恐怖の「メガネおばさん顔」を回避する目元メイクのコツって?

アラフォーくらいから、「メガネ」にまつわるオシャレが気になり始める女性も多いのではないでしょうか?

リーディンググラス(老眼鏡)の話だけでなく、ここ数年は“伊達メガネ”も静かなブーム。

「メガネをかけた日に、もっと美人に見えるメイクが知りたい!」と思っている40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

かくいう私も、すっぴん隠しや目が腫れぼったい日などには、積極的に伊達メガネを愛用するひとり。

今回は「メガネ×アイシャドウ」で、オバさん見えを回避するちょっとしたコツをお話します。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら

 

最近のメガネって本当にカラフル!

 

ところで、最近のメガネフレームって本当にカラフル。ベーシックなブラックやブラウンだけでなく、ピンクからイエロー、ブルーにグリーン……と、ファッションに合わせてフレームのカラーも自由に選べる時代です。

しかしだからこそ、メイクとフレームの相性も気にしなければいけない時代、とも言えるのではないでしょうか。

顔の印象は、何よりもパッと見が大事。ですので、どんなに完成しているメイクでも、メガネをかけた途端にフレームのせいでチグハグな印象を与えれば、周囲は違和感を抱いたりもします。

 

老け見えしない「メガネ×アイシャドウ」のリンクメイク

 

メガネのフレームとアイシャドウのどちらかが浮いたり強すぎたりすれば、アラフォー世代は「若作り」「がんばりすぎ」などの不名誉なイメージを抱かれかねません。つまりのところ“バランス”を重視したメイクが、メガネをかけても清々しい顔に見せる最大のコツです。

フレームのカラー別に目元とリンクしたメイクを意識すると、オバさんっぽさを払拭しつつおしゃれにメガネを使いこなせます。

 

(1)ブラック・ブラウンのベーシックなフレームには…

(著者近影)

ブラックやブラウンなどのベーシックなフレームには、アイシャドウはやっぱりブラウンが鉄板。とは言え、フレームカラーの主張があるので、ふだんよりも幅を狭めて塗るようにすると“やりすぎ感”が出ず、爽やかな印象に。

アイラインも控えめくらいのほうが、メガネのカジュアル感がいい感じにこなれて見えます。

画像は、つい最近の私。べっこう調のメガネをかけています。

 

(2)レッド・ピンク・オレンジなどの暖色系フレームには…

 

ピンクやオレンジなどの暖色系フレームには、アイシャドウも暖色系で揃えたほうが統一感を感じさせます。

また、キャンディみたいな軽めの明るいカラーのフレームをセレクトした日は、アイライナーを強めに入れたほうが、“きちんとメイクした感じ”になるので、生活感を払拭しやすく、40代の顔は清々しい印象に。

 

(3)ブルー・グリーンなどの寒色系フレームには…

 

寒色系のフレームを顔にもってくると、顔色が悪く見えたり“くすんで”見えたりしやすいのも40代フェイスの傾向です。そしてナチュラルすぎるメイクだと、ネガティブな印象は加速しがちに。

ですので、寒色系のフレームを目元にもってくる日には、メイクはやや“濃いめ”かつ“爽やか”な仕上がりを意識したほうが脱・オバさんを狙え、アイシャドウは無難なブラウン系にしアイラインはいつもより太めに描くなど、目元に勢いを出すようにすると、フレームの色に顔が負けにくくなります。

 

メガネのせいで「オバさんっぽい!」なんて思わせるのは絶対に避けたいのが、私たちアラフォー世代。すっぴん隠しの時短レスキューアイテムとして使うシーンでも、目元には少し勢いを出したほうが、オバさんっぽさは払拭できます。

フレームのデザインによっても印象はガラリと変わりますが、まずは“色×アイメイク”で、オバ見え回避を狙ってみて。

 

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

40代が「痛々しくならない」マツエクのベストオーダー5原則!【40代の時短美容】

40代女性がマツエク(まつ毛エクステンション)をすると、ときとして“やりすぎ”な雰囲気が醸し出されます。メイクの手間を減らせるから“時短美容”にはなるけれど、年齢不相…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

外見は綺麗なのに…「おばさんだよね」と言われる40代女性の3大NGな仕草

外見が美しくても、周りから「おばさんだよね」と言われちゃう残念な40代女性もいらっしゃいます。メイクやファッションに気を使っていても、ちょっとした仕草のせいで「や…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

ヴァセリンvs.ニベア…アラフォーの手荒れに効いたのはどっち? ガチンコで検証!

