40代女性が「この人で大丈夫かしら?」と思ったら結婚をやめるべき男の特徴

婚活も成功し、いよいよ結婚が目前に迫ったときに「この人と結婚して、本当にいいのかしら?」は、多くの女性が通る道です。

軽い“マリッジブルー”とも言えますが、アラフォーともなれば「もう失敗は許されない!この結婚で、生涯を添い遂げなくては」な気合いも強くなるので、お相手への目も厳しいものになって当然です。

この「いいのかしら?」が浮かんだときに、結婚しないほうがいい男も当然います(きっぱり)。後々になって「やっぱり、あのとき結婚をやめておけばよかった」と思うくらいなら、入籍する前に他人に戻ったほうがダメージは少ないので「結婚しようかな」と思ったときこそ、彼を厳しい目でジャッジするタイミング。

そこで、アラフォー女性が「この人で大丈夫かしら?」と思ったときに、そこで結婚をやめるべき男の特徴をお話します。

 

1:「こんな人だけど大丈夫だと思う?」と彼のことを周囲にやたら相談したくなる男

 

ふと気づくと、自分が周囲の人たちに「私、この人と結婚しようと思うのだけど、どう思う?」をやたらに相談しているなら、その男との結婚は避けたほうが無難なサインかも。

一般的には、結婚に向けてふたりの仲が成熟しているときには「この世界はふたりだけのもの!」とばかりに、周りなんて見えないくらい突っ走っても不思議ではない時期。そこで「この人で本当にいいのかしら?」と周りに相談しまくっているということは、自分の直感のどこかで「やめたほうがいい相手」という結論が出ている男の可能性もあるわけです。

「いいんじゃない?」「大丈夫じゃない?」言ってほしさに相談していても、実際に結婚してその男と暮らすのは友達ではなく自分。相談相手の友人だってその男のすべてを知るわけではないだけに、やはり自らの直感を信じたほうが確実です。

 

2:仕事をむりやり辞めさせる男

 

アラフォーともなれば、キャリアを積み相応に責任あるポジションに就いている女性も一般的です。

そしてその昔から“寿退社”に憧れていた女性ほど、彼から「結婚を機に仕事を辞めてくれ」と頼まれると「そこまで言うなら……」と、これまでのキャリアを捨て家庭に入りたくもなります。ちょうどストレスも多い立場にあることが多いので、彼のそのひと言がスッと入って魔がさしてしまうことも。

この展開は、専業主婦願望が強く男性から食べさせてもらう生活を望んでいる場合は幸せを感じられるはずですが、アラフォー・40代までおよそ20年にわたって仕事を続けてきた女性が男の意向ひとつで“仕事”を奪われるというのは、お給料だけでなくそこまでに培ってきた人間関係までも失うお話であることを忘れてはなりません。

そこまでのことを口にするだけの覚悟がある男なら安心ですが、単に「妻には家にいてもらいたい」「共働きだと俺の稼ぎが足りないように見えるから嫌だ」など見栄のためだけに仕事を奪う男も。この手のタイプは責任感なく「仕事をやめてくれ」を口にするので、結婚しても女性を後悔させるタイプです。

 

3:他にも女性の影がある男

 

「浮気する男は一生治らない」は、本当だと私は思います。

ですので、結婚するときに他の女性の影がある相手とは、やっぱり結婚を考え直したほうが賢明です。

よく「結婚したら彼は変わるかも」と期待したり「男なんて、どうせみんな浮気するんだから」などと冷めた感情を自分に言い聞かせたりして、自分の他にも女性がいるのを知りながら結婚する女性がいますが、その後、夫の浮気が治ったという話はほぼ聞きません。これに加えて、アラフォー・40代の結婚だと相手もそれなりの年齢になっているので「もう落ち着くわよね?」な期待値も上がりますが、この期待も裏切られている女性が多い実態にあります。

