恐怖の「メガネおばさん顔」を回避する目元メイクのコツって?

アラフォーくらいから、「メガネ」にまつわるオシャレが気になり始める女性も多いのではないでしょうか?

リーディンググラス(老眼鏡)の話だけでなく、ここ数年は“伊達メガネ”も静かなブーム。

「メガネをかけた日に、もっと美人に見えるメイクが知りたい!」と思っている40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

かくいう私も、すっぴん隠しや目が腫れぼったい日などには、積極的に伊達メガネを愛用するひとり。

今回は「メガネ×アイシャドウ」で、オバさん見えを回避するちょっとしたコツをお話します。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

最近のメガネって本当にカラフル!

 

ところで、最近のメガネフレームって本当にカラフル。ベーシックなブラックやブラウンだけでなく、ピンクからイエロー、ブルーにグリーン……と、ファッションに合わせてフレームのカラーも自由に選べる時代です。

しかしだからこそ、メイクとフレームの相性も気にしなければいけない時代、とも言えるのではないでしょうか。

顔の印象は、何よりもパッと見が大事。ですので、どんなに完成しているメイクでも、メガネをかけた途端にフレームのせいでチグハグな印象を与えれば、周囲は違和感を抱いたりもします。

 

老け見えしない「メガネ×アイシャドウ」のリンクメイク

 

メガネのフレームとアイシャドウのどちらかが浮いたり強すぎたりすれば、アラフォー世代は「若作り」「がんばりすぎ」などの不名誉なイメージを抱かれかねません。つまりのところ“バランス”を重視したメイクが、メガネをかけても清々しい顔に見せる最大のコツです。

フレームのカラー別に目元とリンクしたメイクを意識すると、オバさんっぽさを払拭しつつおしゃれにメガネを使いこなせます。

 

(1)ブラック・ブラウンのベーシックなフレームには…

(著者近影)

ブラックやブラウンなどのベーシックなフレームには、アイシャドウはやっぱりブラウンが鉄板。とは言え、フレームカラーの主張があるので、ふだんよりも幅を狭めて塗るようにすると“やりすぎ感”が出ず、爽やかな印象に。

アイラインも控えめくらいのほうが、メガネのカジュアル感がいい感じにこなれて見えます。

画像は、つい最近の私。べっこう調のメガネをかけています。

 

(2)レッド・ピンク・オレンジなどの暖色系フレームには…

 

ピンクやオレンジなどの暖色系フレームには、アイシャドウも暖色系で揃えたほうが統一感を感じさせます。

また、キャンディみたいな軽めの明るいカラーのフレームをセレクトした日は、アイライナーを強めに入れたほうが、“きちんとメイクした感じ”になるので、生活感を払拭しやすく、40代の顔は清々しい印象に。

 

(3)ブルー・グリーンなどの寒色系フレームには…

 

寒色系のフレームを顔にもってくると、顔色が悪く見えたり“くすんで”見えたりしやすいのも40代フェイスの傾向です。そしてナチュラルすぎるメイクだと、ネガティブな印象は加速しがちに。

ですので、寒色系のフレームを目元にもってくる日には、メイクはやや“濃いめ”かつ“爽やか”な仕上がりを意識したほうが脱・オバさんを狙え、アイシャドウは無難なブラウン系にしアイラインはいつもより太めに描くなど、目元に勢いを出すようにすると、フレームの色に顔が負けにくくなります。

 

メガネのせいで「オバさんっぽい!」なんて思わせるのは絶対に避けたいのが、私たちアラフォー世代。すっぴん隠しの時短レスキューアイテムとして使うシーンでも、目元には少し勢いを出したほうが、オバさんっぽさは払拭できます。

フレームのデザインによっても印象はガラリと変わりますが、まずは“色×アイメイク”で、オバ見え回避を狙ってみて。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代の「おばさんくささ」が際立つ!3大NGアイライン

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

ブツブツの吹き出物やシミ…40代が「悪目立ちしない」時短ベースメイク

アラフォーくらいからは、ブツブツとした吹き出物やシミなどお肌のネガティブな変化にため息をつくシーンもありがち。日々のスキンケアでは補いきれない変化が生じると、メイクでフォローしていくしかなくなります。…

「石原さとみ風モテメイク」のつもりが…40代が痛オバになるポイントは?

今季は『アンナチュラル』(TBS系)で、解剖医を演じている石原さとみさん。雑誌やWebの“モテメイク特集”では、必ずと言っていいほど名前が挙がる常連でもあります。「ふんわりとした表情が素敵な石原さん風の顔にな…

穏やかで誠実そうなほどヤバい「DVモラハラ男」の隠れた特徴って?

ご縁あって結婚しても、やむを得ない事情により“離婚”を選択する人も珍しくない昨今。結婚するときから離婚を視野に入れている人は極めて珍しいので、結婚前にはわからなかった致命的な“何か”によって、別々の人生を…

「お会計シーン」で見抜く!この男もしかして地雷?な3ポイント

婚活は結果ばかりを求めてしまうと、その焦りから“ハズレ”の男性も掴みやすくなります。言うまでもなく結婚は「ゴール」ではなく「スタート」なので、幸せな結婚生活を送るためには、“それ相応”の男とのご縁を結ぶの…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともにカサつきが気になる私たちの肌を、やさしく…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事