毎年、冬になると圧倒的人気を誇るプチプラ保湿コスメは、今のところ『ニベア』と『ヴァセリン』が“二大巨頭”と言っても過言ではないかもしれません。どちらも年齢とともに…

ニベア青缶とチューブ、美容通の「使い分けアイディア」あれこれ

アラフォー女性の乾燥をコスパよくフォローしてくれる『ニベア』には、オーソドックスな「青缶」のほかに、持ち運びに便利な「チューブタイプ」もあります。中身はまったく…

これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!「口…

ベースメイクは本当に年齢が出る!若見えする肌づくりの「3大べからず」って?

ベースの仕上がりは、メイクの中でも年齢が出やすい部分。工程を削ぎ落とした時短メイクを心がけていたとしても、若見えを狙う肌づくりには欠かせないポイントがあります。…

プラス10歳老け見えも…!? 確実に「うっかりオバ見え」を招くベースコスメ3選

使っているコスメによって「年齢以上のオバ見えを招いていた……!」なんて事態になれば、悔やんでも悔やみきれません。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワ…

まさか使ってないですよね…?「うっかりオバ見え」を招く眉メイクアイテム4選

「うっかりオバ見え!」の原因が、デイリー使いのコスメにあるとしたら、だいぶショックです。これまでの連載では、「この3色がワナ!40代の“うっかりオバ見え”ナチュラルチーク」「これがワナ!“うっかりオバ見え”…

誤解なのに…「僕のほかにもパートナーがいそう」と思われる40代女性のLINE

誤解であっても事実であっても「この女性は、ひょっとして二股をかけようとしているのではなかろうか」と一度男性に思わせてしまえば、その後、あまりいい展開は望めなくなります。他方、真剣にパートナーを探してい…

「残念な眉メイク」になってない?40代にありがちな3大NGはコレ

「あの人、眉を描くのが下手すぎる」なんて思われていたら「だいぶショック」です。昨今はまだまだナチュラルメイクがトレンドですが、眉は顔の印象を大きく左右するパーツだけに、ちょっと失敗しているだけで「残念…

騙されたと思ってやってみて!40代の「マスカラ下手」が治るちょいコツ3つ

「マスカラを使うと、どうしてもダマになってしまって」や「マスカラの“ちょうどいいボリューム”が、わかりません」などの理由から、40代になってから“マスカラ離れ”をしてしまう女性も少なくありません。他方、若い…

口まわりのニキビ、40代はどうカバーする?「オバ見え回避」のコンシーラー術

口のまわりにブツブツが出てしまって、ファンデーションを塗ってもなかなかの主張をしている……。こんなシチュエーション、40代女性ならお心当たりがある方も、少なくないのではないでしょうか。かくいう私も、この原…

スッピンを諦めない! 「ノーファンデなのに美肌」を目指す40代の4つのマスト

ナチュラルメイクが流行を超えて定番となっている昨今だけに、40代のメイクでも“厚塗り感”や“白浮き感”のあるベースメイクは、ご法度とされがち。しかし、年代的に“スッピン”には自信がなくなってくる女性も少なくあ…

チーク下手な40代は必見! 誰でも「オバサンくさくならない」チークメイク3つのコツ

濃すぎても薄すぎても、“オバサンっぽさ”に繋がりやすいパーツメイクと言えば、真っ先に「チーク」が挙げられます。と同時に「私って、本当にチーク使いがヘタだわ……」と頭を抱えている40代も意外と多く「チークを使…

「この女、育ちが悪い…」一発ジャッジに繋がる40代女性のデンジャラスなLINE

40代にもなって身近な人から「育ちの悪い女だなぁ……」なんて思われるのは「とても不名誉」だと感じる女性は多いのではないでしょうか。しかし男性たちは、恋のお相手を探しているときほど「この子は、どんな背景があ…

アイライン下手すぎ…? 脱「ケバすぎオバサン」、ナチュラルに描く3つのコツ

「アイラインを描くと、どうもケバくなってしまう……」と頭を悩ませている40代女性って、意外と少なくありません。しかし若い頃と比べれば、自分比で目元の印象が弱くなってくる年代でもあるだけに、アイラインをデイ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事