他にも女性がいながら自分と結婚したがっている彼がいると「その他の女性に私は勝った!」と思いたくなる人もいるようですが、本当の“勝ち”は幸せな結婚生活を送らない限り訪れないので、やっぱり辞めたほうがいいのです。

 

結婚してから「あの時にやっぱり踏みとどまるべきだった」と後悔しても、時間は戻せません。だからこそ「この人でいいのかしら?」が浮かんだときには、一度冷静に相手を見極める心がけも大切だったりします。みなさまのお相手は“結婚しないほうがいい男”に当てはまりませんように。心から願ってやみません。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

この歳でコレはないでしょ…! 男が40代女性の「キッチンまわりの悪癖」3例

「食の好み」は、男女の相性においても重要なテーマであるのは、間違いありません。味付けの“濃いor薄い”からはじまり、食材の合わせかたや、味噌汁に使う味噌の種類にいたるまで“好みの味”は、非常に幅広く、だから…

ねえ、それ自慢?オトコがドン引きする40代女性のキャリア話3選

40代ともなると、仕事ではそれなりにキャリアを積んできている女性も多いものです。実際、30代までの自分と比較しても、仕事に自信が増している実感があるかたも少なくないのではないでしょうか。ところがちまたには…

だらしないなぁ…男が一発でアウトだと感じる「40代女性のアイライン」NG3選

アイラインの出来は、目もとの印象のみならずメイク全体の印象をも左右する重要な部分。一方で、自分では自分が“目を閉じているときの様子”をしっかりとチェックするのは難しいことから、自分では「まぁそれなり」の…

無意識に言ってない? 恋愛に失敗する40代女性ほど口にしている魔のフレーズ3例

「掴み」はいいのに、交際が始まってしばらくすると、なぜか男性が距離を置き始めたりあからさまにテンションが下がったりすることに頭を抱えている40代女性もいらっしゃいます。「特に思い当たるところはないのに、…

非常識に見える…!? 使い方によって「上から目線オバサン」認定されるメールでの日本語3種

本人は“上から目線”で発しているつもりなんて毛頭ない言葉でも、相手の受け取りかたによっては「感じ悪いオバサンだなぁ……」となることもあります。特に、まだ相手のことがよくわかっていない段階では、なにげなく使…

新作プチプラ髪コスメ人気3「白髪」「うねり」プロの対策は

この春も、各メーカーから続々と春の新作コスメが展開中。気分が高揚しがちな春には、これまでとは違う“新しい自分”を目指して、コスメを新調する女性も少なくありません。「私もいろいろ物色中だけど、せっかく買う…

疲れたオバサン見え…! 「メイク下手な40代」は口と眉、そしてココが古いまま!

「あの人って、メイクが下手だよねー」なんて思われるのは、できれば避けたいのがホンネな女性は多いはず。メイクは、オシャレとしてだけでなく、マナーとしての側面もあるのは否めないだけに、“メイク下手”は即、不…

逆効果! 「マニュアル恋愛おばさん」の婚活がうまくいかない3つの理由

恋愛にかぎらず、物事にはマニュアルやセオリーがあるのも常ですが、恋愛に関して言えば“マニュアルどおり”な進めかたがアダとなることもあるから、いつの時代も私たちの頭を悩ませる永遠の関心テーマでもあるのかも…

30代までは必要なくても…40代になったら「老け見え対策」のリップが必要!

30代までは必要性を感じずとも、40代になってからは「絶対に手もとにあったほうがいい」と言えるコスメもたくさん。じわじわと押し寄せてくる年齢の波には勝てないけれど、ちょっとした“老化ポイント”くらいなら、コ…

30代までは不要でも……40代になったら「手元にあったほうがいい」アイコスメ3選

「目のまわりには、年齢が出やすい」とも言われるだけに、日ごろからフレッシュな仕上げを意識している40代には、アイメイクは若見えor老け見えの明暗を分ける重要なパーツのひとつ。30代までとは異なり、睡眠不足や…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事