「ギョっとされた」3つのNG行動

お泊りデートは、意中の男性との心の距離を、さらに近づけるチャンス。ところが、少し気を抜いたがばかりに、男性から「オバサンくさい女性だな……」と残念なレッテルを貼られてしまった40代女性もチラホラです。「40…

「そりゃお別れされますよ…」男がドン引きする40代女性のダメ習慣

今どきは、婚歴のある独身者も、決して珍しくない時代。40代で独身の女性にも、過去に結婚をしていた過去がある人も少なくありません。そして、離婚歴があっても、恋愛や次の結婚に意欲的な女性だって珍しくなく「い…

ごめんダサいし昭和っぽい…男が「変だ」と感じる40代女性の定番メイク

クラシカルなテイストでまとめたメイクは、40代がすると大人の魅力が引き出される“オシャレ”になるはずだけれど、男性目線だと「いやいや、ダサいし昭和っぽいでしょ……」となることもあるようです。自分では、あえて…

19年夏「日焼け止め」選び方の正解は?40代はSPF、PA以外にコレをチェック!

本格的な日差しの強さを感じる日も多くなってきた今日この頃。デイリーのUV対策にも、本腰を入れたいシーズンの到来です。ところで、ドラッグストアをはじめとして、市場にはたくさんのUVアイテムがあるだけに「私に…

男の目は本当キビシイ…! 「この子、メイクが下手」と感じた40代女性の肌3つ

40代ともなると、ちょっとした不摂生や疲れによって、お肌の状態が不安定になるのも“あるある”です。そして、そんな女性たちの肌に向けている男性たちの視線は、こちらが思っている以上にシビアなものも……。男性の目…

令和なのに昭和感…40代が陥りがちな「古臭いアイメイク」って?

新元号「令和」の時代を迎え、ようやくその響きにも慣れてきた今日この頃。気持ちも新たに、新時代を清々しく迎えている人も、少なくないと思います。ところが、どんなに気持ちがフレッシュでも、メイクの出来によっ…

こんな白髪はイヤだ…男が嫌悪感を示す40代女性の白髪状態って?

年齢を重ねれば「お互い様」になってくる老化のひとつが、白髪。それだけに、同世代や目上世代の男性たちは、40代女性の白髪にも、女性が思っている以上に寛容な実態もあります。しかし「お互い様ではあるけれど、こ…

異性の目は厳しい…男が「アンバランス」だと感じた40代女性のリップメイク

メイクの印象は、全体の統一感もさることながら、口紅の色や質感ひとつでもガラリと変わります。特に40代は、肌の“くすみ”が目立ち始めることもあり、自分の肌色と相性の悪い口紅を選んでしまったがばかりに残念な印…

誰このオバサン…40代女性が自分で「使った途端にオバ顔」を痛感した定番コスメって?

本格的に暑さを感じる日も増えてきた、今日この頃。そろそろ手もとのデイリーコスメを夏仕様にチェンジしようと思っているかたも多いのではないでしょうか。新しいコスメを使うときにはワクワクするけれど、顔に塗っ…

BEAUTYに関する最新記事